FC2ブログ

第3056回 サラダの危険



 野菜好きという事もあり、いろんな種類のドレッシングを用意していて結構な頻度でサラダを食べているのですが、そんな大好きなサラダについてあまりよろしくない情報があります。

 よくいわれるところでは、サラダは思っているよりもカロリーが高いという事。そしてドレッシングによっては塩分が多いものがある事や、食品添加物が多いという事があるのですが、ヘルシーという思い込みが食べ過ぎを誘発するともいわれます。

 以前、アメリカで行われた研究では、学生を対象にクッキーと満腹感に関する実験が行われ、片方のグループには事前に「タンパク質と繊維質、ビタミン類が豊富に含まれた健康的なクッキー」である事を伝え、もう片方のグループには「砂糖と脂肪分、糖質がたっぷりの不健康なクッキー」であると伝えてクッキーを食べてもらい、45分後の空腹感に関する聞き取り調査を行っています。

 その結果、クッキーを健康的だと思い込んで食べた学生の方がより空腹感を強く感じており、健康に良い物を食べたという思い込みが空腹感を助長した、もしくは満腹感を抑制した事が窺えます。

 また、別の研究では学生たちを3つのグループに分けてポップコーンを食べてもらい、それぞれ事前にポップコーンが健康的な食べ物である事、栄養価に富んだ食べ物である事、ジャンクフードであり不健康な食べ物であるといった三通りの説明を聞かせています。

 大好きなポップコーンを好きなだけ食べられるのですが、最も多くのポップコーンを食べたのは健康的と思っているグループで、食べた量は不健康と思っているグループの2倍の量になったといいます。

 そうした結果から判る事は、脳が健康的な物を食べているという安心感から食べ過ぎてしまう傾向があるという事で、サラダはその最たるものなのかもしれません。でも、あえて反論するならば生の野菜は嵩が多く、食べているつもりもそれほどには食べていないという事。食物繊維が多く、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる事などを思ってしまうのですが、食べ過ぎてしまう習慣が定着してしまうのは良くない事と、改めて思ってしまいます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR