FC2ブログ

第3023回 覆る神話



 糖質制限ダイエットの登場でカロリーや脂質に関する考え方が一変したように、健康に関する考え方は時として大きく変化してしまう事があります。そんな中、これだけは揺るがないだろうと思っていた「減塩」に対する考え方が変わろうとしています。

 事の起こりは2013年にアメリカ医学研究所から出されたレポートで、それまで塩分の摂取を制限する事で血圧の低下が見られる事から、減塩する事は健康に有益とされてきましたが、実際に疾患予防に繋がっているのかについては検証されておらず、塩分摂取量を減らす事が病気を減らしているのか検証したものでした。

 その後、いきすぎた減塩が認知症のリスクを増大させたり、動脈硬化に繋がる事が指摘されるようになり、多くの研究が減塩が健康の増進に寄与しない事を示すようになります。

 特に2014年に発表された論文では、10万人以上の男女を対象に4年近くも追跡調査を行い、尿中に含まれるナトリウム量の計測から日常的な塩分の摂取量を計算し、塩分摂取と心血管疾患やそれが原因で死亡するリスクについての検証を行った結果として、一日に15g以上を摂取する塩分過多のグループではリスクが増大すると同時に7.5g以下の摂取量が少ないグループでもリスクが高まるという結果が報告されています。

 塩分の摂取量とリスクの高まりをグラフに描くと、少な過ぎる塩分摂取量は心血管疾患のリスクを高め、徐々に摂取量が増えるに従ってリスクが下がり、一日に13g程度を底にリスクは高まるようになり、アルファベットの「J」を横に広く書いたような曲線を描くようになります。

 そうした結果に対して、人間は元来、食肉や獲物の血液などから生命の維持に欠かせない塩分を得ていましたが、それらは非常に少ない事から塩分を体内に貯め込んでおく仕組みが発達していて、塩分が不足すると腎臓のセンサーが反応して塩分を体外に逃がさないように「レニン」を分泌してアンジオテンシンを活性化させます。アンジオテンシンには動脈硬化や臓器障害を高めてしまう副作用がある事から、減塩で健康リスクが高まってしまうという仮説が立てられています。

 ナトリウムは人にとって極めて重要な物質で、摂取量を制限する事で弊害が生じる事は当然という意見もあり、今後、健康維持には塩分を減らせば減らすほど良いという常識も覆る事となると思えます。減塩神話が揺らぐ中、何事もほどほどにという事だけは普遍的だと思ってしまいます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR