FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3029回 傘の歴史(3)



 東洋における傘の歴史は、古代の中国において始まります。当初は高貴な人に差し掛ける魔除けとして使われ、朝鮮半島を経由して日本へも伝えられています。

 日本に伝えられた傘は、平安時代には発達した製紙技術や竹細工の技術を取り込みながら独自の発展を見せ、室町時代には和紙に油を塗布する事で防水性が高められ、骨を支える「ろくろ」と呼ばれる部品の発明によって開閉性も確立されています。

 傘を専門に制作する職人も登場し、江戸時代に入る頃には各作業の分業化が進み、大量生産が可能となっています。よく時代劇に傘を貼る内職をしている「傘貼り浪人」が登場しますが、実際に多くの浪人たちを養うほどに傘を貼る仕事は存在していたといいます。

 日本は雨が多い事や和傘が紙で作られていて、布製の傘に比べて耐久性に劣るという事もあるのですが、江戸時代の絵画にも傘は多く登場していて、その当時から日常的な生活必需品として普及していた事が高い需要となっていたと見る事ができます。

 そうした高い需要を支えていたのは、竹製の頑丈な骨の再利用で、早くから和傘はリサイクルのシステム化が確立されていました。

 破損した傘は下取りされて貼られた紙が剥がされ、骨の状態によって新しく綺麗な「上物」、平均的な使用感の「中物」、傷んできている「廉価物」に分けられて傘貼りの内職へと渡されていました。

 また、広げられた傘が多くの人の目に触れる事に着目し、店の屋号が描かれた傘を無料で貸し出す事で宣伝効果を得る事も行われていて、傘は安価に利用できる身近なものという意識が早くから定着していきます。

 その後、明治維新を迎えて鎖国が解かれると、洋傘が導入されて和傘は急速に廃れていきます。世界に類を見ない傘のリサイクルシステムも同時に失われてしまうのですが、合理的な分業による大量生産とリサイクルの伝統は日本人に傘を安価な日用品という意識を根付かせ、やがてビニール傘という独自の発展を見せる事となります。日本における傘は独特な文化を持ち、ヨーロッパとは明らかに異なる価値観を持つものと思えてしまいます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。