FC2ブログ

第3003回 日々のアルミ



 日々の生活の中、見掛けない日がないような物というと、その中の一つにアルミニウムがあると思います。アルミニウムは軽く、丈夫なだけでなく、薄く展ばせるという展性にも優れる事から多くの製品に使われて私たちの身の回りに多く存在しています。

 よくアルミニウムは錆びないと思われる事がありますが、実は錆びやすい金属ともいわれています。しかし、表面に錆びによって頑丈な酸化被膜が形成されるとそれ以上内側へは錆びが浸透しない事から、表面に強制的に酸化被膜を作ったアルマイトは錆びないと思われています。

 軽くて頑丈なイメージがあるアルミニウムですが、実は単体ではそれほど頑丈ではなく、他の金属を添加したアルミニウム合金という形で強さを作り出していて、身の回りにあるアルミニウム製品のほとんどが純粋なアルミニウムではなくアルミニウム合金によって作られています。

 ほとんどのアルミニウム製品がアルミニウム合金で作られていて、純粋なアルミニウムを見る事は稀なように思えてくるのですが、純粋なアルミニウムは意外と身近なところに存在していて、普段から身の回りにある貨幣の最小単位、一円玉は純粋なアルミニウムによって作られています。

 薄く延びる性質からアルミホイルとしても接しているのですが、先日、そんなアルミホイルでユニークな実験が行われていました。

 板状のガムなどの包み紙として使われている片側に紙が貼られたアルミホイルを使い、縦長の形状の真ん中付近の両側を切り取ってくびれがある状態にします。その両端に電池の両極を繋ぐと、真中のくびれて細くなった部分からすぐに火の手が上がり発火していました。

 身近なもので簡単にできる火起こしとの事だったのですが、緊急災害時、火があるかどうかで大きく状況が変化するともいわれます。多分、今後も使う事はないにしても、記憶しておくべき知識だと思って眺めていました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR