第3045回 朝の選択(3)



 朝食の必要性の議論には少々方向性が違う話なのですが、朝食に関する気になる研究結果が報告されています。朝食で何を食べるかによってその日の行動が変わってくる可能性が確認され、その日をどんな一日にするかを考慮した上で朝食の内容を選択をする必要がある事が判ってきています。

 今回の研究はドイツのリューベック大学で行われたもので、参加者のその日の朝食の内容を聞き取った上で二人一組になってゲームをしてもらい、その結果から行動の傾向を分析して朝食の内容と合わせて朝食の影響が分析されています。

 ゲームは二人一組で片方がAとなり、もう片方がBとなります。Aは主催者から提示された金額を二人でどのように分配するかを決めてBに伝えます。Bがその金額に納得してOKすると、Aによって決められた金額がAとBに支給されますが、Bが分配に納得せずOKしない場合はA、Bともにお金を受け取る権利を失ってしまいます。

 より多くのお金を受け取りたいという普通の感情やBを納得させないとすべてを失うというリスク、少なくても何も得られないよりは良いとBが判断するかもしれないという観測、主導権を持つが故により多くを手にしようとするBのAへの気持ちなど、多くの感情や思いが錯綜する事になるゲームですが、行動の判断基準を窺い知る事ができます。

 分析の結果、朝食で炭水化物を多く摂った人ほど積極的な反面、寛容な気持ちに欠ける傾向があり、タンパク質を多く摂ると寛容な気持ちが勝る事が判っています。

 炭水化物を多く摂る事で血糖値が上がり、アドレナリンが分泌された後の状態に近くなる事や、タンパク質を多く摂る事でドーパミンなどの脳内物質やホルモンが作られやすい状況になる事が影響している事が考えられるのですが、まだ研究は始まったばかりで詳細なメカニズムの解明には今後の研究を待つ事となっています。

 今後、研究が進めばその日をどのようにデザインするかという機能が朝食に求められるようになり、何を食べるかが重要視されるようになってくると思われます。その際、食べないという選択肢がもたらす傾向も判るようになり、朝食を食べるべきかどうかという事への一つの結論が得られるような気がしています。


 
スポンサーサイト

第3044回 朝の選択(2)



 最近の子供に覇気がないのは朝食を摂らずに登校するため、充分に血糖値が上がり切れれてない事が原因という事を幾度となく聞かされてきた事もあり、成長期の子供には特に朝食が必要と思えます。

 しかし、忙しさに終始する現代の日常では朝から質の高い朝食を用意する事は難しく、そうした事情を受けての事か「早寝早起き朝ごはん」というスローガンが掲げられ、国民運動として文部科学省から推奨されていました。

 子供たちが健やかに成長していくためには、適切な運動、調和の取れた食事、充分な休養と睡眠が大切とされ、最近の子供には「よく体を動かし、よく食べ、よく眠る」という事が欠けていて、基本的な生活習慣が乱れてしまっている事が学習意欲や体力、気力の低下に繋がっていると考えられ、「早寝早起き朝ごはん」の重要性が感じられてきます。

 朝早く起きる事で朝食を美味しく食べる事ができ、しっかりと朝食を摂る事で生活のリズムが整って、夜も早めに充分に質の高い睡眠が得られるとされ、しっかりと朝食を摂って朝から消化器官を動かし、血糖値を上げる事が体内時計のリセットや生活習慣の改善にも役立つとされています。

 日々の生活を通して狂いがちな体内時計のリセットにも役立つとなると朝食の効能は絶大と思えてきて、朝食は絶対に必要という感じがしてくるのですが、体内時計を調節するホルモン、メラトニンは食事では分泌されない事を考えると、少々朝食の効能を過大評価しているようにも思えてきます。

 メラトニンの分泌と体内時計のリセットというと、朝日を浴びるという事が有効とされる事から、早起きをする事が生活習慣の改善には良い働きをする事が判ります。「早寝早起き朝ごはん」はより良い生活習慣を確保する事には役立つと思えるのですが、朝食の必要性の議論には結論を出してくれないようにも思えてきます。


 

第3043回 朝の選択(1)



 食べるべきか、食べないべきか。朝食には以前から必要論と不要論が存在し、それなりの説得力を持つ理由が添えられています。最近では社会的に活躍されている方々の中に一日に一食だけというライフスタイルの方も多く知られるようになり、一日に三食を規則正しく摂るという事自体も正しい事なのかともいわれてきてきます。

 朝食が必要と思える理由は、朝食を抜いてしまうと夕食の次の食事は昼食となり、あまりにも長い時間、体は栄養を得られない状態が続いてしまいます。そのため高い集中力を発揮できるはずの午前中の血糖値が充分に上がらず、集中力が発揮できなくなるとされ、軽い飢餓状態で昼食を迎える事によって血糖値の急激な上昇を招くとも考えられます。

 逆に朝食が不要かもしれないと思う理由は、日々の食事を消化するために使われているエネルギーは意外なほど大きく、一定の時間、内臓を消化から解放してやる事で体は大きなエネルギーを修復に回す事ができ、さまざまなダメージをリセットする事ができるとされます。

 そのために必要とされる時間は一日の三分の二に当たる16時間ともいわれ、夕食から換算すると朝食では早過ぎてしまう事になるだけでなく、修復モードに入っていた内臓は充分に目覚めない状態で消化に入っているともいわれ、体に負担を掛けているとも考える事もできます。

 生物と寿命に関する研究の中では、摂取するカロリーが低い、栄養状態が充分とはいえない状況下では生物はパフォーマンスを低下させても身体の修復を最優先にして長生きするように働き、充分に栄養を得られる環境下では「太く短く」を体現するかのようにパフォーマンスを最大化させ、長生きよりも子孫繁栄に努めるとされます。

 朝食を抜いて一時的な飢餓状態を作り出す事で体の修復力を上げたり、しっかり朝食を摂る事でパフォーマンスを上げるという事は、そうした生物の基本設計に適っているようで、どちらを選択するべきかと相変わらず答えが出ないものを感じてしまいます。


 

第3042回 愛犬の効用



 坊ちゃんの部屋の掃除を終えて二階のホールへと出てくると、家の前の坂を下りてくるLEDの懐中電灯の灯りが見えます。近所の方が愛犬と散歩をされているらしく、思わず「お疲れ様」と声を掛けたくなってしまいます。

 我家の坊ちゃんは猫という事もあり、毎日の散歩はおろか外に出るという気もないらしく、その点では楽をさせてもらっているように感じています。最近では首輪とリードを着けて外を散歩する猫もいるそうですが、坊ちゃんには無縁の世界のように思えます。

 犬と暮らしていると毎日の散歩が大変と思えてくるのですが、その大変な毎日の散歩が飼い主には思わぬ恩恵を与えていて、犬と暮らしている人はそうでない人と比べて健康状態が良いという統計結果が存在します。

 ある調査では、犬と暮らしている人はそうでない人と比べてウォーキングなどの運動をする時間が22分間も多いとされ、その時間も通常のウォーキングとは異なり、犬のペースに合わせさせられた早歩きとなるため、より大きな運動量となるとされます。

 そうした日常の運動に併せ、犬と触れ合う事によるアニマルセラピーの効果が健康効果を高めている事も考えられ、さまざまな要因が犬と暮らす事による恩恵となっていると思えます。

 散歩に誘い出すよりも外出を控えて一緒にいる時間を確保する方へ向かわせる坊ちゃんの存在ですが、癒しという点では絶大な効果があるように思え、犬だけでなく猫も充分に健康に寄与すると思いつつ、私の寿命の一部でも坊ちゃんに与えられたらと思う日常が続いています。


 

第3032回 か細き君に(3)



 種子に水分を与え、光を遮断しておくと発芽してもやしができます。そのため人類ともやしの関りは農耕を始めた時期か、それよりも早い時期と考える事ができ、もやしと人との関わりの古さを窺わせてくれます。

 日本におけるもやしの歴史というと、どのようにもやしを食べるようになったのか、またはどこから伝えられたのかという事は謎のままとなっているのですが、文献上は平安時代に書かれた「本草和名」に「毛也之(もやし)」として記載されており、薬用として栽培されていた事が残されています。

 南北朝時代には楠木正成が籠城戦の際、豆を発芽させて兵たちに食べさせ、飢えを凌ぎながら健康を守った話が伝えられていて、重要な食糧であったと見る事がでいます。

 江戸時代に入ると、「和漢三才図会」に黒豆を発芽させたもやしについての記載があり、15cm程度の長さに成長したところで乾燥させ、よく煎ってから服用すると痺れや膝の痛み、筋のひきつりなどに効くという効能まで記されています。

 それだけ根付いていたように見えるもやしですが、別なルートでの普及も見られていて、1850年代に長崎に漂着した異人がもやしの作り方を伝え、地域にもやし作りが広まり、長崎のもやし職人が江戸に上って天下の珍味として将軍にもやしを献上したともいわれます。

 古くから親しまれてきたもやしですが、大幅に食材としての普及が進むのは昭和11年(1936年)まで陸軍の主計少将を務めた丸本彰造によるところが大きいともいえます。

 丸本は日露戦争の際、ロシア兵に多くの壊血病が発生した原因はビタミンCの不足にあると考え、大正7年(1918年)のシベリア出兵の際は将兵のビタミンC不足はもやしで補うとして兵食にもやしを加える事に尽力しています。

 市民に対するもやしの普及にも力を入れ、大正9年(1920年)はもやしを紹介するパンフレットを作成し、もやしの生産者団体の座談会の理事を務めるなど精力的にもやしの普及を図っています。

 その際、もやしの普及を目指して多くのキャッチコピーが作られ、そうした中には「栄養豊富、ビタミンCの供給源」「調理簡単、応用範囲、多種多様」「燃料節約手間要らず、無駄がない」といったものがあったのですが、「価が安く、何時でも得られる」という今日のもやし生産者が抱える廉売問題の原点ともいえるものが含まれており、その当時からもやしの価格破壊は予言されていたようで、根の深さを感じてしまいます。

 以前は最初から根が除いてあったり、こだわった栽培方法が行われて割高というもやしに出会えていたのですが、気が付くと安価なものばかりになってしまっているようにも思えます。

 最近では燃焼系アミノ酸が豊富である事からダイエット系の人気も高まってきているようですが、何らかの付加価値の高まりによって悪循環に陥っている問題から脱してほしいと願ってしまいます。


 
プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR