第2242回 アイスダイエット?



 最近、ダイエットに関する考え方が変わってきて、これまでのカロリーの数値や糖分、脂質の量を意識していたものから、食後の血糖値の上がり方を重要視するようになってきており、血糖値の急激な上昇をさせないようにする事がダイエットには有効とされるようになってきています。

 血液中の糖質の量が多い状態、血糖値が高い状態になると体は血糖値を下げるホルモン、インシュリンを分泌して血糖値を本来の数値にまで下げようとします。

 インシュリンが分泌された事で、血液中の糖質は脂肪細胞内に押し込まれて血液中の糖質の量は血糖値が上がる前の状態へと戻されます。糖質の保管場所となった脂肪細胞は糖質によって成長するため、肥満の原因となると考えられています。

 そのため同じ量の糖質を含んでいても、糖質自体の性質や一緒に含まれている成分によって血糖値が上昇しにくい食品の方が、より肥りにくい食品であると評価する事ができます。

 そうした観点から、意外な食品がダイエットに有効と再評価されるようになってきています。その食品とはアイスクリームで、乳脂肪分の塊であり糖分も含んでいる事から、かつてはダイエットの大敵とも思われていました。

 アイスクリームは生クリームに卵、砂糖に香料、レシピによっては牛乳などを加えて攪拌しながら冷凍する事で作られていて、見るからにカロリーが高そうな素材を使い、脂肪や糖分を含んでいる事、体を冷やしてしまうので燃焼の妨げとなるなどさまざまな要因がいわれ、誘惑に負けない事がダイエットには必要とされていました。

 しかし、血糖値の動きを中心に考えた場合、同じおやつでもクッキーやケーキといった小麦粉という炭水化物を多く含むお菓子に比べてアイスクリームは乳脂肪と糖分だけなので血糖値が緩やかにしか上がらず、その分、肥りにくい食べ物となっているという事ができます。

 乳脂肪にしてもアイスクリームに含まれる脂肪分はエネルギーに変わりやすく、脂肪として蓄えられにくい性質がある事や、香料としてよく使われるバニラに含まれるバニリンには肥満を抑制する働きや、乳糖には皮下脂肪や内臓脂肪の蓄積を防ぐ働きがある事が知られてきています。

 冷たいアイスクリームを食べる事で体温が下がってしまう事についても、体には一定の状態を保とうとする働きがある事から、代謝機能を高めて体温を上げようとして脂肪を燃焼する事から、脂肪が消費されやすい状態を作り出していると考える事もできます。

 いろいろと細かく見ていくとダイエットに向いているようにも思えてくるアイスクリームですが、よく見られるダイエット方法のように食事と置き換えてしまうのは、栄養の偏りが生じる事からお薦めができないといえます。

 脂肪分に関しても植物性油脂を代わりに使っている物も見られるので、選び方や接し方を充分考えながらダイエットに役立てる、またはダイエットの大敵という見方を改める程度で良いのかもしれないと思えてきます。


スポンサーサイト

第2241回 対の星座



 年間を通して見付けやすい星座として、「オリオン座」を夜空を見るたびに探してしまいます。粗暴でありながら狩りの名手でもある英雄オリオンは、オリオンへ向けて放たれた大サソリによって刺殺されたとも、大サソリから逃れて海にいるところを恋人である弓の名手、アルテミスによって射殺されたともいわれ、いずれにせよサソリとの因縁が深くなっています。

 あまり星座には詳しくないのでサソリ座は上手に見付けられないのですが、オリオン座とは対になって天空を巡るとされるので、今度、探してみなければと思っています。

 さまざまな物語や伝説によって語られ、自身もどこか禍々しい姿をしている事もあって、サソリは非常に危険な動物と思われていて、尾の先端にある毒針で刺されると即座に死に至るというイメージを持たれています。

 サソリの登場は非常に古く、少なくとも4億3千年以上も前には存在していた事が確認される事から、人類の大先輩という事になります。その古さ故か世界中に1000種ほどが棲息しているとされ、日本にも南西諸島に2種の固有種がいる事が知られています。

 猛毒を持つと思われているサソリですが、本来は捕食する昆虫を捕獲するための毒である事から、哺乳類などの動物を殺傷するほどの強さはなく、1000種もいる中で哺乳類を殺傷する事ができる可能性を持つものはわずか25種程度とされ、多くは蜂と同程度の毒性とされています。

 急に怖ろしさが半減してきたように思えるサソリの毒ですが、蜂と同様、本来は死に至るものではなくても体が過剰反応してショック状態に陥るアナフラクシーショックを引き起こす可能性があり、その場合、伝説にあるような死に至る重篤な事になってしまう事があります。

 そのため世界中で年間にサソリによって命を落とす人は1000人以上ともいわれ、やはり油断できない危険動物のように思えます。以前、見ていたサバイバル番組ではサソリは食べられるとして試食をしていたのですが、とても不味いらしくその味は放置したチーズのようだと例えられていました。

 できる事なら刺されたくも食べたくもない、どこか遠い世界の動物であってほしいと思いながら、夜空のサソリは探してみなければと考えています。


第2240回 アレルギーパラドックス



 モズクを養殖している知り合いから、以前、不思議な話を聞かされた事があります。いつものように海に出ているとお婆さんが浜辺に来ていてポリタンクを見せて、海の水を汲んできてほしいと頼まれたそうです。タンクに海水を汲んでくると、お婆さんはお礼をいって帰っていき、しばらく日が経ってからまた海水を汲んでもらいに来られたそうです。

 同じように海水を汲んできてあげるとお婆さんはお礼をいって帰っていき、またしばらく日が経ってから浜辺に来られ、今回はポリタンクではなくたくさんの餅を持って来られていて、海水のお礼だといってとても喜んでいたそうです。

 詳しく話を聞いてみると、そのお婆さんのお孫さんはアトピー性皮膚炎に悩まされていて、海水が良いと聞かされたのでさまざまな海の水を送って試していたのですが、どこも今一つ効果的ではなく、唯一モズクの養殖場の海水で顕著な効果が見られたとの事でした。

 最近ではそれほど珍しいものでもなくなってしまったアトピー性皮膚炎ですが、さまざまな治療が試みられる中、保湿を充分に行う事も有効に作用する例が見られており、海水に含まれるミネラル分や塩分、養殖していたモズクに由来する保湿成分などが有効に作用したのではとも思えてきます。

 皮膚の保湿には「フィラグリン」と呼ばれる特殊なタンパク質が関わっているとされ、表皮の角化細胞が角質を作る際に繊維タンパクのケラチンを凝集させ、分解する事で角質細胞内で天然の保湿成分としてフィラグリンは作り出されています。

 フィラグリンは水分を保持して皮膚の保湿を行う事から、フィラグリンを作り出す働きに異常が生じると皮膚がカサカサに乾燥し、うろこ状になる「尋常性魚鱗癬」が引き起こされる事が知られています。

 アトピー性皮膚炎の患者は尋常性魚鱗癬を併発する事が多く、何らかの関連性がある事が考えられ、アトピー性皮膚炎の患者を対象にフィラグリンを作り出す遺伝子に異常がないかを調べたところ、多くの患者でフィラグリン生成遺伝子に異常がある事が確認されました。

 これまでアトピー性皮膚炎はアレルギー症状の一環として発症し、皮膚に異常を生じると考えられていましたが、先天的な皮膚のバリア機能の異常によってアレルゲンが侵入しやすくなり、結果的にアレルギーを引き起こしていた事が考えられ、そうなるとアトピー性皮膚炎への治療のアプローチ自体も変わってくる事となります。

 赤ん坊の頃から保湿に気を配り、アレルゲンを体内に侵入させない。アトピー性皮膚炎は治療よりも予防に重点が置かれる疾患へと変わっていくのかもしれません。そして昨今、発展が著しい遺伝子治療が治癒への道を開くのかもしれないと思えてきます。


第2239回 蕎麦の訳?



 江戸時代、各地の大名たちは参勤交代によって地元の藩と江戸の街を行き来し、一定の期間をそれぞれの土地で過ごしていました。そんな江戸勤番に随行し、江戸の在住期間が長期化すると武士たちの間に奇妙な病気を患う者が見られていました。

 足や体にむくみやしびれが生じ、悪化すると心不全を起こして死亡する事もあるその病気は、江戸での生活が長くなると発症する事や江戸の街を離れて地元での生活に戻ると自然と治癒する事から「江戸患い」と呼ばれ、原因不明の病気とされていました。

 江戸患いは当時、世界有数の巨大都市にまで成長した江戸の街特有の風土病ではなく、古くは平安時代に貴族や有力な武士たちの間に江戸患いと同じ症状が見られるようになっています。平安貴族と江戸の街に暮らすさまざまな人々、共通点は主食が「白米」であった事となっています。

 精米技術が向上し、上流階級を中心に玄米から白米へと主食が変化すると、玄米に含まれていたビタミンB1が不足するようになり、エネルギーの代謝や神経の伝達が円滑に行われなくなってしまった事が症状を引き起こし、白米を好んだ江戸の人々にも同じ状況が起こっていた事が死に至る江戸患いの正体、「脚気」の蔓延であったという事ができます。

 今日、脚気は栄養障害の一環としてしか認識されませんが、江戸の街、そして江戸が東京と改められてからも深刻な被害を出し続け、大正の末期でも年間2万5千人もの死者を出し続けて、結核と並ぶニ大国民病となっていました。

 ビタミンB1の発見と脚気を防ぐための充分な量の摂取による患者の激減は1950年代まで待つしかなく、その間にも多くの命が江戸患いによって失われています。

 そんな江戸患いに対し、経験的に対処法を模索する漢方は、ビタミンB1を比較的多く含む蕎麦を江戸患いを予防する物として推奨していました。

 縄文時代から食べられていた蕎麦は、江戸時代に入ってからそれまでの塊状で食べる「蕎麦がき」から麺として成立し、しょうゆを使った麺つゆと出会う事となり、江戸の庶民の人気となっていきます。

 そうした食べ方の変化に併せ、潜在的にビタミンB1を多く含む食品であった事も麺類を食べる際、うどんではなく蕎麦を選ぶ江戸庶民の好みに繋がっていたように思えます。

 関西から豊富に供給され、日常的に愛飲されていた酒のアルコール分解も含め、江戸の街はビタミンB1を潜在的に求める傾向があり、それがビタミンB1を多く含む食材である蕎麦を選ぶ原動力となり、江戸の粋という蕎麦食文化へと繋がっていくように思えます。

 そろそろ近くの畑で蕎麦の白い花が咲き始める事を思いながら、死に至る病であった江戸患いとしての脚気を克服できている今日の食生活に感謝なしながら新蕎麦と呼ばれる時期を迎えたいと思っています。


 

第2238回 過睡眠弊害



 昔から「寝る子は育つ」といわれますが、成長して大人になってからは、あまり睡眠を多く摂る事は長寿に対してマイナスの働きを及ぼす事が最近のさまざまな研究によって示唆されてきています。

 そうした研究の多くは長寿者の生活習慣の調査を通し、長寿者に睡眠時間が長い人が少ない事から結論が導き出され、具体的に長時間の睡眠習慣を持つ事でどのような変化が訪れるのかについては言及されていないのですが、先日行われた研究では長時間の睡眠で自殺願望が高まるという興味深い結論が得られていました。

 睡眠は少なくても多過ぎても良くないとされますが、10時間以上の睡眠で医学的に「自殺念慮」と呼ばれる死にたいと思う気持ちが高まる可能性が示唆されています。

 6228人の大人のデータを元に2週間の睡眠時間と自殺念慮を抱いた割合の関連を調べたところ、ストレスとなる睡眠不足を感じる5時間以内の睡眠を行っていた人よりもたっぷりの睡眠といえる10時間以上の睡眠を行う人の方がリスクが高い事が判っています。

 睡眠時間が短い5時間以内の睡眠でもリスクが高まる事が観察され、6時間程度の睡眠を行う人に比べそのリスクは2.4倍に達したとされますが、10時間以上の睡眠を行う人ではそれを上回る3.5倍にもリスクは大きくなっていたとされます。

 また、不眠症状でもリスクが高まる事が観察され、寝付きが悪い「入眠障害」、寝ている間に何度も目を覚ます「中途覚醒」、早い時間に目が覚めて再び眠る事ができない「早朝覚醒」のそれぞれにリスクの高まりが見られましたが、中でも入眠障害と中途覚醒で顕著にリスクの高まりが見られています。

 日本では6時間程度の睡眠を摂る人が最も多いとされ、6時間未満の人は7%程度、9時間以上は3%程度とされますが、約2割の人が不眠症に悩まされているとされ、自殺念慮の高まりに加え不眠症は鬱病の入口ともされる事から、注意が必要ともいえます。睡眠は健康やQOL(生活の質)に大きく関わっているので、軽く考えずに向き合うべきものと思えてきます。


第2237回 黄色い胸



 暑さが本格化してきて土用の丑の日が近付いてくると、急にうなぎの存在感が増してきます。今年も仔魚となるシラスウナギの減少からうなぎの高騰が予想される中、昨年のうちに早めに手を打っていたとするスーパーなどでは意外な低価格販売も行われていると聞かされます。

 うなぎの多くは養殖によって供給されていますが、産卵させて孵化して育てるのではなく、天然由来の仔魚を捕獲して肥育させる事からシラスウナギの確保が重要となってきます。

 シラスウナギの確保が難しくなったニホンウナギですが、代わりにヨーロッパウナギの仔魚に切り替える事で価格の安定を図るという事が行われたのですが、漁業資源としての将来を懸念する意見もあり、うなぎの高値は当分続きそうに思えます。

 土用の丑の日にうなぎの需要が集中する原因は平賀源内にある事は広く知られていますが、夏バテを防止するために夏場にうなぎを食べるという習慣は古くから存在していたとされます。

 うなぎが日本の文献に登場するのは、「万葉集」が最初とされ、「武奈伎(むなぎ)」の名称で記載されています。むなぎという名称の由来については、胸が黄色いからや木のように細長いからなどと諸説があってはっきりとはしていないのですが、痩せた人に対し「むなぎ取りて食せ」と記した詠が残されていて、当時、すでに滋養強壮の食という位置付けを得ていた事や、夏のスタミナ食とされていた事が伺えます。

 うなぎが庶民の間に一気に広まる事となるきっかけは、江戸が徳川家康の領地になり、大規模な開発が行われる中で、湿地帯や運河などうなぎの棲息に適した環境が整えられ、安価に手に入る食材となった事や、濃厚な味のしょうゆが開発され、今日のようなうなぎのたれが使われるようになった事も大きいと考える事ができます。

 徐々に高嶺の花となりつつあるうなぎですが、卵から孵化させる完全養殖の技術革新で、再び庶民の食となる日を待ちたいと土用の丑の日に思ってしまいます。


 

第2236回 冷たい頭痛



 日毎暑さが募り、冷たい物がありがたく思えてきます。我家では氷を欠かさないようにしていて、専用のかき氷器で氷を削り、蜜の代わりに希釈して使用する乳酸飲料をかけてかき氷にしています。氷が体温を下げてくれる事と、乳酸飲料のさっぱりとした酸味のお陰で、暑さで失われた体力が回復するような気がして、夏のひと時の癒しとなっています。

 暑い中、体温をすぐに下げて汗をかかずに済ませたいと思うのですが、慌ててかき氷を食べると後頭部へ突き抜けるような激しい頭痛を誘発してしまうので、とても危険な行為と思えてきます。

 かき氷やアイスクリームなどの冷たい物を急速に食べた事で起こる頭痛は国際的にも「アイスクリーム頭痛」とも呼ばれ、広くその存在が認知されています。普段、痛みへの耐性が高く、頭痛はほとんど気にならない私もアイスクリーム頭痛だけは別格で、頭の中心部から起こる強い痛みは経験するたびに今後は気を付けなければと強く思ってしまいます。

 アイスクリーム頭痛は口の奥の方、口腔粘膜の上部にある「三叉神経」が原因となって引き起こされています。氷やアイスクリームなどの普段予想できない冷たい刺激が急に三叉神経に伝えられると、三叉神経は「冷たい」と感じるべきところを混乱して「痛い」という情報を脳へ送ってしまいます。それがアイスクリーム頭痛の正体であるため、通常の頭痛のように長時間に渡る事がありません。

 アイスクリーム頭痛は単なる神経のパニックである事から、それほど心配するような症状ではないという事ができるのですが、アイスクリーム頭痛を起こしやすい人は三叉神経が鋭敏でパニックを起こしやすい傾向がある事から、片頭痛を起こしやすいといわれる事には注意が必要かもしれない可能性があるとされます。

 片頭痛は明らかな原因なしに月に数回、または週に数回、こめかみの辺りを中心に脈動するように痛みが訪れる頭痛ですが、日本では約840万人が片頭痛に悩まされているともいわれます。

 体質の継承によって片頭痛の起こしやすが遺伝する傾向も確認されている事から、親が片頭痛を起こしやすい場合は注意が必要といわれ、健康のキーワードである血行促進や血液サラサラは三叉神経への刺激を増やす事から、片頭痛に関しては誘発する危険を伴うという事もできます。

 アイスクリーム頭痛を起こしやすく、父親がひどい片頭痛持ち、好きな食べ物が血液サラサラに繋がる物が多いという私ですが、片頭痛に悩まされる事なく過ごせているのはとても幸せな事なのかもしれないと思えてきます。


第2235回 究極の選択?



 社会が高齢化した事によって増えた病気といわれると、ガンとアルツハイマー病が思い浮かんできます。今やガンは2人に1人、アルツハイマー病は5人に1人が発症するともいわれ、自分も将来的に無縁といい切れないものを感じてしまいます。

 ガンとアルツハイマー病はいずれも高齢者のQOL(生活の質)を大幅に低下させるものという事ができますが、意外とアルツハイマー病を患ったガン患者という話は聞かないと思います。

 以前から認知症の患者の中にはガン患者が少ない事や、ガン患者はあまり認知症を発症しないという指摘があり、両者の間に何らかのリスク低下要因が存在するのではと考えられていました。

 昨年の段階でガン患者ではアルツハイマー病を発症するリスクが33%低下し、アルツハイマー病患者ではガンを発症するリスクが61%低下する傾向がある事が分析されており、明らかにガン患者はアルツハイマー病を、アルツハイマー病患者はガンを発症しにくい事が判ります。

 最近行われた大規模な研究では19種類のガンとアルツハイマー病の発症リスクが分析dされ、ガンの種類によってアルツハイマー病の発症リスクが違っている事も解明されてきています。

 ガンの中でも肝臓ガンの患者が最もアルツハイマー病を発症する率が低く、ガンを発症した事のない人と比べて51%もアルツハイマー病を発症するリスクが低かったとされ、逆に前立腺ガンと皮膚ガンの一種である悪性黒色腫では、アルツハイマー病の発症リスクが13%程度高まってしまう事も観察されています。

 ガンの種類に関わらず、抗ガン剤を使った化学療法を行っている患者は、行っていない患者に比べてアルツハイマー病を発症するリスクが17~23%程度低下する事も判っており、ガンの化学療法はアルツハイマー病の予防にもなっていたという事もできます。

 また、別の研究では認知症のリスクを倍増させてしまうとされる糖尿病患者の中にアルツハイマー病を発症する比率が低いグループが存在する事が判り、その理由として糖尿病の治療のために使用している薬剤、「メトホルミン」がアルツハイマー病の発症リスクを下げていた事が判ってきています。

 ガンにアルツハイマー病、糖尿病と避けて通りたい病気ばかりですが、それらの研究の中から有効な予防策を発見できればと思えてきます。


 

第2234回 文化のフライ


 一銭洋食やラジオ焼き、ゼリーフライ、どこか古い時代のハイカラな割には安価な食べ物という感じがして、親しみを感じてしまいます。そんなレトロハイカラな食べ物の列に確実に加わる物として、「文化フライ」の存在があります。

 フライ物のほとんどは揚げ物にした素材名が名称に使われるため、容易に内容を想像する事ができるのですが、ゼリーフライ同様、文化フライも名前からは内容が全く想像できない物となっています。

 ゼリーフライはおからを使ったコロッケのような物で、ゼラチンを使うゼリーやクラゲ(ゼリーフィッシュ)とは無縁なのですが、小判型に成形して揚げた事から「銭フライ」が訛ってゼリーフライとなったとされ、一応の由来を伺う事ができます。

 文化フライは何かが訛ったとも思えず、文化的な食材が揚げられた物ではと思えてくるのですが、小麦粉、卵、パン粉という構成からは文化的な物はおろか、中心となる食材すら存在しないように思えます。

 文化フライの正体は、小麦粉をガムシロップや水飴などのシロップ類で練った物を、フライの衣を付けて揚げた物で、食べやすいように割りばしなどの串に刺して、たっぷりとソースを付けて供されます。

 原型として練った小麦粉をフライにした「玉子フライ」が存在していたとされますが、東京の露店に登場し、下町の子供たちに人気を博したとされ、当時、文化鍋や文化包丁、文化住宅など、新たな工夫が加えられてより良くなった物に文化の名前を冠する事が流行したため、その名が付けられたと考える事ができます。

 一見、厚く作られた衣だけのフライという感じがするのですが、小麦粉由来のもちもちした食感とシロップの甘味が存在感を発揮し、思いの外、食べ応えがある料理ともいわれます。

 如何にも縁日の食べ物という感じが大いにしておかずには成り得ないと思える文化フライですが、考案者はすでに引退したとされる中、これからもレトロハイカラな雰囲気と共に生き伸びてほしいと強く願う食べ物となっています。


第2233回 隠れた力



 若かりし頃、食事制限を伴った誤ったダイエットに取り組んだ事があります。結果としてはわずかな期間で目標を大きく上回る減量が行われたので、数字だけを見れば大成功といえる内容となっています。

 激しい食事制限の影響で不足した栄養素も多く、特に不足したタンパク質は筋肉から供給されていたのか、筋肉量が減少し、その後の体質も変化したように思えます。

 印象的だったのは、ダイエット終了後、何でもない作業をしていて力が必要な場面となり、精一杯の力を込めたところ鈍い音を立てて肉離れを起こしてしまいました。

 急激な減量による筋肉の強度の低下を脳が充分に理解しておらず、適切な力加減を行う事ができなかった事が思わぬ怪我に繋がったといえます。普段、私たちの筋肉は筋肉その物や関節、骨などを守るために脳によって制限がかけられ、本来の力の30%程度しか使っていないとされます。

 生命の危機が迫った際などに強力な力を発揮する「火事場の馬鹿力」の正体が、緊急時の筋肉のリミッター解除にあるとされますが、同じような事が脳についてもいわれていて、脳も普段は30%程度しか稼動していないと思われています。

 使っていない部分を活性化する事ができれば、どれだけ頭が良くなるのだろう。100%を出し切ると筋肉みたいな危険性があるのかなどと思えてくるのですが、残念ながら脳は常に100%使われてるとされます。

 fMRI(磁気共鳴機能画像法)と脳波を組み合わせて脳の状態を計測すると、何もしていない、何も考えていない時でも脳内のネットワークは激しく交信し、稼動している事が確認できるとされます。

 脳を稼働させる必要がない時に脳が何のために激しく稼動しているかについては、今のところ明確にはされていませんが、短期記憶の整理や次に来る情報を高速に処理するために稼動を続けていると考えられています。

 脳に怠けている部位がない事の証明として、何らかの障害が脳に生じた場合、失われた部位が対応していた身体機能に支障が生じることからも明らかで、30%程度しか稼動していないのであれば70%という高い確率で後遺症を逃れる事ができる事になります。

 常に100%稼動しているという事で、もう余力はないのかと思えてくるのですが、考え方や発想法の整理で効率化する事は大いに可能という事なので、怠けてはいないにしても脳は鍛える余地があるのかもしれません。


プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR