FC2ブログ

第3111回 衝撃の吸収



 ひどい乾燥体質で、洗顔後は水気が乾かないうちに慌てて保湿剤で保護しないと、すぐに皮膚が突っ張った感じになってしまいます。最近はそうしたニーズが多いのか、保湿剤にも紫外線をカットする機能が備えられていて、ある程度の紫外線は防いでくれるのですが、保湿剤の後は日焼け止めを塗って、つい当たってしまう生活紫外線を防ぐようにしています。

 聞くところでは日焼け止めを塗らない、塗り忘れてしまう事が多いとされる瞼に皮膚ガンが増えているとの事で、オゾン層の破壊がいわれるようになって久しい昨今、日焼け止めは欠かす事のできないものとなったようにも思えます。

 そんな日常に溶け込んでいるようにも思える日焼け止めに関し、気になる臨床試験の結果がFDA(米国食品医薬品局)より発表されていました。日焼け止めに配合されている紫外線防御剤が皮膚から体内へ吸収され、血液を介して全身を巡っているという事が判ったとされます。

 かつて日焼け止めは海水浴へ行った際などの限られた場面でのみ使われていました。紫外線がガンをはじめとする多くの健康リスクを引き起こす事や、オゾン層が破壊されてオゾンホールができた事で昔よりも多くの紫外線が地上に降り注いでいる事が広く認識されるようになると日焼け止めは日常的に使われるようになり、日焼け止めに配合される紫外線防御剤が皮膚から吸収されているのではないかという疑いが持たれるようになっていました。

 紫外線防御剤の多くは、何十年も前にFDAの許認可を得て使用されています。しかし、それは皮膚の表面で使用される事のみを想定しており、体内を巡る事は考慮されていません。今回の研究では、日焼け止めが皮膚の表面に塗られてからわずかな時間で、配合されている成分が血液中に取り込まれる事が発見されています。

 現時点では紫外線防御剤が体内へと取り込まれた事による影響は判っておらず、今後の研究が必要とされています。発ガン性の有無や内分泌系への影響など懸念点は多く、FDAは紫外線防御剤の16種に関し、再審査を行う事を明らかにしています。

 すでにFDAは紫外線防御剤の安全性と有効性を証明するために、血液への吸収に関するデータの提出を義務付けています。日焼け止めを使用しない事は皮膚ガンのリスクを高めてしまう事が知られているので、吸収された成分が引き起こす健康リスクと、どちらが高いリスクとなるのか、そんな事を考えなくてはいけなくなるのかと、今後の展開を気にしてしまいます。


 
スポンサーサイト



第3110回 硬い関係



 リビングの窓、サッシの部分に坊ちゃんが興味を示すので、何かがいるのだろうと考えながら、最近、家の中に侵入する事が増えてきているカメムシではない事を願いつつ、怖るおそる様子を見てみると黒っぽい色のゾウムシがいました。

 特徴的な長い口からすぐにゾウムシと判り、一安心しながらそっと紙の上に乗せて捕獲し、窓の外へとお引き取りいただいたのですが、食欲旺盛な草食昆虫という事で、植えたばかりの花の苗に被害が出ない事を願ってしまいます。

 ゾウムシは昆虫網甲虫目ゾウムシ上科に分類される昆虫で、さまざまな生物の分類上、ゾウムシ上科に属するのは最多数を誇るとされるくらい多種多様な生物で、小さなものは顕微鏡レベルから大きなものでは40mm近い大きさのものが世界中に分布しています。

 判っているだけでも約6万種が存在し、そのうちの1000種以上が日本に生息しているとされます。その中の一種、石垣島に生息するクロカタゾウムシはその名の通り黒くて硬く、その硬さは最強とまでいわれていて、ネットで調べてみても「死んだクロカタゾウムシを拾ったので、試しに指で潰してみようとしたが、指が痛くなるだけで潰せなかった」「標本用昆虫針の一番太いステンレス製の5号でも貫通できなかった」「硬くて消化できないので、鳥もクロカタゾウムシを食べようとしない」といった言葉が見られます。

 ひたすら硬くなる事で天敵がいない状況を作り出してきたクロカタゾウムシですが、その驚異的な硬さの秘密が先日解明されていました。ゾウムシをはじめとする甲虫は、外敵や乾燥から身を守るために体の表面に硬い外骨格を持っています。クワガタやカブトムシと比べてもクロカタゾウムシの外骨格の硬さは群を抜いており、その硬さの秘密はアミノ酸の一種である「チロシン」にあるとされます。

 チロシンは外骨格を形成するタンパク質とキチン質を結合する役割を担っており、クロカタゾウムシの体内ではこのチロシンが豊富であるとされます。しかし、豊富なチロシンを作り出しているのはクロカタゾウムシ自身ではなく、クロカタゾウムシの体内に棲みついている「ナルドネラ」と呼ばれる細菌である事が、今回の研究によって解明されています。

 ナルドネラは1億年前からゾウムシの体内に棲息するようになった事が知られており、そのナルドネラのゲノムを解析したところ、生存に必要な最低限の遺伝子しか持っておらず、大半の遺伝子を失いながらチロシンの生成に特化した機能を有している事が判っています。

 試しにクロカタゾウムシの幼虫に抗生物質を投与して体内のナルドネラが少ない状況を作り出すと、クロカタゾウムシの体液中のチロシン濃度の大幅な低下が観察され、その後、成長した成虫では黒い色素が失われて赤い色合いの柔らかい外骨格になる事が確認されていました。

 別な実験では高い温度で飼育する事で体内のナルドネラが死滅させると、クロカタゾウムシは成虫になる事ができない事も判っており、クロカタゾウムシが成虫になるにはナルドネラが必要である事も示唆されています。

 ナルドネラはクロカタゾウムシという最適な棲息環境を得る代わりに大量のチロシンを提供し、クロカタゾウムシの健やかな成長と天敵を寄せ付けない強靭な外骨格を支えていた事になります。

 1億年もの間続けられてきた共生関係という事になりますが、強さの秘密が解明された事で新たな脅威がゾウムシに迫っているともいえます。その旺盛な食欲から害虫扱いされているゾウムシですが、今回明らかになった共生のメカニズムを逆手に取って、共生細菌だけを標的とした薬剤を散布すれば人体に悪影響を及ぼす可能性が低い方法でゾウムシ類を駆除する事ができると考える事ができます。

 強さの秘密が判った事で危機を迎える。ドラマチックな展開のようにも思えますが、細菌相手の攻撃は薬剤耐性菌の問題のように怖いものを感じてしまいます。共生細菌を利用しているのはゾウムシ類に限らず、昆虫全体の2割近くが成長や生存、繁殖といった事を共生細菌の影響を受けているとされ、その中には害虫も多いといいます。

 ゴキブリ、シロアリ、シラミ、アブラムシ、ウンカ、ヨコバイ、カイガラムシなど、名立たる害虫たちが共生細菌の恩恵を受けている事から、共生細菌を攻撃する事で多くの害虫問題を解決できるようにも思えます。しかし、細菌の対応力の高さを思うと、下手に関わらない方が良いようにも思えてきます。


 

第3109回 視点の変更



 とても仲の良い母子がいました。かつては母と娘だったのかもしれませんが、娘さんが大人になってからは二人の関係は少しずつ変化し、まるで気心の知れた親友のようになっていました。

 二人はよく懐かしい思い出話をしては、時を忘れたかのように過ごしていたのですが、いつの頃からかそんな二人の会話がスムーズに進まなくなり、娘さんが苛立っている姿を見るようになってきていました。

 大好きなお母さんのはずなのに、一緒にいると苛々してしまう。つい辛く当たってしまって、後で自己嫌悪に陥ってしまう。仲良しの二人の関係を変化させてしまっていたもの、それが徐々に進行していくお母さんが患っていた認知症でした。

 いつもと変わらず元気で、見た目も何も変化していない。しかし、徐々にその人がその人でなくなっていく。私の中で認知症はその人がその人として存在しなくなるという意味で死と同じものとして捉えられ、怖ろしいものの一つとなっています。

 急速に高齢化が進んでいるとされる日本で、既に認知症の患者は65歳以上の7人に1人の割合とされ、2025年には700万人にも達するとされます。認知症で最も多いのがアルツハイマー型の認知症で、全体の7割を占めていて、次いで多いのが脳の血管障害による脳血管性認知症の2割、残りの1割がレビー小体型をはじめとする認知症となっています。

 大多数を占めるアルツハイマー型認知症ですが、原因ははっきりとは判っておらず、効果的な治療法の確立には至っていません。現在、アルツハイマー病と診断されて処方される処方薬には、「認知症の進行を抑制するものではない」「本剤の有効性は確認されていない」といった趣旨の一文が注意書きに添えられていて、アルツハイマー病治療の難しさを窺わせてくれます。

 アルツハイマー病の原因は脳内にアミロイドβと呼ばれる特殊なタンパク質が蓄積する事で、蓄積によってダメージを受けた神経細胞が死滅して機能不全を起こすと考えられてきました。そのためアミロイドβを発生させない、蓄積したアミロイドβを除去する事がアルツハイマー病の治療法確立の方向性とされてきました。

 しかし、このコラムでも幾度か取り上げた事があるのですが、アミロイドβの蓄積は結果であって原因ではなく、原因が的確に捉えられていないために解決が遠のいているのではという考え方も根強く存在していました。

 火災が起こると建物が使えなくなり、建て替えが利かないので火災が繰り返されるとやがて街が機能しなくなる。そこで建物が使えなくなる過程を観察すると、その場にはたくさんの消防士が集まってきている。街を守るために消防士が集まらないようにする、もしくは消防士を追い返す、消防士自体の数を減らすといった事が行われているのではないか、本当に必要なのは消防士の排除ではなく火災の予防なのではないか、そんな観点から確立された新たな治療法、それが「リコード法」とされます。

 リコード法ではアミロイドβは脳にダメージを与えるものではなく、脳を守るためのものとし、脳に起こるダメージは炎症によるものとしています。脳に炎症を引き起こす原因は食事などで摂取した成分によるものから栄養素の不足、重金属やカビといった毒素など、36種類があげられています。

 認知症は36種類の原因が複雑に絡む事から、「36個の穴が開いた屋根」に例えられていて、それぞれが認知症を引き起こす原因でありながら、どこにどのような穴が開いているかは個人によって相当違いがあり、個別に大きいものから塞いでいく事が治療に繋がるとされます。

 脳が炎症を起こす原因を探って解毒を行い、ダメージを受けた神経細胞の再生治療を施す事で回復へと繋げる事ができるそうで、リコード法を実践している医院ではすでに100件以上の症例で投薬治療を行い、そのほとんどで神経細胞の再生と認知機能の改善が確認されているといいます。

 アルツハイマー病は原因不明の治らない病気から、視点を変えた事で治せる病気へ。挙げられている36の原因は一般的で多くの人が当てはまるだけに、リコード法が広く普及する事を願ってしまいます。


 

第3108回 飲み水の在処



 勝手な思い込みなのですが、海に住む生き物は体に染み込んでくる水分のお陰で、普段から飲料水を必要としないと思っていました。常に海中に身を置いているクジラやイルカが真水を飲むという話を聞いた事がないし、真水を得るために海の生き物が陸に上がったり、川を遡るという事はありえないと思えます。

 海で暮らす一部の生物には「塩類腺」と呼ばれる体内の余分な塩分を排出する器官が備わっていて、それによって飲み込んだ海水から水分を吸収、塩分を排出していると考えられていますが、ウミヘビなどのようにその割には塩類腺が小さく、とても日常的に海水を飲み込んで必要な水分を得ているとは思えないものも存在しています。

 最近の研究で判った事なのですが、南米で雨季が始まった直後に捕獲したウミヘビに真水を与えると飲んでくれるのですが、雨季がしばらく続いた後に捕獲したウミヘビに真水を与えてもほとんど飲んでくれないという事が観察され、雨季が始まった頃のウミヘビは脱水状態(喉が渇いた状態)にあり、雨季途中のウミヘビは脱水状態にない事が判ります。

 この事はウミヘビは水分を海水から得ていたのではなく、雨水に依存していた事を示していて、雨水を真水として飲む事で渇きを癒していた事を示しています。海に降り注いだ雨水は、すぐに海水に溶け込んでしまうような感じがするのですが、実際には比重の違いから交じり合うまでに時間が掛かり、その間にウミヘビは海の表面の水を飲み、混じり込んだ僅かな塩分を塩類腺から排出していた事になります。

 ウミヘビよりも遥かに体が大きい水棲哺乳類のイルカやクジラの場合は、海水の表面の雨水という訳にはいかず、オキアミや小魚などのエサを通して水分を得ているとされます。魚類に含まれる水分は75%ともいわれ、エサの中から発達した腸を使って水分を吸収する事で必要な水分を得ているとされます。

 また、イルカやクジラは体脂肪が多く、脂肪を分解する際に発生する水分も体内で利用しているともいわれ、優れたシステムが海中での生活を可能にしていると思えてきます。

 昔、見た映画で、遭難してゴムボートで漂流しているグループの中で、渇きに耐えかねて海水を飲んでしまい、意識障害を起こして錯乱しながら死んでいく人の姿が描かれていて、それ以降、何があっても海水は飲料水として飲んではいけないと思ってきたのですが、遭難当初の元気なうちは少量の海水を飲んでも大丈夫である事を知りました。

 飲む量が多かったり、繰り返していると腎臓に負担が掛かり、健康を害してしまう事になるのですが、体が対応できる少量であれば問題ないとされます。海は苦手な事もあり船旅をするという事はなさそうなので、まず遭難するという事は考えにくいのですが、もし遭難してしまったらウミヘビやイルカ、クジラの事を思い出してしまうかもしれません。


 

第3107回 鏡への反応



 まるでドレスを着ているような長くて優雅なヒレと、全身を覆う青い色がとても綺麗で思わず熱帯魚のベタを飼ってしまった事があります。ベタは縄張り意識がとても強く、同じ水槽に二匹を入れてしまうと片方が死ぬまで闘うともいわれ、仕方なく一匹だけをキッチンに設置した水槽に入れて飼っていました。

 夜になると水槽に入れてあげたマグカップの中で寝ていたのですが、私がキッチンに入る気配を感じるとフワフワとカップから出てきてこちら側へとやってくるので、水槽のガラス越しに撫でてあげていた事が思い出されます。

 ベタを飼育する際、水槽の近くに鏡を置いてしまうと、鏡に写った自分の姿を縄張りを荒らしに来た外敵と思い、攻撃してしまう事があるので注意が必要と聞かされていたのですが、そんな事はなさそうな研究結果が公表されていました。

 大阪市立大の幸田正典教授を中心とした研究チームが行った実験によると、太平洋やインド洋に広く棲息する体調10cm程度のベラ科のホンソメワケベラを放した水槽に鏡を設置すると、最初の2、3日は鏡に写った自分の姿に噛み付くなどの威嚇行動をしていましたが、数日経つと鏡の前で踊るような行動を初め、鏡に写っているのが自分の姿である事を確かめている行動が観察されています。

 同様の行動は象やチンパンジーでも見られていて、自分の行動と鏡の姿が完全に連動している事を確認し、写っている姿が自分のものである事の確証を得ているとされます。鏡の中に自分に気付くと、ホンソメワケベラは鏡を覗き込む仕草が増えたとされ、自分を客観的に見詰める習慣が生まれた事を示しています。

 ホンソメワケベラは大きな魚に付いた寄生虫を取り除くという、「海の掃除屋」という役割を持っています。研究チームがホンソメワケベラの喉の部分に寄生虫に似た茶色い印を付けると、鏡を見たホンソメワケベラは水底の砂や石に喉をこすり付ける行動を繰り返し、寄生虫を取り除こうとする行動を採っています。鏡がない場合は、寄生虫に似せた印に気付く事がなく、こすり付ける行動はしなかった事から、完全に自分の姿と理解している事が伺えます。

 幸田教授は、鏡像が自分である事を認識していなければ一連の行動は起こさないと説明し、人間や類人猿より下等と考えられてきた生き物の賢さについて、根本的に考えを改める必要があると話しています。

 我家では鏡やガラスに写る姿を利用して、隠れた位置から私の事を観察している坊ちゃんの姿を何度も見ています。最近になって動物の賢さが再認識される事が増えてきていますが、多くの動物が人と変わらない賢さを持っているのでは、そう思えてしまいます。


 


プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR