FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3031回 か細き君に(2)



 インターネットで節約料理のレシピを探すと、その多くにもやしが使われていたりします。安価な食材の代名詞的存在という事を感じる事ができ、天候不順で野菜が高騰しても安定的な安値で入手する事ができるとてもありがたい存在ともいえます。

 養鶏技術の進歩や安価な輸入飼料の確保などによって、総合的な物価は上昇しているにも関わらす販売価格がそれほど上昇していない卵が物価の優等生といういい方をされる事がありますが、もやしはそれを上回る存在となっていて、現在のもやしの平均的な販売価格は40年前の価格を下回っています。

 栽培方法に大きな技術革新があったという訳でもなく、人件費や原材料となる緑豆の価格も上昇しています。それでももやしの販売価格が上昇していない理由は、過剰な価格競争があるといわれます。

 季節を問わず年間を通して安定して生産され、天候の影響も受けないもやしは安売りの目玉商品とされる事も多く、もやしを安く売る事でスーパー自体の安売り店としてのイメージ作りができる事から、仕入れ価格よりも安価に販売される事ももやしの廉売を助長しています。

 緑豆のほとんどは中国から輸入されていますが、10年前と比べても価格は3倍にも上昇しているとされ、もやしの生産では利益が出にくい状況となっているいいます。

 そんな状況下、緑豆の産地での天候不順による不作や価格高騰、品質の低下からくる発芽不良といった歩留まりの悪さが生産者を直撃し、このままでは生産者数は半減するとも危惧されています。

 このままではもやしが身近な存在ではなくなるというのも遠い日の事ではないと心配になりながら、もやしの生産者を応援するためにもやしを購入すると不当に廉売されている現状を肯定しているようであり、買わない事はもやしの流通自体をダメにしてしまうようで、どうしたものかと悩んでしまいます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。