FC2ブログ

第3092回 危険な人格



 ニッコロ・マキャベリというとルネッサンス期のフィレンツェの外交官で、1513~14年に有名な「君主論」を書いた人として知られています。「君主論」を読んでみると、同じ時代を生き、イタリアの統一を目指した軍人で政治家のチェーザレ・ボルジアをマキャベリが如何に敬愛し、理想の君主と思っていたかを感じる事ができ、チェーザレ・ボルジアのファンとしては良い印象を持っています。

 しかし、世間ではマキャベリが語源となった「マキャベリスト」は、「サイコパシー」「ナルシズム」と並ぶ邪悪な人格特性の一つとされています。理由としては、マキャベリの思想、「政治は道徳や宗教から切り離して行うべき」という現実主義的な政治理論を提唱した事で、目的のためなら手段を選ばない人を指してマキャベリストと呼ぶようになっています。

 自らの目的を達成するためには、躊躇う事なく他人を利用できる人とされるマキャベリストは、そうでない人と比べて何が違うのか、マキャベリストの脳の中では何が起こっているのか、そんな興味深い研究がハンガリーのベーチ大学において行われていました。

 実験は被験者に簡単なゲームをしてもらい、マキャベリスト指数を測る事から始められ、まず被験者には500円相当の通貨が渡され、被験者はパートナーにいくら投資するかを決定します。被験者が投資を行うと、投資額はパートナーによって必ず3倍に増えるのですが、その後にパートナーによって被験者にいくら返却するかが決定されます。

 被験者にはパートナーは人だと思わせていますが、実はパートナーは人ではなくプログラムで、返却額は正当な金額(投資額の1割増し)から投資額の3分の1といった不当な金額とランダムに変化します。

 投資から返却までのプロセスが完了すると1ターンが終了し、次のターンでは被験者がパートナーからの投資を受け取り、返却額を決める事になります。その際、パートナーを裏切って不当な返却額にして自らの利益を最大化したり、1ターン目での不当な返却に対する復讐を行う事も自由とされています。

 ゲームの結果、協調的なパートナーに出会ったマキャベリスト的被験者の脳は一気に活性化する傾向が見られ、他人を利用できる状況においては、脳の興奮を抑える働きがある背外側前頭前野の働きが活発になる事が判りました。背外側前頭前野が活性化される事で、パートナーに対する社会的感情反応が抑制されて、相手に損をさせても自分の利益を確保したいと思ってはいても、実際には道徳心や利他心が働いてできるだけ利益を公平に分配しようとする考えが抑制されている事が判ります。

 目的のためにはどんな手段を採ってもそれを正当化し、人に先んじるためには多少のごまかしもやむをえないと考えるのがマキャベリストの特徴とされますが、人は何故賢くなれたのかという謎を検証する人類学者、進化論の研究者、認知科学者たちの多くに支持されている「マキャベリ的知性仮説」では、人は相手を欺き、騙し、出し抜く事によって知性を進化させたと考えられています。

 知性発達の根幹部分に関わる事かもしれなせんが、やはり人を騙す、利用するといった事とは距離をおきたいものだと思ってしまいます。


 
スポンサーサイト

第3091回 存在の是非(2)



 かつては「痕跡の臓器」とも呼ばれ、退化した果てに何の役にも立っていない臓器とされていた虫垂は炎症を起こしやすく、虫垂炎となると処置の遅れによる重症化が起こると死に至る事もあり、予防のために異常がなくても切除するという事もありました。

 その後、虫垂はリンパ組織の一つとして胃腸の免疫機能に大きく関与している事が示唆され、免疫グロブリン(Ig)Aの産生に関わっている事なども判ってきている事から、異常がなければ温存し、虫垂炎を起こしても炎症が軽度であれば抗生物質などの投与で保存的治療で完了する事が増えてきています。

 その反面、虫垂を切除した後、潰瘍性大腸炎が改善したという報告もあり、虫垂は潰瘍性大腸炎の元凶という見方もあり、虫垂では悪玉菌が育つ可能性や炎症を悪化させるリンパ球が多く存在するともいわれます。

 草食動物にとって虫垂は、生命の維持に欠かせない器官となっています。植物に含まれる繊維質を構成するセルロースを分解するためにはバクテリアの存在が不可欠で、虫垂はその棲息場所となっていて、食物の分解、栄養の吸収のためには欠かせない働きを担っています。

 人においても虫垂は善玉菌の備蓄という機能を果たしているとされ、腸内細菌叢のバランスの維持に働きかけているともいわれますが、食糧事情が大幅に改善された昨今、善玉菌は日常の食を通して摂取しやすくなった事から、善玉菌の供給機能は重要性が下がってきているともいわれます。

 健康を陰で支える重要な臓器、将来的な疾患リスクを高める存在、どちらともいえないまま虫垂の評価が分かれています。そんな中、虫垂の予防的切除は早めに行っておいた方が良いかもしれないという論文が発表されています。

 先日、アメリカで行われた研究では、スウェーデンとアメリカの患者データベースを調査し、その結果として成人になって早期に虫垂を切除した人は、切除していない人に比べて19%もパーキンソン病を発症するリスクが低い事が判っています。

 スウェーデンの農村部ではその効果がさらに顕著に観察され、リスクは25%も低くなるという結果が得られていました。農村部ではパーキンソン病発症の誘因の一つとして考えられている農薬への暴露量が多いと考えられ、顕著な予防効果が得られていた事が覗えます。

 今回の論文の共著者の一人であるビビアン・ラブリー博士によると、パーキンソン病を発症した人では、虫垂を切除した事によって発症した年齢が3.6年も遅れたとされ、虫垂がパーキンソン病の初期症状、もしくは発症に影響を及ぼす組織部位の一つであると考える事ができます。

 虫垂にはパーキンソン病に関連する主要なタンパク質、「αシヌクレイン」が蓄積するとされ、それを切除する事でパーキンソン病の発症リスクを下げているのか、虫垂そのものが原因となっているのか、今後の研究が気になってしまいます。

 ドイツの病理学者、ハイコ・ブラークによると、パーキンソン病はαシヌクレインの蓄積が嗅球、延髄から始まり、徐々に上昇して中脳に至り、最終的には大脳皮質に達するとされます。虫垂はそれが始まる場所なのか、それともパーキンソン病は脳ではなく腸の病気なのか、結論次第では虫垂の評価が大きく変わってしまいます。家族で唯一の虫垂保持者というのは吉と出るのか、凶と出るのかと考えてしまいます。


 

第3090回 存在の是非(1)



 父親、母親、妹ともに盲腸(急性虫垂炎)を患い、切除手術を受けているので、家族の中では私だけが虫垂の保持者となっています。子供の頃から「盲腸を予防するから」といわれて、コンニャクをたくさん食べていたお陰かと、何の根拠もない事を思ったりもします。

 盲腸は、虫垂に急性化膿性の炎症が起きる病気で、原因ははっきりしないとされますが、虫垂がねじれたり、虫垂の内部に便や粘液などが詰まったりして血行が悪くなり、そこへ大腸菌などの腸内細菌やウィルスなどが侵入して発症すると考えられています。

 症状が起こる誘因としては、暴飲暴食や過労、不規則な生活といった生活習慣や便秘、胃腸炎などがあげられていて、そうした事にあまり縁がなかった事もいまだに虫垂保持者でいられる事に繋がっているのかとも思っています。

 虫垂は退化した末の「痕跡の臓器」とも呼ばれ、それ自体には生理機能がない無用の臓器と考えられていました。役に立っていないだけなら良いのですが、炎症を起こすと盲腸となってしまう事から、何らかの疾患によって開腹手術を行う際、ついでに虫垂を切除して盲腸の予防を図るという事も行われていました。

 ところが最近になって虫垂は何の役にも立たないどころか、とても重要な役割を担っていた事が判ってきています。抗生物質などをはじめとする抗菌剤を服用した際、正常な腸内細菌叢が破壊されてしまい、そこへクロストリジウムなどの毒性が高い細菌が繁殖してしまうと「偽膜性腸炎」となってしまいます。

 虫垂を切除してしまっている人の場合、この偽膜性腸炎になってしまう頻度が切除していない人よりも高い事が報告されており、虫垂が善玉の腸内細菌の住処となっていて、腸内細菌叢のバランスが崩れた際、正常に戻すバックアップの働きを担っている事が考えられています。

 大阪大学の研究チームが行った研究でも、虫垂を切除すると大腸の腸内細菌叢のバランスが崩れる事が確認され、同時に腸内細菌叢を正常に維持し、腸管免疫でも重要な働きを担っている免疫グロブリン、「(Ig)A」と呼ばれる抗体について調べると、虫垂を切除すると大腸の(Ig)Aが減少した事から、虫垂にあるリンパ組織が(Ig)A陽性細胞を産生していた事が判ります。

 しかし、逆の例も報告されており、虫垂を切除した後、潰瘍性大腸炎が改善したという事例があり、虫垂は潰瘍性大腸炎の元凶で、虫垂では悪玉の細菌が育つという意見もあります。表面抗原を持つリンパ球の中には、活性化する事で炎症を悪化させてしまうものがありますが、虫垂にはそうしたリンパ球が多いともいわれます。

 虫垂の切除手術が可能となって随分と時が経ち、その間ずっと何の役にも立っていないと考えられていた虫垂の真の働きが明らかにされ、本当は必要なのか、リスクの素なのか、これから判るとなると、とりあえず保持していてよかったと思えてきます。


 

第3089回 方角と匂い



 テクノロジーについていけていない訳ではないのですが、普段からカーナビは使わない人となっています。理由は簡単で、最も知りたいのは目的地の詳細な情報なのに、目的地周辺に到着するとそこで「目的地周辺に着きました」と案内を終了して突き放されてしまう事にあります。

 目的地が郊外の大きなショッピングモールなどであれば良いのですが、小規模な事業所や隠れ家的な店舗の場合は、周辺までは一人で行けるので、そこからをしっかりと案内してほしいと思ってしまいます。

 そのため初めての場所へ行く際は事前に地図で場所の確認と、ある程度の町並みのイメージをしていくので、迷子になる事もなく目的地に到着できています。また、誰よりも早く匂い気付くことから、一部では「犬の人」とありがたくない呼び名を与えられたりもしています。

 一見、関連性がないように思える方向感覚と嗅覚。実は二つの感覚には関連性があり、方向感覚が鋭い人は嗅覚も鋭い傾向にある事が判ってきています。以前からその可能性は示唆されていましたが、最近行われた研究によって裏付けられる事となりました。

 カナダ、マギル大学で行われた研究は、参加者57名にVR(バーチャルリアリティ)によって作られた町を散策してもらい、町の様子を憶えてもらった上である場所からある場所へと正確に移動できるかをテストし、さらに40種類の匂い当てテストも行っています。

 その結果として匂い当てテストの成績が良いほど散策テストの成績が良い事が判り、方向感覚に優れた人は嗅覚も鋭いという傾向があるという結果が得られています。

 両感覚にはあまり関連性がなく、二つのテストは何の関係もないように思えますが、実はどちらも「mOFC(内側眼窩前頭皮質)」と呼ばれる脳の前頭葉の中でも、眼窩の上にある部分を刺激していて、海馬と同じ領域に関わっているとされます。

 これまでの研究ではmOFCの左側が厚いほど方向感覚に関わる空間記憶が向上し、右側が厚いほど嗅覚が鋭くなる事が判っていて、両感覚に優れる事が生存に適していた事が進化に影響を与えた事を考える事ができます。

 長く狩猟を食糧確保の手段としてきた人類にとって、野生動物や植物の匂いにいち早く気付ける事が食糧確保や危険回避に有効に働く事が考えられ、正確に荒野を移動できる能力と合わせて重要な働きとなっていたと考える事ができます。

 mOFCの左側が方向感覚、右側が嗅覚と対応する器官が分かれている事から例外も生じてしまうとは思うのですが、進化の過程を思うと納得できる方向感覚と嗅覚の関係と思えてきます。


 

第3088回 一石二鳥の可能性



 副作用というと医薬品の使用に伴って生じる好ましくない身体反応と思えてきますが、厳密にはそうした好ましくない作用は「薬物有害反応」と呼ばれ、本来の副作用は医薬品の使用に伴う本来の目的に沿わない反応の全てを指します。副作用の中には本来の目的とは異なりますが、結果的に好ましい作用を発生するものがあり、副作用の方が中心的な効能として取り扱われる事もあります。

 有名なところではバイアグラやミノキシジルなどが知られ、臨床試験の最中に意図した効能は充分に得られない代わりに思わぬ副作用が確認されて、その後、副作用の方が中心的な役割の薬剤として使われるようになっています。最近、開発された皮膚炎の治療薬にも思わぬ効果がある可能性が確認され、万人にも同様にその副作用が得られるのであれば、新たな治療薬として使う事も考えられます。

 その薬剤の名前は「デュピルマブ」。アトピー性皮膚炎によって起こる酷い皮膚の炎症を緩和する薬剤として開発されました。そのデュピルマブに思わぬ発毛促進効果が見られたといいます。発毛はデュピルマブの投与を開始してから見られ、投薬を中止するとせっかく発毛した頭髪が抜け始めた事から、デュピルマブの副作用である事が覗えます。

 発毛促進の薬剤というとミノキシジルやフィナステリドなどが思い浮かびますが、デュピルマブはそうした薄毛に対して効果を上げるのではなく、自己免疫疾患によって引き起こされる「全頭性脱毛症」の治療に効果があると考えられています。

 アトピー性皮膚炎の患者は自己免疫疾患になりやすく、過剰に反応した免疫が自分自身の正常な細胞や組織を誤って攻撃してしまう事が起こります。頭髪の元となる毛包は過剰反応した免疫の攻撃を受けやすいとされ、毛包が損傷されると頭髪を失い、全頭性脱毛症を引き起こしてしまいます。

 全頭性脱毛症を患ったアトピー性皮膚炎の患者の中に、皮膚の炎症治療としてデュピルマブを投与されているうちに発毛が見られた事が報告され、治療の状況からデュピルマブの副作用によって発毛が促進された可能性が高くなってきています。

 今のところ発毛に繋がった詳細なメカニズムは不明となっていますが、いずれ詳細な研究が行われ、他の患者にも有効に作用する事が確認されれば、皮膚の炎症を抑えながら自己免疫疾患の脱毛を治療するという、文字通り一石二鳥の治療薬となる可能性があります。

 副作用とは思わぬ効果として現れるものですが、デュピルマブの副作用は多くの患者を救うこととなると期待を大きく持ってしまいます。


 
プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR