第3041回 洋食の真実



 食と健康を語る上で必ずといっても良いほど出てくるキーワードに、第二次世界大戦後の高度成長期以降に顕著となった「食の欧米化」があります。従来の魚食を中心とした食生活から肉を多く摂る食生活へと変化した事が、生活習慣病をはじめとする健康不安を助長したと考えられています。

 欧米化した食というと主食のパン、肉類の主菜と付け合わせのサラダ、汁物としてのスープというメニューが思い浮かび、カロリーや脂質の摂取量が多くなってしまう事が健康に悪影響を及ぼすと思えてきます。しかし、意外にもそうした洋食を中心にした食生活でも、健康にはそれほど悪影響しないという研究結果が存在しています。

 和食というと世界遺産にも登録されているほど健康的な食として捉えられていて、その反対の存在として洋食があります。根菜類の煮物をおかずに主食のご飯、味噌汁といった取り合わせの和食に対し、肉類のおかずにパンの主食、スープといった洋食があるのですが、長期にわたる大規模な調査を行うと和食、洋食どちらも食べ続けていてもそれほど健康には有意な差はみられないといいます。

 和食は脂質の摂取量が少なく、カロリーが低めで食物繊維を多く摂る事ができるのですが、タンパク質の摂取量が少なめになっています。それに対し洋食は脂質が多めでカロリーも高くなってしまうといわれすが、タンパク質を充分に摂る事ができ、意識して肉類を脂質の少ないものにする事でカロリーも抑える事ができ、サラダなどで食物繊維やビタミン類を摂る事もできます。

 また、一緒にコーヒーを飲む事も健康に寄与しているともいわれ、最近、多くの健康効果が確認されてきているコーヒーも味方している事が、洋食を食べ続けても健康に悪影響しないという結果を支えています。

 最近では脂肪酸の働きも知られるようになり、脂肪を摂る事自体も悪い事ではない事が判ってきていて、洋食の最大の欠点のようにいわれてきた脂肪分が多いという事もそれほど悪いとはいえないように思えます。

 諸悪の根源のようにいわれてきた食の欧米化がそれほど悪いものではないという事が判ると、食への安心感が増すと同時に現在の生活習慣病の蔓延という状況の原因という新たな犯人捜しをしてしまいます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR