第3034回 紙の魚



 以前、住んでいたマンションで、とても素早く動き回る銀色の小さな虫を発見した事がありました。部屋の電気を点けると明るいのが苦手なのか、そそくさといなくなってしまいます。何か害を及ぼす虫という感じもしなかったので放置していたのですが、やがて形は同じなのですが銀色ではなく黒い虫を見掛けるようになり、あまり光から逃げるという様子もなくなった事から、黒くなった事で光を克服したのかと短時間で進化してしまったような不気味さを感じた事がありました。

 ある時、ティッシュペーパーを使って捕まえてみた事があるのですが、ティッシュペーパーには黒い鱗粉のようなものが残され、光を遮るためのもののようで、光を苦手としなくなった事は確かなように思えます。

 何の虫なのか気になって調べてみると、その独特の存在感から「紙魚(しみ)」と呼ばれる虫である事が判ります。迷惑害虫に入れられているらしく、部屋に紙魚が出た事で絶望感に苛まれたという話まできかされると、部屋にいるという事があまり愉快な事ではないと感じられてきます。

 紙魚は通常の虫のように卵から孵化すると幼虫として過ごし、やがて蛹になって成虫となるという成長の段階を経ず、孵化すると小さい成虫の姿で生まれてきて、その後、脱皮を繰り返しながら大きくなっていき、一生脱皮をし続けます。

 小さな姿からは考えられないほどの長寿で、8年ほどは生きるとされ、甲虫の中では長生きする存在となっています。屋内では紙や乾物、布などの表面を舐め取るように食べるとされ、よく書物に細長いトンネル状の穴をあけて紙魚の仕業といわれますが、紙魚は表面を削るだけで書物に穴を開けてしまうのはシバンムシの仕業となっています。

 マンションの天井は木目調とはなっていたのですが、紙製のクロスを貼っただけのもので、クロスが貼られた板には隙間があるらしく、その継ぎ目の部分に穴が開いているのを発見すると、部屋で紙魚を見掛ける頻度が高まり、やがて天井の穴が広がっていきました。

 紙魚が繁殖して天井のクロスを食べている事が確実になってきたので、さすがに大家さんに報告すると業者を呼んで駆除してくれ、それ以降、紙魚を見掛ける事はなくなってしまいました。

 天井のクロスも新しいものに張り替えてもらえたので、それほど紙魚に困らされたという感じもなく、見掛けて絶望感という事には実感が沸かないのですが、紙魚の語源ともなった魚のように体をくねらせて逃げ去る姿を懐かしくも思える半面、もう見なくても良いかと思えてきます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR