FC2ブログ

第3113回 古き友、さらに古く



 朝、洗顔を終える頃になると坊ちゃんがやってきて、「僕も」という感じで足に擦り寄ってきます。それを合図に坊ちゃんの部屋へ行き、二人にとっての一日の始まりとなるブラッシングをします。それが私にとっての至福の時間となって久しく、欠かせない時間となっています。

 空前の猫ブームといわれながらその勢いは一向に衰えを見せず、相変わらず猫は人気者として人と猫との関りの深さを感じさせてくれます。人と猫との出会いは今から約1万年前、現在のイラク周辺にあたるメソポタミアの事と考えられています。

 メソポタミアでは農耕という文化が生まれ、土地を耕し、麦などの穀物を育てるようになりました。穀物を収穫して貯蔵庫に保管するようになると、それを狙ったネズミの被害が顕在化してきます。

 そんな悩みから人を救ってくれたのが現在の猫の祖先にあたるリビアヤマネコで、人が寝静まった真夜中に穀物の貯蔵庫に侵入してネズミを捕食していたと考えられます。

 人に危害を加える事もなく、人が寝静まった頃にやってきて、ネズミを退治してくれる猫はありがたい存在というだけでなく、その愛らしい姿から食事の残り物などを貯蔵庫の付近に置いて、徐々に人と猫の距離が縮まっていった事は容易に想像する事ができます。

 そうして人と共に生活するようになった猫が日本へやってきたのは奈良時代、仏教の経典をネズミから守るために中国から連れてこられたと考えられています。しかし、最近になって経典の守護者として渡来したという説は揺らいできていて、日本人と猫との付き合いは更に古いものであったという事が判ってきています。

 2007年に姫路市の見野古墳群で見付かった土器には、猫のものと思われる足跡が残されていて、人が猫と共に生活していた事が覗えます。年代測定の結果、1400年前のものと推定され、古墳時代の後期に作られた事になります。

 さらに2008年には長崎の壱岐島にあるカラカミ遺跡から動物や魚の骨に交じって猫の骨が見付かっており、年代測定の結果、約2100年前のものであるとされた事から、日本人と猫の関りは通説よりもかなり古いものである事になります。

 中国に猫が伝わったのは約2000年前とされる事から、中国と同時期、もしくはもっと早い時期に日本人は猫と暮らし始めた事になり、何処からきたのかが気になってしまいます。

 猫はメソポタミアからエジプトへ伝わり、その後、ヨーロッパや中国に伝わったとされます。それ以外にもインドや東南アジアを経由した別ルートが存在していた事が考えられ、今後、DNAの解析などで年代やルートが明らかになる事と思われます。

 古い時代、黒潮に乗って長い航海をした話を聞かされます。そんな航海の友として猫が乗船していて、そうして日本へとやってきたのではと考えつつ、穀物や仏典の守護といった実利がなくても猫とは一緒にいたいものだと思ってしまいます。


 
スポンサーサイト



第2902回 感染症の村



 人類の歴史は感染症の歴史ともいわれ、記憶に新しいところではエボラ出血熱が怖ろしい感染症として思い浮かんできます。今でも最も多くの人を死に至らしめている存在としてマラリアも浮かんでくるのですが、人類の歴史を振り返ると「黒死病」と呼ばれたペストが最も怖ろしい存在ではないかと思えてきます。

 そんなペストの流行についてイギリスのイーム村で起こった出来事は、全村隔離という大胆な対処法や流行の始まりから終息までのドラマチックな展開もあり、英語の教材としても使われるほどとなっています。

 イーム村でのペストの流行は仕立て屋の助手、ジョージがロンドンから送られてきた小包を受け取る事から始まります。小包の中身は仕立て屋に必要な反物なのですが、送られてくるまでに時間が掛かってしまった事もあり、湿って悪臭がしていました。

 ジョージはすぐに反物を広げ、火のそばに置いて反物を乾かそうとしたのですが、その反物にペストを媒介するノミが潜んでいて、ジョージは村で最初の犠牲者となってしまいます。

 当初は誰もジョージの死をそれほど大きな事として捉えはしなかったのですが、やがて次々と高熱と発疹を発症し、数日のうちに死に到るという典型的な黒死病の症状が確認されると村はペストの恐怖に包まれる事となります。

 絶望的な状況下の村で牧師のウィリアム・モンペッソンが立ち上がり、妻のキャサリンと共に献身的なケアを行いながら「村から誰も出さない、村へは誰も入れない」という全村隔離を行います。

 村に食料を運んでくれる村外の協力者に対して食料を置く場所を決め、その代金は流れる小川の中に置くようにして死の病を洗い流し、その際に使う硬貨も酢に漬けて保管するといった徹底ぶりでペストの撲滅を行います。

 不幸にもキャサリンもペストに倒れてしまう事となってしまうのですが、やがて村はペストを克服する事ができ、今でも村では8月最後の日曜日は「ペストの日曜日」と呼ばれてキャサリンの墓に花を供える事が続けられているといいます。

 そんなイーム村の悲劇について、最近、新たな解析が行われ、流行の原因とされたネズミからのノミを媒介した感染は全体の4分の1に過ぎず、ほとんどの感染は人から人へというものであった事が判っています。

 当時、普通に人に感染していたシラミやヒトノミが媒介者となって人から人への感染が起こっていたと考えられ、それらが過去のものとなった今日ではペストも昔の存在のように思え、実際、日本では1926年以来、感染が確認されてはいないのですが、ネズミなどのげっ歯類の間では今なお流行が続いており、世界的に見ると人のペストは1991年以降、増加傾向にあるとされます。

 多くの感染症が過去のものと思える中、人類が克服できた感染症は天然痘のみである事を改めて思い出してしまいます。


 

第2886回 鎧の秘密



 桜の花が散り、爽やかな新緑の季節を迎えると、和菓子店の店頭から桜餅が姿を消して、代わりに柏餅が存在をアピールしてくれます。今では年間を通して柏餅を購入する事ができてしまいますが、やはりこの時期の柏餅は格別なように思えて、端午の節句の訪れを意識してしまいます。

 端午の節句というと5月の爽やかな風を受けて青空に泳ぐ鯉のぼりと、5月人形と呼ばれる事もある鎧兜を着た男の子の人形が思い浮かび、家によっては鎧兜そのものが飾られる事もあり、一年で一番、日本の伝統的な鎧兜が活躍する時期と思えてきます。

 日本刀と同じく、鎧兜もその時代の戦闘様式に応じた形態に変化を遂げてきています。大陸文化の影響を強く受けたものから平安時代には日本独自の大鎧が登場し、豪壮な作りから動きやすさを意識した造りや奇抜なデザインの当世具足へと変化していく中、日本の甲冑は上半身の防御が中心で下半身はそれほど守っていない事が不思議に思えてしまいます。

 時代劇で見掛ける騎馬武者を攻撃する際、馬に跨る太股は刀で切り付けるにも手鑓で突くにも良い位置にあり、命に関わる動脈も通っている事から防御が手薄になる事は許されないように感じられます。

 鎌倉時代のようにお互いに名乗り合ってから尋常に斬り合うような暗黙のルールが存在するような場面ならともかく、混沌とした戦国時代には馬上にいるというだけで身分の高さが感じられ、率先してターゲットとする事でより大きな手柄が上げられるように思えて、手薄な下半身への攻撃は日常的に率先して行われていたのではとも考えてしまいます。

 日本の甲冑が西洋のプレートメイルのように全身を覆って守る方式を採用していない最大の理由は、時代劇で描かれる騎馬武者のように武士が高い位置にいなかった事に由来しているという事ができます。

 戦国時代、織田信長の近くで多くの日本に関する資料を残した宣教師、ルイス・フロイスの書簡によると、当時の武士は馬に乗って戦場に現れても、いざ合戦となると馬を下りて戦っていた事が伝えられています。

 当時の戦で最も注意すべきは上空から放物線を描いて降ってくる矢で、そのために大鎧の肩から二の腕を守る部分は上からの攻撃を意識した平たい板状の造りとなっていて、鑓の使い方も「突く」ではなく「上から叩く」に近いものであった事から、そうした攻撃にも対応できた事が覗えます。

 また、馬に乗っている時に攻撃を受けたとしても、それほど高い位置に武士の姿はなく、その頃の日本の馬はかなり小さなものであった事も浦賀に来航したペリーが、「あの犬のような生物は何だ」と質問したとされる事からも判ります。

 すらりとした美しい姿のサラブレッドに跨り、戦場を縦横無尽に駆け巡って戦果を上げる騎馬武者というのは、平和な時代の想像の産物すぎないと思いながら、動物が戦に巻き込まれない事には少々ほっとしてしまいます。


第2879回 憧れの頭巾(1)



 以前、遊びに来てくれた知り合いから我家の猫、坊ちゃんは無口だと指摘された事があります。あまり実感がないので、坊ちゃんの事を知る妹に話をしてみると、確かに妹も坊ちゃんを静かな猫だと思っていたといいます。坊ちゃんと暮らす以前に一緒にいた猫たちも同じような印象だったので、私が無口にさせているのではないかと少々心配になってしまいます。

 そんな無口な坊ちゃんですが、たまに私の顔を見詰めながら後ろ脚を踏み踏みし、何かを訴えかけてくる事があります。何かを真剣に要求しているようなのですが、その意味するところが判らず困惑しながら、子供の頃に読んだ昔話に出てくる「聞耳頭巾」が欲しいと思ってしまいます。

 聞耳頭巾の物語は正直で慎ましく暮らす翁が毎日の日課である氏神様への祈りを捧げていた際、貧しいまま時を重ねてきたために良いお供え物一つ用意できない事を詫びていると、貧しくても正直に生きる翁に氏神様が不思議な頭巾を授けてくれる事から始まります。

 翁が試しに頭巾を被ってみると不思議な事に回りの動物たちや植物たちの声が聞こえるようになり、彼らの話を元に翁は数々のトラブルを解決していくのですが、クライマックスは謎の病に付して余命が僅かとなった長者の娘の病を快癒させ褒美をもらう事になります。

 褒美を受け取った翁は、念願のお供え物を氏神様に供える事ができ、ハッピーエンドとなるのですが、翁が主人公で聞耳頭巾が登場しながら物語自体には幾つかのバリエーションが存在しています。

 頭巾の入手方法については、氏神様に授けられる以外に助けた子狐の母狐から謝礼として受け取るというものや、竜宮城の土産物に含まれているといったものもあり、後の展開に影響を与えています。

 長者の娘のエピソードはクライマックスとして共通して登場しますが、娘の病気の原因が異なっていて、長者が家の屋根をふき替えた際、蛇を巻き込んでしまっていて、苦しんだ蛇が娘に祟っていたとするものや、蔵を建てた際に蔵の一部が庭木に触れて庭木を苦しめていたとするものも存在します。

 褒美を得た翁は念願のお供え物を氏神様のために購入したり、頭巾が狐由来である場合はたくさんの油揚げを狐にプレゼントするなど、利益を独占しない翁の人柄を感じさせて終わるという部分は共通しています。

 子供の頃は正直な翁が報われる楽しい話として受け取っていたのですが、大人になった今は頭巾によって得られる褒美の数々よりも、動物たちの話が理解できるという事が羨ましくて仕方なく思えます。


第2700回 願いの主語



 暦の上で暑さが本格化してくる小暑を迎える最初の日は七夕となっていて、街中で笹に短冊や紙で作った飾り付けを施したものを見掛ける事ができます。今年は自分でも短冊に願いを書いてみようと思うのですが、そこでふと短冊に書いた願いは誰にお願いするのだろうと不思議に思えてきます。

 子供の頃、七夕は離ればなれになっている織姫と彦星が一年に一度だけ会える日と聞かされ、絵本で読んだところでは畑の番を任された彦星が喉の渇きに耐えかねて畑に実っている瓜に手を付けたところ、瓜の切り目から大量の水が噴き出し、大河となって二人を両岸に分けてしまったというドラマティックな場面が描かれていて、そんな二人は神様ではなさそうだし、一年に一度だけ許されて会える日であれば願い事などで邪魔をしてはいけないような感じがしてきます。

 七夕の語源を調べてみると、かつて七夕はお盆の行事の一環であり、お盆を迎える準備として精霊棚や幡を安置する日が7日の夕方であった事から7日の夕方を「棚幡(たなばた)」と呼ぶようになり、「七夕」の文字が当てられるようになったとされます。

 また、天の彦星(=牽牛)、織姫(=織女)はそれぞれ耕作と蚕織を司る星とされる事から、彦星にちなんだ種物「たなつもの」と織姫にちなんだ機物「はたつもの」が合わさって「たなばた」という文献もあるそうですが、お盆に由来すると星との関連がなくなり、星に由来すると七つという数字と夕方との関連がなくなってしまいます。

 織姫と彦星の話は漢の時代に編纂された「古詩十九首」に記されているものが最古とされるのですが、その時点では二人が会える日は特定されていません。

 南北朝時代になると二人が会うのは7月7日と明確にされている事から、その間に何らかの風習や伝説と結び付いたのかもしれないと思えてくるのですが、その日の夜に7本の針に綺麗な色の糸を通して捧げ物を供えると針仕事が上達するという乞巧祭会(きっこうさいえ)も行われるようになっていて、乞巧祭会では手芸の上達を織姫に願うとされる事から、短冊の願い先は織姫ではと思えてきます。

 乞巧祭会の由来は「七姐」と呼ばれる織姫の誕生日、「七姐誕」を祝う事で織姫のように細やかな心遣いと器用な手先になって良縁が得られるように願う思いにあり、乞巧には巧みになる、器用になる事を求めるという意味があると言います。

 七夕は日本や中国、韓国、台湾などで行われているそうですが、笹に願いを書いた短冊を飾り付けるのは日本固有の風習で、江戸時代に成立したとされます。織姫への憧れから織姫のように器用になる事を願う祭りとなったのですが、短冊にそれ以外の願いも記入できるという独自の文化となり、それならばと何の上達を願おうかと考えてしまいます。


 
プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR