FC2ブログ

第2884回 ご心配お掛けしました。



 4月14日から熊本、大分で相次いだ地震、特にマグニチュード7.3を記録しました16日未明の本震によって被災する事となってしまいました。

 活発な火山活動を続ける阿蘇山に隣接した土地柄、いつかは何らかの災害を被る事になるのではという漠然とした不安は持っていて、最近の日本各地の火山情報には神経質になっていたのですが、火山ではなく活断層による震災に遭遇するという事はほとんど考えていなかったというのが実情となっていました。

 阪神淡路の大震災の折、日本中の活断層の存在が話題となり、熊本にも大地震を起こしそうな活断層がある事は聞かされていましたが、時の経過と共にその存在自体も忘れかけていた中での地震発生となりました。

 14日の前震の際は震源地となった益城町と南阿蘇村は間に俵山を挟むという位置関係にある事もあり、いつにない激しい揺れを感じながらそれほど大変な事態が起こったとも思えず、火山性の地震でない事を願うに留まっていました。

 臨時ニュースが地震の発生や各地の震度を伝えてくれ、益城町では震度7という強烈な揺れが発生した事や、熊本城の瓦や石垣の一部が崩れた事が伝えられましたが、その時までは大きな本震とその後も続く余震が徐々に収まっていき、突然に訪れた震災も収束へと向かうと思えました。

 しかし、16日の1時25分、14日と同じような感じで揺れが始まったと思うと急激に激しくなり、今回は前回のように中の食器が割れないように祈りながら食器棚を押さえる間もなく、食器棚の中からは激しくガラスが割れる音が聞こえ、一瞬のうちに停電して家の中が真っ暗になってしまいました。

 それだけの揺れにも関わらず、仏壇に常備していたロウソクを使った灯りで見える家の中は壁の数カ所にひびが入った程度で、何とか持ちこたえてくれた事が判りました。

 割れた食器の破片が散乱している事や、倒れた家具などで家の中でも自由には動けない事を考え、とりあえず近い窓から外に出てガスボンベの元栓を締め、二次被害が起こらないようにして家の中へと戻り、一夜を明かしました。

 翌朝、電池式のラジオが無事であった事から何とか置かれている状況を知る事ができたのですが、日常的に熊本市内へと移動するための2つのルート、阿蘇大橋と俵山トンネルが崩落して通行できない事を知り、とりあえず無事である事を身近な人に伝えなければと携帯電話が使えそうな場所へと車を走らせました。

 東海大学の阿蘇キャンパスがある地域は以前から他地域よりもインフラが整備されている事から、阿蘇大橋へと通じている県道を進んだのですが、途中から道路が割れて大きな段差ができていてそれ以上先に進む事ができなくなり、坂道を登り切って右に大きく曲がりながら下りはじめる地点で車を止め、見晴らしの良いその場所から辺りの景色を見ると、見慣れた阿蘇大橋は無くなり、近くの山からは斜面が大きく崩れて大量の土砂が国道を埋めていました。

 結局、携帯電話は使えず、電気も途絶えたまま数日を過ごす事となったのですが、幸いにも家が無事であった事から避難所での生活や多くの人に健康被害を及ぼす事となった車中泊を余儀なくされる事もなく今日を迎える事ができています。

 南阿蘇村の被害の大きさや一時的とはいえ完全に音信不通となってしまった事から、たくさんの方に心配をお掛けしてしまう事となり、何とお詫びしたものやらと思えてきます。復興へと向けては、これから多くの努力や忍耐を強いられる事とはなってしまいますが、ご心配や励ましの温かいお言葉をいただきました皆様にこの場を借りて御礼申し上げますと共に、無事でおります事をご報告申し上げます。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR