FC2ブログ

第3053回 塩の効能



 健康のためには控えるべきもの、その一つに「塩分」が入る事は確実なように思えます。塩=塩化ナトリウムのナトリウムは水分を取り込む性質があり、血液中のナトリウム濃度が上昇すると水分量が多くなり、血液の量を増やして血圧を上げてしまうとされています。

 健康へのマイナスイメージが強いナトリウムですが、生命の維持には欠かす事ができない成分で、進化の過程においては充分に確保する事が難しかった事もあり、摂取したほぼ全量が吸収されるようになっています。

 そのため現代の生活ではナトリウムが過剰になる傾向があり、日頃から塩分を控える事が健康作りの第一歩とも考えられています。そんな塩分に意外な効能がある事が判ってきています。意外にも塩分はダイエットを助けてくれるという研究結果が発表されていました。

 最初の研究は2つのミッションで宇宙へ行く10名のロシア人宇宙飛行士を対象に、段階的に塩分量が異なる食事をしてもらって日常的な変化を見たところ、水分の摂取量が少ないにも関わらず最も多くの塩分を摂取したグループの尿の量が一番多いという事が判りました。

 同じ事をマウスを使った実験で再現すると、動物が塩分を多く摂ると新陳代謝に関わるホルモンの一種、糖質コルチコイドが分泌される事が観察されています。分泌された糖質コルチコイドは内分泌系や免疫系に影響を与え、脂肪と筋肉を分解して水分を産出する事が、宇宙飛行士やマウスが塩分を多く摂り、少ない水分摂取量なのに尿の量が増えた事のメカニズムと考えられます。

 塩分を摂り過ぎると喉が渇き、水分を多く摂取してしまいます。血液中のナトリウム濃度を下げるためと、尿を通じて排出しようとするためで、摂り過ぎた塩分対策には水が欠かせない事が判ります。その水分を体内で賄わなざるを得ない事から脂肪や筋肉が分解されるのですが、それには多くのエネルギーが必要とされます。

 その結果、さらにnエネルギー源となる脂肪が使われてしまう事から、ダイエット効果に繋がると考える事ができるのですが、やはり塩分の過剰摂取は健康への悪影響が考えられるだけでなく、体はエネルギーを確保するために食欲を高めるともいわれ、塩分ダイエットはあまりお薦めできないものと思えてきます。


 
スポンサーサイト

第3052回 制限の効果



 人にとって欠かせない栄養素というと、タンパク質、糖質、脂質が三大栄養素となっています。ダイエットの観点から長らく脂質は悪者視され、脂質の摂取を抑える事が健康的な食とされていました。

 ダイエットの主流が血糖値の上昇を抑える事に移ると、悪役は脂質から糖質へと代わり、糖質の摂取を抑えて血糖値の急激な上昇を引き起こさない事が、脂肪細胞の成長を抑えてダイエットを成功へと導くと考えられるようになっています。

 糖質の摂取量を抑える「糖質制限食」は、本来はダイエット法ではなく糖尿病の治療法として始まっています。2008年にイスラエルの研究チームによって中程度の肥満者や糖尿病の患者を対象とした研究が行われ、「低脂肪食」、野菜や豆類を中心とした「地中海食」「低炭水化物食」が及ぼす影響を調べたところ、「低炭水化物食」が最も血糖値の変化に関係している事が判り、糖尿病の食事療法の一環として糖質制限食が脚光を浴びる事となっています。

 2014年にはアメリカの糖尿病学会が発表している糖尿病臨床ガイドラインにも、「1型糖尿病と2型糖尿病を含むすべての糖尿病患者に糖質制限食が推奨される事が明記され、糖尿病患者にとって有効な食事療法となっている事が窺えます。

 しかし、2015年に発表された国立がん研究センターの研究では、40歳から69歳の男女6万人を5年に渡って追跡調査した結果として、女性は炭水化物の摂取量が少ないほど糖尿病を発症するリスクが低下した事に対し、男性では炭水化物の摂取量と糖尿病の発症リスクには関連が見られず、糖質制限食は治療法とはなっても予防法とはならない事が判ってきています。

 男性に限った事ではありますが、糖質制限が有効な予防法とならないとなると、今後も糖尿病の患者は増え続けていくのかと少々暗い未来を思ってしまいます。

 
プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR