FC2ブログ

第2892回 巨大損失



 食中毒というと、かつては気温が高くなり始め、湿度も高い梅雨の時期が心配されていましたが、最近では冬場に多く見られるようになってきています。

 冬に食中毒が増えた最大の理由はノロウィルスの流行にあり、感染力が非常に高い事から一人の感染者から多くの二次感染が懸念され、患者数を増やす事となってしまいます。

 先日も熊本地震の避難所での感染が確認され、被災によるストレスで免疫力が低下した避難者の間で感染の拡大が心配されていました。

 日本では年間にノロウィルスによる胃腸炎の発生は100万人に上るとされ、全世界では7億人もの人がノロウィルスに感染し、病院へ通院したり休暇を取って療養したりしているとされます。

 米国、ジョンホプキンス大学公衆衛生学の研究グループによる試算では、ノロウィルスに感染して病院へ通院したり、仕事を休んだりした事による経済的損失は6兆円に上るとされ、激しい症状によって感染した本人が苦しむだけでなく、社会的にも大きな損失が生じている事が判ります。

 胃腸炎の治療のたけに使われる医療費だけでも全世界で年間に4500億円が使われているとされ、影響の大きさを覗う事ができ、感染を防ぐ事が如何に大切かという事を強く感じさせてくれます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR