FC2ブログ

第3066回 はしか対策



 記憶が定かではないためはっきりとは判らないのですが、新三種混合ワクチンの対象となる「はしか」、「おたふく風邪」、「風疹」には縁がなく、感染する事なく過ごせています。ワクチンが効いているのかとも思えるのですが、ワクチンを接種した記憶もない事から、無防備でありながら運よく無事に過ごせているのかもしれません。

 三種のウィルスはそれぞれ強力な感染力を持ち、飛沫感染、空気感染、接触感染と多彩な感染経路で体内に入り込んでくる事や、ワクチンによって免疫を獲得しても10年ほどで失われてしまい、ブースター効果と呼ばれる追加免疫の効果も得られない事から、子供の頃にワクチンを接種したとしても現在では感染の可能性がある事が考えられます。

 そんな三種のウィルスの中で、はしかの原因となる麻疹ウィルスが人に感染する際、細胞に侵入する役割を担う「Fタンパク質」と呼ばれる特殊なタンパク質の構造が解明され、根本的な治療に繋がる抗ウィルス薬の開発に繋がるとして期待されていました。

 研究に当たったのは九州大学大学院医学研究院の橋口隆生准教授をはじめとする研究チームで、麻疹ウィルスは表面にあるFタンパク質が細胞同士を結合させて人の細胞に侵入する事が知られていますが、研究チームはFタンパク質の構造を原子一つひとつまで映像化する事で構造の解明を行っています。

 また、細胞膜の融合を抑える働きのある2種の阻害剤を加えると、Fタンパク質の特定の部位に結合して感染が抑えられるメカニズムを解明し、Fタンパク質の標的とするべき部位を特定して阻害剤の改良による治療薬の開発へと繋げています。

 橋口准教授はFタンパク質の構造情報を一般に公開しており、その研究者も自由に使えるようにする事で確実により良い薬を開発できる環境を整えていて、今後、九州大学に限らず新たな治療薬が開発される可能性が高まってきています。

 はしかというと子供が罹る病気という感じがして、高い熱と発疹をイメージしてしまうのですが、大人でも感染する事があり、感染の数年後に亜急性硬化性全脳炎を発症すると死に至る事があります。2016年の統計では全世界で推定約9万人が感染によって亡くなっており、その怖さが伝わってきます。いち早い治療薬の登場を望んでしまいます。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR