第3072回 長き者の毒



 世界最大の生き物といわれるとシロナガスクジラの巨大な姿が思い浮かんできて、陸上でといわれるとアフリカゾウの巨体を思ってしまいます。しかし、地球上には彼らを遥かに超えるスケールの生き物が存在していて、世界最大の生き物は東京ドーム684個分にもなるキノコだと聞かされた事があります。

 そのキノコの名は「オニナラタケ」で、その大きさは8.9平方キロメートルに及ぶとされます。そうはいっても大空を覆い尽くすほど巨大なキノコの傘が開いていた訳ではなく、菌糸の状態で広範囲に張り巡らされ、すべて同じDNAを持っていた事から単体の生物とみなされて世界最大の称号を得ています。

 同じような存在としては、カナダの湿地帯に棲む粘菌があり、森や枯葉の下に棲息する微生物を吸収しながら形や大きさを変えながら成長し、その大きさは数キロに及んでいるとされますが、残念な事に具体的な大きさは計測できない事から世界最大をキノコと争うには至っていません。

 目に見える動物で最大となると、やはりシロナガスクジラが思い浮かんでくるのですが、全長だけならシロナガスクジラの33.58メートルを遥かに凌ぐ55メートル超とされるヒモムシがいます。しかも幅は5~10ミリ程度なので、かなり長い印象を持ってしまいます。

 それだけ細長いと外敵に狙われる可能性が非常に高まってしまうのではとも思えてくるのですが、ヒモムシは天敵から逃れるために体に毒を持つ事で攻撃を回避しています。その際に使用される毒は、フグの毒として知られたテトロドトキシンとされ、青酸カリの850倍という強力な毒性は、かなりの破壊力とも思えてしまいます。

 ヒモムシが持つテトロドトキシンはフグと同じく自ら作り出したものではなく、捕食によって蓄積、濃縮されるという生体濃縮によるもので、ヒモムシ自体はテトロドトキシンに耐性を持つ事から、危険な毒を使いながら安全に自らを守っているという事ができます。

 最近になってヒモムシの毒はテトロドトキシンだけではない事が解明され、研究が進められています。ヒモムシの一種であるブルーレースワームから発見された新たな毒は、構造的に安定したシスチン構造を持つペプチドとされ、神経伝達の機能を掌るナトリウムイオンチャンネルを破壊し、運動機能を麻痺させる作用を持つ事が判っています。

 新たな毒は神経伝達のためのナトリウムイオンチャンネルのブレーキの部分を破壊し、連続的な電気信号を全身に送らせ続ける事で麻痺させ、やがては死に至るとされます。興味深い事にこの毒はヒモムシの外敵となるカニなどの甲殻類や昆虫といった節足動物にしか利かず、哺乳類にはほとんど作用しないとされます。

 研究が進み、量産化されると効果と安全性が高い殺虫剤の登場となりそうな気がするのですが、夏場に我家を悩ませる牛小屋からのハエは、殺虫剤を噴射すると薬剤が到達する前の空気の動きでその場を逃れてしまう事から、殺虫剤の構造そのものが変わらない限り我家の問題解決には結び付かないとも思えてしまいます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR