第2579回 塗る発電素材



 最近、南阿蘇村でも空き地に太陽電池パネルを設置して、発電を行っているミニ発電所が増えてきました。太陽電池は盛んに開発が行われており、日進月歩で発電効率の向上や製品価格の低下が見られている事から、発電の申請だけを売電価格が高く設定された期間に出しておき、製品価格が下がるのを待っていつまでも発電に着手しない事業者の存在が問題視されていた事もあり、少し遅れて開設された発電所は、太陽電池パネルの価格が下がるのを待っていたのかと考えたりしてしまいます。

 あまり商売といった事には無頓着なためか、一定の期間内に発電の登録を行わないと高額に固定された売電価格で電気を買い取ってもらえなくなる事は知っていたのですが、その期間内に申請を出しておき、太陽電池パネルの製品価格が下がるのを待って設備投資を抑えるという知恵は、最初に知った際はなるほどと思ってしまいました。

 先日、そんな待機事業所のうち用地の買収が完了していないなど、一部の申請を破棄するといった事が行われるという報道を聞いたのですが、もし可能ならば待っていた方が良いのではと思ってしまいそうになる技術が開発されてきています。

 これまで太陽電池パネルを作るには、高純度シリコンが素材として使われていました。高価な高純度シリコンに替わって、安価な「ペロブスカイト」が使用できる可能性が急激に高まってきています。

 当初、ペロブスカイトは、安価で葉あっても太陽電池としての電力変換率が非常に低く、素材としては適切ではないとされていたのですが、研究者の参入が相次ぎ、技術が飛躍的に進歩した事によって商用に用いられる太陽電池モジュールの変換能力に迫る変換効率を発揮するようになり、将来的な素材として注目を集めるようになってきています。

 ペロブスカイトとは結晶の構造を指す言葉で、地球上では比較的多く見られる構造となっています。有機と無機という性質の異なる素材をペロブスカイト構造で結晶化させる事によって半導体が得られ、半導体としての性質を使って太陽光を電気に変換させるのですが、ペロブスカイトの利点は基盤に塗り付けて乾かすだけで完成する事から、製造に要する手間も軽減できる事が考えられます。

 研究者によっては、かなり雑な塗り方をしてもきちんと性能を発揮してくれるという事で、製造のための設備投資の軽減も製品価格の低下に貢献するという意見も出されています。

 大きな面積のパネルとしての実用化や過酷な屋外の環境での信頼性、屋外の環境に長時間放置すると内部に存在するイオンが移動して性能が劣化する傾向があるといった克服すべき問題点は残されていますが、太陽光発電を身近なものにしてくれる技術として、実用化を待ちたいと思っています。



スポンサーサイト

第2578回 受験と時計



 年の瀬が迫ってくると、時間の流れが急に加速したような感覚と同時に、受験シーズンが本格化してきたという事をいろんな場所で聞かされ、受験生や受験生を持つ家庭は大変だという事を思ってしまいます。

 自分の時はどうだったのかと思い返してみる事もあるのですが、当時は「四当五落」といわれ、睡眠時間を4時間にまで切り詰めるほど勉強してはじめて志望校に合格でき、5時間も睡眠時間を確保するようでは合格できないとされる中、比較的のんびりと勉強していたようにも思えます。

 ちょうどその頃、脳生理学者が「憶えたい事があれば、直前までその事を勉強してさっさと練る事。睡眠中の脳の働きを利用して記憶するのが一番効率的」と話している事を聞き、それを実践する形でしっかり睡眠時間を確保していました。

 今では四当五落は迷信に過ぎず、しっかりと睡眠時間を確保した方が学習効率が良い事がいわれるようになり、勉強のやり方も変わってきているのではと考えています。

 最近、体内時計を正しくする事が健康の維持には不可欠といわれるようになってきましたが、同じ事は受験に関してもいう事ができ、体内時計の設定を正しくして必要な時に最大限のパフォーマンスを発揮できるようにする事が、受験を勝利に導くという事ができます。

 受験勉強を始めるようになると、どうしても夜の遅い時間まで頑張ってしまって、体内時計は夜型の方へとズレていってしまいます。一日を通して一番調整しやすい時間が睡眠時間なので、もう少しと考えているうちに遅くなってしまうのですが、試験は朝から始まる事を考えると、夜型では充分なパフォーマンスを発揮できない可能性がある事を考慮する必要があります。

 人は目が覚めてから3~4時間後頃に脳の働きがピークを迎えるので、少なくとも試験開始時間の3時間前までには起きる習慣を定着させ、体内時計と連動させます。体内時計は夜間も明るいなど、現代の環境ではズレを生じやすい事から、起きたら朝日のような明るい光を浴びるようにして、毎日、修正を行って正確に稼働するようにしておきます。

 また、休日に遅くまで寝る事は体内時計を狂わせる元になるので、休日も決まった時間には起きるようにして、試験が行われる時間には脳が活性化しているように習慣付けを行っておけば、より体内時計は味方をしてくれるようになります。

 そうして勉強した事にプラスして自分作りをしっかりとやっておけば、より有利に受験を戦う事ができると思います。あまり苦労した記憶がないからかもしれませんが、当時の事をお濃い返すと一つの事だけに集中すれば良いというのは幸せな事だったようにも思えます。年明け早々には試験も本格化してくる事とは思いますが、無理せず頑張ってくれたらと思っています。


第2577回 血液型別リスク



 よく行動を観察されて、「A型でしょう」といわれてしまう事があります。几帳面に見られてしまう事がそう思われてしまう理由のようですが、その実は意外と大雑把だったりします。

 血液型で人の行動パターンを判断する事をよく聞かされます。そうした事を気にするのは日本人だけと教えられた事があるのですが、血液は体中を巡り、生命の維持に欠かせない活動をしている事もあり、何らかの正確に影響を与える事はあるのではとも思えてきます。

 血液型による性格の違いを気にするのは日本人特有だとしても、血液型の違いによる病気への影響については世界中でさまざまな研究が行われており、先日もフランスで血液型の違いによる糖尿病の罹患率の違いが調査されていました。

 今回の研究は糖尿病のほとんどを占めるとされるインシュリンの分泌の低下や、インシュリンへの抵抗性によって糖をうまく処理できなくなる2型の糖尿病を対象に、フランス人の女性8万人の協力によって行われました。

 これまで血液型と糖尿病について検討を行う研究は行われてはいましたが、ほとんどは小規模なもので、ABO式にRh式を組み合わせた本格的なものは今回が初めてといわれ、1990年から2008年までの追跡調査とABO式血液型、Rh式血液型、両者を組み合せた血液型の3通りの糖尿病発症リスクの検討が行われています。

 研究の結果としてO型を基準とした場合、A型で1.10倍、B型で1.21倍、AB型は1.17倍となり、O型が最も糖尿病の発症リスクが低い事が判っています。

 そうしたABO式の血液型によるリスク検討にRh式を合せた場合、他の血液型へ輸血が可能な「万能供血者」のRhマイナスO型と比較すると、最も発症リスクが高いという結果が得られたのはRhプラスB型で、RhマイナスO型と比べて1.35倍。次いでRhプラスAB型の1.26倍、RhマイナスA型の1.22倍、RhプラスA型の1.17倍となり、RhマイナスB型とRhマイナスAB型には統計学的な差は見られなかったとされます。

 今回の研究は血液型の違いによる糖尿病の発症リスクの傾向を調べるものであったため、血液型によってリスクが変わる理由については不明となっていますが、血液型を決める遺伝子の影響や糖尿病の発症に関わる因子への関連、血液型による腸内細菌や代謝への影響などが理由として考えられていました。

 先日、「病は気から」という事について科学的な検証が行われていた事もあり、血液型による性格の違いが糖尿病の発症リスクに繋がっているのではと考えるのは日本人ゆえでしょうか。


第2576回 法制化と懸念



 年明け早々に飲食店における豚レバーの刺身の提供が法的に禁止されるというニュースに触れ、既に提供が禁止されている牛レバーの替わりに豚レバーをメニュー化する店が急増していたという事に驚いています。

 まだ調理をする事がなかった子供の頃から、豚肉にはしっかりと火を通すようにいわれていて、豚肉を生で食べるという発想は全くなかったのですが、最近ではそうした事を教える親がいなくなった事も豚のレバ刺しが急増した背景にあると解説されていました。

 豚の飼育や豚肉流通の安全性も高まり、SPF無菌豚という表示もそれほど珍しいものでもなくなって、昔ほど神経質に火を通して安全性を確保しなくてもよくなったのかもしれない事が、豚肉を生で食べる事の危険性を教えなくなった事に繋がったのかと考えながら、教えられて育った私もこだわりの焼き肉店などで、「今日はとても良いレバーが入りました。ぜひ刺身でどうぞ」と出されると、つい食べてしまうかもしれないと思っています。

 飲食店で出されるのだからと信用してリスクを忘れてしまう事や、親と一緒に危険性を理解しておらず、食中毒への抵抗力も低い子供も食べる事を考慮しての法制化だとは思うのですが、今回の、そして牛レバーの際の法制化についてはかねてより賛否両論がありました。

 豚のレバ刺しの提供拡大は牛のレバ刺しの提供が禁止された事によるもので、牛レバーを禁止した事によってよりリスクの高い豚レバーが使われるという結果になっています。豚レバーの禁止は同じ流れを生む可能性があり、猪や鹿などの野生動物のレバーが替わりに刺身として使われるようになる事も考えられます。

 牛や豚と違い猪や鹿は商業用の飼育や食肉加工といった部分が整備されておらず、生食する際のリスクは豚の比ではないという事も考えられ、害獣として駆除されたものが正規のメニューに掲載していない裏メニューとして販売されてしまう可能性もあります。

 「今朝、仕留めたばかりだから新鮮そのもの」として刺身で生食した場合、鮮度は確かでもE型肝炎ウィルスや寄生虫への感染リスクは存在します。危険だから法律で提供が禁止された。法律で禁止されていないから危険ではないといった意識が芽生える事は、さらに大きなリスクを生む事にも繋がりかねません。

 国民の健康と生命を守るために法的に制限を設ける事は大切ではあるのですが、単純に禁止してしまうのではなく生食用の素材の飼育方法や処理方法、処理施設や流通経路の安全管理などの整備と消費者への生で物を食べる事へのリスクの周知など、別な方向性が必要なのかもしれないと思えてきます。



第2575回 王とソラマメ



 お菓子作りの材料を販売する店で、小分けされた小さな袋の中に可愛い置時計を模した物が売られていました。手に取ると袋が傾いた際に中身が偏り、それぞれが軽くぶつかり合ってとても硬そうな音を立てたので、当初は精巧に作られた飴細工科と思ったのですが、袋のラベルに「フェーブ」と書かれていた事から、年明け早々の1月6日、キリスト教の祝日である公現節に食べられるお菓子、「ガレット・デ・ロア」の材料である事が判ります。

 救い主の顕現を記念する日とも主の洗礼を記念する日ともいわれる公現節の食卓に登場するガレット・デ・ロアは、紙で作られた王冠が乗せられたアーモンドクリーム入りのパイで、中に小さな陶器製のフェーブと呼ばれる人形などが入れられています。

 伝統的には家族が集まった中で一番小さい子供が目隠しをされ、大人が切り分けたガレット・デ・ロアを誰に配るのか指名させます。子供の指名によって配られた物をそれぞれが食べ、中からフェーブが出てきた人は王冠を被って祝福され、一年間の幸運が継続するといわれていました。

 かつてはフェーブは、その名の通りソラマメが使われていましたが、1870年に陶器製の人形が作られるようになると陶器のフェーブが主流となっています。地域によってはコインが使われる事もあるそうですが、どのようなフェーブが出てくるのかという楽しみもある事から陶器製のフェーブの方が良いようにも思えます。

 占いの意味も含めて娯楽性を高めたガレット・デ・ロアを作る地域もあり、中に指輪とコイン、ぼろ布を入れておいて、指輪に当たった人は年内に結婚し、コインに当たった人は金持ちになる。ぼろ布に当たった人は貧乏が続くという人生ゲームのような物も見られています。

 アメリカで謝肉祭の最終日に焼かれるキングケーキもルーツはガレット・デ・ロアにあるとされ、中に小さなおもちゃを入れておき、それに当たると家族に祝福される事や、おもちゃには誕生間もないイエス・キリストをイメージした赤ん坊が使われる事が多い事にもガレット・デ・ロアとの関連性を見る事ができます。

 オーストリアで焼かれる「ケーニヒスクーヘン」もガレット・デ・ロアに通じる物とされ、「王の焼き菓子」という名前の意味にもキングやロア(王)との共通点を見付ける事ができます。

 王、本来は王たちには、イエス・キリストの誕生を祝福に来た東方の三博士の意味があるとされ、王冠が用意はされますが王様ではなく博士たちが主役の焼き菓子となっています。

 以前、よく前を通っていた教会では、今頃のj気になるとイエス・キリストの誕生にまつわる場面を再現した人形が飾られていました。その中に東方の三博士の姿もあり、ガレット・デ・ロアを見掛けるたびに、その場面を懐かしく思い出してしまいます。



第2574回 7日の秘密



 新しい一週間が始まる月曜日の朝はジャスミンティーを淹れるようにしています。これといったこだわりがある訳ではないのですが、新しい一週間の始まりという事を自分に知らせたり、少しだけ気分転換という意味でそうしています。

 月曜から始まり、日曜に終わる一週間ですが、子供の頃、国によっては日曜から始まり土曜に終わる一週間もあると聞かされた事があるのですが、旧約聖書に神は一週間でこの世界を作り、最終日は休んだと書かれている事から、旧約聖書の影響下にある多くの国では休日となる日曜が一週間の終わりではないかと思っています。

 月曜から日曜への7日間が一週間ですが、何故、7日間なのだろうと不思議に思えてきます。一年という時間の単位は長過ぎるので、それを12分割して1月とし、それをさらに分割して一週間としたという流れは理解できるのですが、一カ月の30日、または31日と7日間の関連性は薄く、一年の365日にしても7で割るより8で割った方が小数点以下が少ない数字となっています。

 一日という単位はわずかにズレがあるにしても太陽が最も高い位置に上り、また同じ位置に上るまでの時間なので確定的なものとなっています。それを365回繰り返せば一年となるのですが、365日という公転周期の間には地軸の傾きによって季節が存在する事となり、環境が季節の影響を受ける以上、その周期の把握は重要な事となって来ます。

 特に農耕を行うようになってからは一年の変化を詳細に知る暦の存在は重要となり、多くの古代遺跡に春分の日と秋分の日を知るための工夫が見られ、暦を把握する事がどれだけ重要であったのかを伺う事ができます。

 やがて人類は、神聖な施設で神官によって始まりの時を知らせてもらう一年よりも、もっと身近で短い単位で時を管理する方法に気付き、世界中の多くの場所で月の満ち欠けを使って一月を計る「太陰暦」が自然発生的に成立し、採用されます。

 月は約27.7日の周期で地球の周りを周回しているのですが、地上から見る月の満ち欠けはそれに地球の動きの影響が加わり、29.5日で一つの周期となっています。そのため太陰暦では29日を一月とするのですが、それよりももう少し短い単位で時間を管理するために一月を四分割し、7日間の一週間が誕生しています。

 7日間のそれぞれの日に当時知られていた太陽系内の惑星の名前が割り振られ、今日の馴染み深い一週間として定着していくのですが、唯一惑星ではない月の名前が使われた日から一週間が始まるというのも月の存在感ゆえと思えてきます。



第2573回 カカオ不足



 先日、世界的なチョコレートの大手メーカーから、世界規模で急速にチョコレートの消費が増加していて、このままでは2020年にはチョコレートが世界から消えてしまうかもしれないというショッキングな発表が行われていました。

 人生にチョコレートは欠かせないと思っている身としては、非常に驚くべき事であり、2020年というあまりにも近い未来の事なので、これからチョコレートの高騰や品切れに悩まされるのかと暗澹たる気持ちになってきます。

 以前、別なメーカーが開いたチョコレートに関するセミナーに参加した際、某大手メーカーの製品の品質低下に関する言及があり、その場でも良質のカカオが不足してきている事が原因の一つとして上げられていました。

 その某大手メーカーの製品は高価ではあるのですが品質が良く、洋菓子店の裏方を覗いた際、そのメーカーの袋が見えると原料にこだわった良い店と思えるほどで、洋菓子店選びの一つの目安ともなっていました。

 そうした思い込みがあるためかそのメーカーの製品を使用する店が増え、拡大する注文に対応するために手を広げ過ぎた事がチョコレートの風味を決める重要なフレーバービーンズの確保を難しくしていて、そのために以前のような品質を維持できなくなったと聞かされ、どちらかというと原料の供給というよりメーカーの事情という感じがしていて、それほど深刻な問題とは思えずにいました。

 その後、チョコレートの危機を聞いたのはエボラ出血熱の流行拡大に関するもので、世界的な産地となっているコートジボワールを中心としたアフリカ西岸での大規模な流行の可能性があり、カカオの産地に飛び火するのも時間の問題と聞かされています。

 生産地で感染が拡大すればカカオの栽培に影響が出るだけでなく、収穫後に行われるカカオの風味付けに重要な発酵などの作業にも滞りが出てしまいかねず、カカオの品質低下や収量不足に繋がってしまう事も考えられます。

 そうしたカカオの将来的な不安に合せるように生産地の拡大も図られていて、マレーシアやベトナムなどでもカカオの生産が行われ、高い品質の製品ができつつあるともいわれます。

 今回の発表にように世界からチョコレートが消えてしまうという事はないとは思うのですが、身近なお菓子でなくなってしまうという事もとても寂しく思え、生産地の拡大や栽培技術の向上などによっていつまでもチョコレートは子供たちの身近な存在であってほしいと願ってしまいます。



 

第2572回 変わるダイエット



 ダイエットの手法は次から次へと新手のものが登場する事でも知られていますが、糖質制限ダイエット以降、大きく方向性が変わってしまったように思えます。

 食事の満足感を確保しながらダイエットを行う場合、かつては主食を多く摂る事で食べた量の割にはカロリーを抑えるという考え方もありましたが、今日では主食は血糖値の急な上昇を促すものとして減らしたり、食物繊維を多く含む物を食べた後にすような考え方に変わってきています。

 油分に関してもカロリーを上げて脂肪を増やす物として極力減らす事が良いとされていたものが、必須脂肪酸が不足すると代謝が下がってしまい痩せにくい体になってしまう事から、良質な油分は必要であり、不自然に減らなさい事が大切ともいわれてきています。

 肉類に対する考え方も変わってきて、高タンパク低脂肪でヘルシーな肉の代名詞ともなっていたささ身に対し、牛肉の方がタンパク質を消化吸収する際に必要となるカルニチンを多く含む事から、タンパク質の利用度や必須アミノ酸の量などの点でダイエット向きという意見も出てきています。

 人類が誕生して農耕によって炭水化物を中心とした食生活を行うようになってからは歴史が浅く、進化の過程を通して長い間続けてきたタンパク質を多く摂取する狩猟生活の方が自然な食であり、不慣れな炭水化物を多く摂る生活が健康を害する原因となっているともいわれます。

 時代と共に健康やダイエットの関する考え方が変化する事は考えられるのですが、時代は変わっても人はそれほど変わる訳ではないので、そろそろこれだけで充分という結論のようなものが見付からないかと考えてしまいます。


第2571回 何より黒く



 山を見ると木々に溢れ、緑一色に見えます。植物は葉緑素によって光を浴びる事で水と二酸化炭素からデンプンなど、養分となる有機物を作り出しています。そのため植物は緑色の光が好きで、緑色の光は光合成に最適なように思えるのですが、実は緑色は光合成には効率が悪い色で、植物は光合成に有効な赤い光を吸収して不要な緑色を反射しているので植物は緑色に見えています。

 そのような感じで私たちはその物の色と思って見ている色は、その物が光を受けて反射している光であるという事ができます。反射した光の波長によって色が決まるのですが、反射しない場合は黒い色として見える事になります。

 先日、今までで最も黒い物質として、「ベンタブラック」という物質が紹介されていました。ベンタブラックは可視光線の99.965%を窮するという性質から、これまで知られてきた物質の中では最も黒い物質とされ、垂直なナノチューブが無数うに並んだ森のような表面に光が当たると、反射する事なく捉えて深い森の中で何度も屈折させて、最終的には熱に変換してしまいます。

 そのためベンタブラックの画像を見ても、そこに何らかの物質があるというより、深い穴が空いているようにしか見えず、深い闇が奥に広がっているという印象しか得られません。

 ほとんどの光を吸収してしまう事から、不要な光を遮断するという用途に使えるとの事で、望遠鏡や赤外線カメラの性能を大きく向上させるといわれ、今後、応用範囲が拡大していく事が考えられます。

 暗室の壁にする事でより完璧な遮光が図れるので、映画館の壁や天井に設置しておくと映像が鮮明になるようにも思えます。事前に予備知識がないと壁の部分に漆黒の闇が広がっているようで、観客は落ち着いて映画を見るどころではなくなるかもしれませんが。


第2570回 潜むシミ



 以前、ある人からシミは長年頑張っている事に対して神様が与えてくれるご褒美だからと教えられた事があるのですが、なかなかその境地には達する事ができず、実年齢よりも年老いて見せてしまう大きな要因でもある事から、できればシミとは無縁でありたいと思ってしまいます。

 そう考えてはいても一定の年齢を境に一気にシミは増え始め、つい浴びてしまう生活紫外線の影響が蓄積されてきたのか、本格的な老化がそのくらいの年代を境に始まるのかといろいろな事を考えてしまいます。

 2000人以上を対象に行われた調査では、シミには2種類が存在し、目に見えるシミと外観上は目に見えない隠れシミが存在し、35歳くらいを境に目に見えるシミができる比率が増えていくといいます。

 また、35歳を境にシミができるスピードも増加する事が確認されていますが、35歳以前でもシミができていない訳ではなく、目に見えない隠れシミとして蓄積されていて、いずれそれが目に見えるシミへと変化するともいわれます。

 そのため35歳から一気にシミが増えるというより、35歳までにもシミは隠れシミとして準備されていて、それが表面化してくる事やそれまでは目に見えない状態で作られていたものが、目に見える形で作られるようになった事がシミが急増したと感じさせていて、早い時期からのケアの重要性を伺う事ができます。

 最近ではサプリメントや美白化粧品の登場してはいますが、一旦できるとなかなか消えないものでもあるので、まだまだ無縁と思えるうちから気にしておかなければならないものと思えてきて、いまさら遅いのかという諦めも出てきています。



プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR