第2542回 健康の印



 食に関してある程度の知識があると思われてしまうと、よく食べられる物がなくなってしまうでしょう、どのような判断基準で食品をえらんでいますかといった事をいわれてしまいます。食品を選ぶ際は裏面の成分表示を事細かく眺め、自分なりの独自基準で安全を判断したり、食品の組み合わせを考えて危険を回避しているといったイメージを持たれている事が感じられるのですが、案外、大雑把に賞味期限さえ気にせず食品を選んだりしています。

 食に対する安全意識の高さは、食の安全確保に関する質問を受けてしまう事や食の危険性に警鐘を鳴らす本の売上を見ても相変わらず高い水準にある事が判ります。

 そうした安全意識の高まりを受けて、新たに厚生労働省は来年の4月からコンビニエンスストアやスーパーの総菜売り場の弁当や持ち帰り総菜に対して「健康な食事」として認証マークを導入する事を発表しています。かねてより安全性を疑問視する声が多かったコンビニの弁当に対する健康の認証という事で、どのような動きに繋がっていくのかと気になっています。

 コンビニの弁当に関しては、以前、健康志向の高まりを受けて食品添加物の使用を極力控えるという取り組みが行われた事があったのですが、合成着色料を使用していない弁当は美味しそうな色合いを出す事ができないために、それまでに比べて2割も売り上げを落としてしまい、やむなく元のように着色料を使用するようになったという事があり、一概に提供する側だけの問題ではなく、選ぶ側にも現状に関する責任があり、健康な食事の認定マークはそれをどのように変える事ができるのかと考えてしまいます。

 健康な食事の認証機関である厚生労働省であれば対象となる弁当や総菜の中にどれだけの食品添加物が含まれ、どのような状況下で製造されているのかを把握できるはずです。その中からどのような基準が作られ、健康のために何が失われるのか、それとも売上のためにどれだけ健康へのリスクが残されるのか、それだけでもとても難しい問題に思えてきます。

 実際に健康に繋がるように食品添加物を排したり、手間暇を惜しまず調理された場合、それなりの価格になってしまう事や色合いが美味しそうに見えない、味が薄味で物足りない、日持ちがしないといった事を消費者がどのように受け止めるのか、それが求められているようで、初めて認証シールを見掛けた時に複雑な心境になってしまいそうと、今のうちから考えてしまっています。


スポンサーサイト

第2541回 更に古く



 先日、西アフリカへの渡航歴がある男性に発熱が見られたとして、日本初のエボラウィルス感染者かという騒ぎになり、結局、ウィルス感染に関しては陰性という事で一安心しています。

 エボラウィルスの感染に関しては、発症した患者の血液や体液に触れるという限定的なもので、空気感染ではない事、感染者が発症していなければ新たな感染が起こらない事、発症から自由な行動が不可能となり死に至るまでが短く、あまり多くの人に触れる機会が少ない事から本来は感染の可能性は低いウィルスという評価で、現場での医療体制や理解が充分であればそれほど感染が拡大する事はないといわれていましたが、アメリカでの国内感染の例を見るとそれほど安心できるものではないと思えてきます。

 新たな研究によってエボラウィルスの仲間が誕生したのは2300万~1600万年前の事とされていて、今後、進化の過程や宿主の解明が進めばワクチンや治療薬の開発、感染予防策などの開発や別な視点からの対処法の発見に繋がる事が期待できます。

 エボラウィルスをはじめ、症状が似ているマールブルグ病のウィルスなどは「フイロウィルス」の仲間に含まれ、これまでフイロウィルスは農耕が普及し始めた1万年前に登場した可能性が高いとされていました。

 今回の研究結果はその見方を大きく覆す事になり、人類の発症を遥かに上回る歴史をフイロウィルスは持つ事になります。遺伝子のゲノム(全遺伝情報)には進化の過程が組み込まれている事に着目した今回の研究では、フイロウィルスのゲノムにはハムスター2種とハタネズミ2種のゲノムが組み込まれており、両者が進化によって分かれる前にそのゲノムが組み込まれたと考えられています。

 ハムスターとハタネズミが分化するのが2300万~1600万年前とされる事から、フイロウィルスははその前から存在し、未分化のハムスターやハタネズミからそのゲノムを獲得した可能性が高いと結論付けられています。

 それだけ古くから存在していたフイロウィルスですが、マールブルグ病は1967年、エボラ出血熱は1976年に初めての患者が確認されるという随分と後の事になっています。その間、両ウィルスとも深いジャングルの森の中に潜んでいて、人による開発の手が及んで始めて表舞台に出てきたという自然破壊への地雷を踏んでしまった感じがして、自然の怖ろしさを改めて感じてしまいます。


第2540回 植物性?動物性?



 最近では春だけでなく秋の花粉症も話題になる事が多く、季節の変化と共に憂鬱な思いを抱える人も増えてきているのではと思えます。花粉症などのアレルギー反応は自己の免疫が関わっている事から、免疫の素の一つでもある腸内細菌の状態を整えるという事で、「菌活」という言葉も聞かれるようになってきています。

 菌活は乳酸菌の摂取が中心となる事から、ヨーグルト関連の製品が主流となり、効能別に菌株をアルファベットや数字などで示した製品が販売されていて、製品イメージや美味しさ以外にも菌を選択するという選び方もできるようになってきています。

 そんな乳酸菌選びの中に、かねてより有効性が示唆されながら菌活に名前が上がっていなかった乳酸菌が、この冬、加わりそうだといわれています。その乳酸菌の名は「ラブレ菌」で、ヨーグルトではなく京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けから日本人の手によって発見された乳酸菌です。

 乳酸菌はその棲息環境によって牛乳などの動物由来の物の中で繁殖する「動物性乳酸菌」と、漬物などの植物由来の物の中に棲息する「植物性乳酸菌」に分けて語られる事があります。漬物から発見されたラブレ菌は植物性乳酸菌の代表的な存在であり、牛乳を発酵させるという乳酸菌のイメージを一変させたという事もできます。

 植物由来の物はヘルシーで動物由来の物はそうではないといったイメージがある事から、植物性乳酸菌の方がヘルシーであるといった意見や、植物性乳酸菌は漬物という殺菌力に溢れた塩に囲まれても生き続ける事から強い乳酸菌であり、生きて腸へと届くという事を聞かされる事がありますが、あくまでも乳酸菌は菌類であり植物ではない事や、塩によって競合となる細菌の棲息を抑えてもらっている事を考えると一概にはどちらが優れているともいえないように思えてきます。

 そんな植物性乳酸菌のラブレ菌ですが、今回注目されそうなきっかけとなったのは、某大手メーカーによる研究で、ラブレ菌を接種しておく事でインフルエンザに感染する確立を大幅に軽減できたという結果が得られたそうで、秋の花粉症が一段落すると急に心配になってくるインフルエンザへの備えとして名前を聞く機会が増えそうに思えてきます。

 細菌では腸内細菌は消化や免疫だけでなく、メンタルな部分にも深く関わっている事がいわれるようになり、菌活の重要性はこれからさらに盛り上がりそうな気がしています。乳酸菌に納豆菌、酵母とこれからも何かとお世話になる事は必至と思っています。


 

第2539回 月の柄



 以前、中国の人に月には恥ずかしがり屋の天女がいると聞かされた事があり、少し離れただけでも日本のうさぎとは違いが出てくるのだと思った事があります。月の表面の模様は地域によってカニになったり、悪魔になったりとさまざまな違いがあり、それぞれに物語があって興味深く思えてきます。

 月の表面の模様を見て、何らかの意味がある形のように感じるのは脳の機能の一部とされ、何でもない模様が顔に見えたりするという経験は誰にでもあり、そうした現象は「パレイドリア効果」と呼ばれています。

 ほとんどの心霊写真はパレイドリア効果の産物といわれ、本来であれば何の意味もない模様が顔や体の一部のように見えてしまい、改めて意味を考えてしまう事で怪奇現象として受け取られてしまいます。

 コンピューターを使って丸や三角などの図形を無作為に表示して、被験者に何か意味がある形が表示されたか尋ねてみると、ほぼ半数の被験者が意味のない図形に意味があるものを見たと思っていたという結果も得られていて、パレイドリア効果が極めて日常的な事である事が判ります。

 パレイドリア効果が起こっている際の脳の働きをfMRI(機能的磁気共鳴画像)を使って観察すると、意味がある図形を見てその意味を解釈する際に使われる分野と同じ箇所が活動している事が判ってきています。

 人間は独り立ちするまでに随分と時間が掛かり、その間、誰かの保護下にいる必要があります。顔面認証を的確に行う事で保護者を正しく認識し、安全を確保できる事から、パレイドリア効果はその一環のようにも思えます。そうなると大人には不要な機能のようにも思えますが、それによって月の表面に物語が生まれ、怪奇現象にドキドキするという事を考えると意外なほど人生を豊かにしてくれているようにも思えてきます。


第2538回 二つの太陽



 SF小説が好きで、小説を読んだり映画化されたものを見たりするのですが、遠い宇宙の彼方という設定で二つの太陽を持つ星が登場したりして、地球とは大きく異なる環境のように思えます。太陽が二つある事で日中と夜間の寒暖の差が大きい砂漠のような世界観が描かれる事が多いのですが、実際に太陽が二つある場合、どのような世界になるのだろうと考えてしまいます。

 太陽を厳密に定義すると惑星はその引力の影響下に置かれる事から、二つの太陽を持つという事はかなり難しい状態である事が考えられます。一つであれば単純に引力と遠心力のバランスだけで太陽の周りを回っていれば良いのですが、それが二つとなると円軌道を採る事自体が難しくなってしまいます。

 そのためかつては惑星が太陽を二つ持つ事は不可能と考えられ、二つの太陽からの変化し続ける引力という不安定な力のために、惑星は遠心力によって宇宙の彼方へ飛ばされてしまうか、どちらか片方の太陽に墜落してしまうしかないとされていました。

 しかし、2011年にケプラー宇宙望遠鏡を使った観測の結果、連星系ケプラー16Aとケプラー16Bという二つの太陽を重心として公転する惑星の存在が確認され、二つの太陽を持つ星が存在する事が明らかにされています。

 二つの太陽を持つ星は、地球と太陽の距離よりも少しだけ太陽に近い位置を229日という公転周期で回っており、惑星に生命体が存在できる軌道の範囲のほぼ外側の端にあるとされます。

 表面温度は-100度ほどとの事なので、二つの太陽による灼熱の砂漠ではなさそうですが、かなり過酷な環境のようにも思えます。二つの太陽による夜明けと夕焼け、少しだけ見てみたいように思えます。


 

第2537回 ササニシキへ



 以前、よく行っていたドライブコースの途中にメロンをテーマとした道の駅があります。周辺の農家が栽培しているメロンを使った町興しの一環だったのかもしれませんが、その地域で栽培される米が全国の品評会で何度も最高の賞を受賞するようになってからは、メロンよりも上質の米の方が中心になってきているように思えます。

 米というとかつてはコシヒカリとササニシキが2大ブランドとして不動の地位を築き、それ以外のブランド米はコスト面から選択されるようなイメージがあり、特に米作りに適さない気候の地域のブランドは生産性重視で味は二の次という印象でした。

 それが各地域で生産されるブランド米の品種改良が進み、品質が向上して目新しいブランド名が高評価を受ける事も珍しくなくなってきています。米どころの秋田や新潟には敵わないと思っていた熊本の米が最高の評価を受けたのも、そうした品種改良の賜物という事ができ、新しいブランドの登場を楽しく眺めています。

 そうした各地の群雄割拠の中、ササニシキの名前を聞かなくなって久しく思えてきます。以前は美味しい米というアンケートを取るとコシヒカリに次いでササニシキという回答が得られていたものが、最近では不動のコシヒカリに次ぐのは各地のブランド米となり、ササニシキの名前は上位から消えてしまっています。

 意外な感じがしますがかつての両雄、コシヒカリとササニシキは「農林1号」と「農林22号」という共通の親を持っています。いわば兄弟ともいうべきコシヒカリとササニシキですが、親から受け継いだ形質には違いがあり、コシヒカリは強めの粘りと甘味を、ササニシキは弱めの粘りと上品な甘さを受け継いでいます。

 最近の日本人は米に対し粘りと甘味を求める傾向が強い事からササニシキの評価が下がってしまった事や、1993年の冷害以降、寒さに弱いササニシキよりも寒さに強いひとめぼれなどの品種へ生産の主流が移ってしまった事が、今日ササニシキを見掛けなくなった理由といわれます。

 最盛期には20万ヘクタールもあったとされるササニシキの作付面積は3000ヘクタールに激減しているとわれ、このままではササニシキが完全に姿を消してしまうのではという危機感を覚えたりもするのですが、寿司職人の間では適度な粘り気とネタの美味しさを引き立てる上品な味わいが高く評価されていて、今後も需要はあり続けるとはいわれていて、少し安心してしまいます。

 主張し過ぎない食感と一緒に食べるおかずの美味しさを引き立たせる適度な味わいは、主食に求められる大事な要素と思えます。その点ではササニシキは優れていて、いずれササニシキの復活もあればと願ってしまうのですが、急速に米離れが進む昨今、主食の在り方を追求するより消費者の人気を得る事の方が大切なのかもしれません。


第2536回 サングラスの訳



 世界的に高名なロックスターが先日、サングラスに関する質問を受けていました。あまり興味がなかった事から若い頃のライブ映像しか見た事がなく、鋭い眼光のイメージが強くて、サングラス姿はそれほど見掛けた印象はないのですが、常にサングラスを外さない事で知られていたそうで、その事についての質問となっていました。

 質問の答えとして、サングラスを外さない理由はかなり早くから緑内障を患っていたからという意外な回答で、これほど成功を収めたロックスターでも緑内障を患ってしまうという事に驚いてしまいました。

 緑内障は眼球内の圧力である眼圧が高まって、内側から圧迫された網膜の視神経が損傷してしまう事で視野に欠けが生じる疾患で、最悪の場合、失明してしまう怖ろしい眼病となっています。

 視神経を損傷させる眼圧の高さには個人差があり、その人にとって高い眼圧が症状を引き起こす事から、一概に数値的な設定をする事ができず、正常値と考えられている眼圧内でも症状が生じてしまう正常眼圧緑内障の存在は、緑内障への対処の難しさを感じさせてくれます。

 一度損傷してしまった視神経は治療しても元に戻す事ができないため、普段から目に負担を掛ける事が多い身としては、視野に欠けが生じていないか片目ずつ確認して早期発見に努めなければと思っています。

 医師に聞かされたところでは、緑内障はそれほど怖れるべき疾患ではなく、適切な治療を行っていれば失った視野を回復させる事はできなくても、それ以上、症状を進行させる事はないといいます。

 アレルギー疾患の際に名前を聞くようなプロスタグランジン関連薬やベータ遮断薬、交感神経刺激薬などの飲み薬を使って眼圧を下げたり、レーザー治療や手術などによって積極的な措置を施したりと選択の幅は広がっていて、複合的に行う事で高い効果が上がっているともいわれます。

 毎日の点眼が中心となるそうですが、現状を5年、10年と維持する事も難しくなくなってきているそうで、ロックスターも治療によって良い状態になっていると告白していた事からも、少しずつ緑内障を取り巻く事情も変わってきていると思え、早期発見さえできればそれほど怖れる事はなくなったのかもしれないと、少しだけ安心しています。


 

第2535回 コーヒー美容



 ポリフェノールというと多くの食材の効能の素となっていて、とても体に良いものという感じがしてきます。一言でポリフェノールといってもさまざまな種類があり、タンニンやアントシアニン、カテキンなどもポリフェノールの一種である事から、非常にその働きは複雑なもののようにも思えてきます。

 そんなポリフェノールの中で、最近多くの効能を持つ事で注目を集めているものの一つにクロロゲン酸があると思います。クロロゲン酸はコーヒーに含まれるポリフェノールで、コーヒーの風味や色合い、苦味の素としてだけでなく、脂肪の燃焼作用や血圧の安定作用などがいわれていましたが、美肌効果もある事が知られるようになってきています。

 紫外線を浴びると体は自らを守るために、表皮角化細胞の色素細胞にメラニンを作る指令を出します。日焼けによって肌の色が黒くなるのはそのためで、通常であれば肌が黒く変色しても表皮角化細胞からの命令がなくなるとメラニンは作られなくなり、やがて新陳代謝によって角質がはがれ落ちて肌は本来の色に戻る事ができます。

 長年、紫外線を浴び続けた表皮角化細胞は遺伝子に損傷を受けてしまい、日光の有無に関わらずメラニンを作るように誤った指令を出し続けてしまうようになってしまいます。その状態が肌の一部で起こってしまっているのがシミと考えられ、光による老化の一環とされています。

 クロロゲン酸はメラニンを作るように出される誤った指令をブロックし、色素細胞が作り出したメラニンが表皮角化細胞へ受け渡されるルートを遮断する働きがあるとされ、二段階にシミの発生を抑えると考えられています。

 日常的にコーヒーをよく飲んでいる人はシミが少ないという意見もありますが、身の回りの自称コーヒー通はゴルファーが多く、日光を人より多く浴びているためか、あまり肌の状態が良い印象はありません。クロロゲン酸に限らずコーヒーには多くのポリフェノール類が含まれ、ある調査では日本人が摂取するポリフェノール類の半数はコーヒーを通して摂取しているともいわれます。美味しく接する事で健康作りに役立つというのは、何より良い事と思えます。


第2534回 シリカの効用



 三大栄養素と呼ばれるタンパク質、糖質、脂質に比べると、どこか地味な印象があるミネラル類ですが、ビタミン同様、少量でも生命や健康の維持に欠かせない重要な働きを持っています。

 特に重要度が高いミネラル類は必須ミネラルとして16種が指定されていますが、生体内の微量元素に関する専門家の間では43種類ものミネラル類が必須かそれに近い状態にあると考えられているともいわれ、ミネラル類の重要性を伺う事ができます。

 必須ミネラルには加えられておらず、ミネラル類としてあまり意識する事もないのですが、今後注目を浴びそうなミネラル類として「シリカ」がいわれるようになってきています。

 シリカとはケイ素の事で、地球上では非常にありふれた元素であり、地球の表面の約6割はシリカを含む鉱物によって構成されているともいわれます。人の体内では毛髪や爪、血管、骨、関節などに含まれ、特に骨を構成する細胞には多く含まれています。

 免疫力に影響を与えたり、コラーゲンの再生や状態を良くする働きがある事が示唆されていましたが、シリカの働きに関する研究は充分に行われてはおらず、重要性を含めあまり知られていない状態となっていました。

 そんなシリカに注目が集まるきっかけとなったのは、シリカの摂取によって骨密度が改善される事が判り、日常的にシリカの摂る事によって骨粗鬆症を予防できる可能性が期待され、その後の研究でシリカがアンチエイジングの高い効果を持つ事が知られるようになってきています。

 皮膚のたるみやシワ、関節が動かしにくくなる、爪が弱くなるといった加齢現象にはコラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸などのムコ多糖類の減少が大きく関わっているとされ、ムコ多糖類の減少にはシリカ不足が原因となっているとも指摘されます。

 それ以外にも動脈硬化の抑制や糖尿病発症のリスク低下などもいわれるようになり、今後、研究が進むにつれてその重要性が注目される事になりそうに思えます。

 シリカはバナナに多く含まれている事が知られていますが、含まれている食品によって吸収率に差が生じるとの事で、含有量と吸収率から合理的に摂取できる食材を選ぶ必要があります。米は含有量こそ少ないのですが吸収率が高く、日本人は米を通して必要なシリカを摂取していたともいわれます。米離れがいわれる中、シリカ不足の人が増えているのではとも思えます。


第2533回 腰痛新説



 最近、白い犬がスイカを持ってぎっくり腰になってしまうというCMが放映されていました。身近なところでは、知り合いの若い女性が部屋を片付けようとして数冊の本の束を持ち上げた際にぎっくり腰を起こしたという話を聞かされ、持ち上げようとした荷物の重さや性別、年齢など関係なくぎっくり腰は突然やってくるものだと思えます。

 父親も何度かぎっくり腰を経験しているらしく、突然激しい痛みを伴うと聞かされているので、重い荷物を持ち上げる際などには腰の部分を意識するようにしていて、今のところ経験する事なく無事に過ごせています。

 ぎっくり腰になってしまったら、まず一番痛みが和らぐ姿勢を探し、その姿勢で痛みが治まるのを待って、その後は安静にするといわれていました。新たな研究によるとそれは間違いであり、安静に過ごす事で再発率が高まったり、悪化や慢性化を助長してしまう可能性がある事が判ってきています。

 ぎっくり腰を起こして受診した人で、安静にするように指示を受けた患者と可能な範囲で活動をするように指示された患者の間では、翌年の再発率に3倍以上もの開きがあり、安静に過ごす事で体を動かさなくなり、脊椎や筋肉の柔軟性が失われる事が高い再発率に繋がったり、腰痛の慢性化を引き起こしたりていると考えられます。

 そのため無理のない範囲で普段と変わらない生活を送る事が望ましく、安静にするにしても2日以内に留めておく事が後の経過のためには良いとされ、痛みが和らぐ姿勢で痛みが治まるのを待ち、その後は入浴などで筋肉を温め、軽いストレッチなどで筋肉の柔軟性を高めておく事が早い回復に繋がるともいわれます。

 以前、腰痛は怒りだという内容の本を見た事があるのですが、ストレスも慢性的な腰痛の原因となるといわれ、腰痛以外に睡眠障害や胃腸の不調も見られる場合、ストレスが原因となっている可能性が考えられる事から、好きな音楽を聞いたり、愚痴を聞いてもらうなどして痛みを抑える働きのあるドーパミンや、軽いウォーキングなどで心のバランスを整えるセロトニンの分泌を促す事で腰痛の軽減が図れるとされます。

 ストレスだけでも大変なのに腰痛まで加わるというのはたまったものではないと思えてくるのですが、ストレスに対して体が無理をしないように伝えているのかもしれないと思うと、現代人の多くが抱える腰痛の意味が少し解ったように思えてきます。


プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR