第3065回 正しい除去方法



 あまり賛成したくはない事ですが、戦争はテクノロジーを進化させる起爆剤となるという意見があります。実際、戦争によって誕生したり、高度に進化を遂げた事例は多く存在し、日常を支える存在となっているものもあります。

 そうした戦争の中で生まれ、進化してきたものの中で、日常の生活に何の役にも立っていないものの一つに「地雷」というものがあると思います。安価で殺傷力の強い地雷は、世界中の紛争地帯で利用され、紛争終了後も現地に大きな災いを残し続けています。

 地雷がもたらす被害としては、人や車両、家畜などが除去されずに残っていた地雷に触れて被害に遭うという直接的被害に併せ、その地に地雷が敷設されている事でその土地の経済的価値が下がってしまうといった間接的な被害も存在するとされます。

 地雷と縁のない日本ではあまり知られていない事ですが、地雷はそんな二つの被害とは別に、埋設され続ける事でその土地を汚染してしまう土壌汚染という被害ももたらしてしまうとされます。爆薬として使われているTNT火薬から化学物質が漏れ出してしまい、土壌に浸透してしまうためですが、最近の研究によって「地雷は除去するよりも爆発させた方が環境に優しい」という意外な結果が報告されていました。

 スコットランドのダンディー大学とジェームズハットン大学、オーストラリアのチェムセンターとカーティン大学の研究者からなるチームが地雷を爆発させずに除去した場合と、爆発させた場合の土壌に残されているTNT量の違いを分析したところ、予想に反して爆発させた方が少ないという結果が得られています。

 理由としては、爆発によって周囲の土壌が動かされてしまい、土の中に隙間が作られる事で土壌の多孔性が向上し、微生物や菌類による有害物質の自然な分解が促進されるためとされ、研究者の一人、ニック・デイド博士によると「爆発のお陰で汚染を除去してくれるバクテリアが土壌に浸透しやすくなる事が原因」と説明されています。

 TNT火薬から漏れ出した有毒な化学物質というとどこか怖ろしげな感じがしてしまいますが、自然の力はそれさえも分解してしまうという事に大自然の偉大さを感じつつ、そうであるのならばドローンなどを使って上空から電磁波を照射し、地雷原を一気に片付けてしまえばと少々乱暴な事まで考えてしまいます。

 以前耳にした情報では、3ドル(USドル)の地雷一つを処理するのに200ドルから1000ドルの費用が必要になるといわれ、紛争が片付いて戦闘が行われなくなったばかりの地域では経済的に費用の捻出が難しいともいわれます。

 危険を冒しながら一つひとつ手作業で探して除去するよりも、遠隔操作で爆破した方が環境にも優しいとなると、地雷の除去がさらに進んでくれないかと願ってしまいます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR