FC2ブログ

第3123回 輸血の釣り餌



 好奇心が旺盛でいろんな事に興味を持ち、何事も楽しく思えてしまうせいで周りの人達から多趣味な人と思われているのですが、実は無趣味で何か良い趣味と出会えないかと、いつも探し続けています。

 そんなある日、釣り糸を巻き取るリールが機能に徹した形状や使われている金属パーツの光沢、メカニカルな動作などから美しく見えてしまい、リールを使う釣りを趣味にするのも良いかもと思ってしまった事があります。

 知り合いから聞かされる釣りの話も楽しそうに感じられたのですが、結局、幾つかの理由から釣りは私には向かないと思って断念しています。一番の理由は陽射しの降り注ぐ中で長時間を過ごすのが無理と思えた事ですが、同じくらい生餌に触れる事に抵抗がありました。

 数えるほどしかありませんが、子供の頃、父親に連れられて釣りに行った事があり、その際に見掛けたプラスティック製の筒形の容器に入れられたウジ虫にしか見えないドングリ虫やパックに入ったミミズなど、いまだに関わりたくないものとなっています。中でも苦手に思えるのがゴカイで、同じ生き物にしか見えないイソメと合わせ、触れるどころかそれを食べて釣られた魚に触れる事も辛いように思えます。

 釣りに関する記事を読んでみるとゴカイはとても良い餌とされ、多くの魚種に対して有効な万能餌といわれています。画像で見た感じでは違いがほとんど判らないゴカイとイソメですが、ゴカイの方が「食い」が良いとされ、その分、購入する際の単価も高くなっているのですが、弱い事から運搬や保存には気を使う必要があるとされます。

 私を釣りから遠ざけているゴカイですが、まだ未解明な部分も多く、最近になって日本に棲息しているゴカイも単一ではなく、ヤマトカワゴカイ、ヒメヤマトカワゴカイ、アリアケカワゴカイの3種に分類される事が判っています。そんなゴカイに関し、興味深い研究結果が得られており、やがてゴカイは単なる釣りの餌だけではない役割を担う事になるかもしれないと思えます。

 私たち人間は呼吸によって肺に取り込んだ空気中の酸素を吸収し、血液中に含まれているヘモグロビンを使って体中に酸素を運搬しています。人間の場合、ヘモグロビンは赤血球の中に含まれているのですが、ゴカイの場合、血液中に溶け込んで存在しているため、人間の血液と比べて40倍以上もの酸素を運搬する事ができるとされます。

 将来的にゴカイの血液を利用する事で、体中のさまざまな器官に効率よく多くの酸素を届ける事が可能になり、機能を活性化させる事で傷や疾病からの回復を早める事が可能となるかもしれません。凄い発見と思いながら、実用化された際は、できれば素が判らない製剤名にしてほしいと思ってしまいます。


 
スポンサーサイト



プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR