FC2ブログ

第2901回 受動被害



 これまでも、そしてこれからもタバコとは無縁の人生が続くのだとは思いますが、全く縁がないのかというと、ヘビースモーカーだった父親の影響で受動喫煙はかなりのレベルにあると思えてきます。

 子供の頃、実家は狭かった事や二段ベッドの上の方に寝ていた事もあり、朝から一服する父親のタバコの煙でむせて目が覚めてしまうという事が何度もありました。

 子供心にもいい加減にしてほしいと思っていたのですが、大人になった今では回りに誰もタバコを吸う人がいない事から快適に過ごせています。

 それでもコンビニエンスストアの入口付近に設けられた灰皿でタバコを吸う人や、分煙が完全ではない店舗などでタバコの煙に遭遇してしまう事があり、受動喫煙がまだまだ身近な問題なのだと思えます。

 先日、そんな受動喫煙によって死亡する人の数が年間で1万5千人に達するという推計が厚生労働省の調査によって示されていました。厚生労働省の研究班による調査によると、非喫煙者で家族や職場の同僚が喫煙している場合、受動喫煙が原因となって死亡する人の数は1万5千人に上ると推計され、前回調査の2010年の6800人から倍増した事になります。

 大幅に死亡者数が増えた背景には、それまで受動喫煙が肺ガンや心筋梗塞などに因果関係があるとされていたものが、新たに脳卒中やSIDS(乳幼児突然死症候群)にも関わっている事が考慮されたためで、今後、死亡に繋がる疾患との因果関係が明らかになれば死亡者数の増加がみられる事が予想されます。

 オーストラリアでは2017年から4年間、毎年タバコの税率を12.5%ずつ引き上げる事が発表されていて、1箱2000円程度という世界屈指の高値が3200円程にまで引き上げられるといいます。日本ではどのような対策が行われるのか、縁がないにしても気になってしまいます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR