第3037回 グラスプリント



 テクノロジーの進歩として非常に夢のある技術として、3Dプリンターという存在があると思っています。立体的にものをプリントアウトできるという事は、将来的に基本的な元素をトナーとして分子レベルでのプリントが可能になれば、食品をデータで購入してダウンロードし、有名シェフの料理を食卓でプリントアウトしてできたてを手に入れる事も可能になると考えられます。

 SF映画の中で、自販機のような機械に食べたい物を告げるとすぐに取り出し口から出てくるというものがあったのですが、それが現実になろうとしていて、食のあり方も大きく変わろうとしていると思えてきます。

 そんな3Dプリンターを使う技術の中で、ガラスのプリントアウトは非常に困難とされていました。自分でデザインしたガラスのオブジェを作ったり、割れたグラスをプリントアウトして補充したりといった事になれば便利だと思えるのですが、ガラスを成型する際に必要となる高温の処理がガラスのプリントを難しいものとしていました。

 これまでも幾度かはガラスのプリント技術が開発されていたのですが、高温の処理ができないために層ごとの結着が完全ではなく、透明感が低かったり、滑らかさに欠けるものとなっていました。

 今回開発されたプリント技術はドイツのカールスルーエ工科大学の研究チームによって開発されたもので、「ステレオリソグラフィ(光造形法)」と呼ばれる技術を使う事で、これまでガラスのプリントを難しくしていた問題を回避しています。

 研究チームは微細な粉末にしたガラスと液体ポリマーの混合物を使って3Dプリンターで成型を行い、層ごとに紫外線レーザーを照射する事で急速に硬化させて造形し、できあがったオブジェを高温の窯に入れる事でガラスを溶かして一体化させ、不要なポリマーを焼失させる事で層の痕跡が残らない透明なガラス製品を完成させています。

 プリントアウトした後、高温の窯に入れるという工程が家庭向きではないようにも思えますが、似たような手法で銀の粘度を使ってアクセサリーを作り、高温になる容器に入れて電子レンジで加熱して仕上げるという事は今日でも行われており、それほど現実的ではないようにも思えてきます。

 今後、技術が発展すれば窓ガラスや鏡にも使えるような滑らかで高精度なガラスも作れるようになるとされ、やがてはガラスが割れる音はプリンターの電源を入れる合図になるのではとも思えてきます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR