FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3075回 究極のエコ



 家庭でもできるエコ活動が意識されるようになって久しく、さまざまなエコに繋がる事が実践されています。ちょっとした工夫や節約が大きなエコに繋がる事もあるのですが、意外な事が意識されておらず、最も効果的な方法が見落とされているともいわれます。

 少々極端にも思えますが、家庭でもできて、大きな効果を上げるエコ活動、それは肉類と乳製品の消費をやめる事だといわれます。現在、肉類と乳製品は人が摂取するカロリーの約18%を占めるとされますが、それらを生産するために農地の83%が使われ、温室効果ガスである二酸化炭素の排出量の60%の原因となっているとされ、その影響の大きさを覗わせます。

 オックスフォード大学とスイスの研究機関による共同研究チームが世界の4万にも及ぶ農場を対象にデータベース化を行い、水の使用量や温室効果ガスの排出に関する調査を行い、環境への負荷が大きな食品についての割り出しを行っています。

 世界119カ国に及び世界で消費される食料の90%をカバーできるというデータベースから割り出された食料の生産工程で、最も環境負荷が大きな食品は肉類と乳製品である事が判明し、牛肉100gを生産するために排出される温室効果ガスの量は豆腐100gを生産する際の25倍にも及ぶ事が判っています。

 さまざまな食品を100g生産するために排出される温室効果ガスの量は牛肉の50kgを筆頭にチーズ11kg、鶏肉5.7kgとなっており、同じタンパク源としても豆腐では2kgとなっています。

 試算によると世界中の人が肉類と乳製品の使用を完全にやめてしまえば、世界の75%の農場が不要となり米国、中国、EU、オーストラリアを合わせた面積の土地を自然環境に戻す事ができるとされます。人と陸上の哺乳動物の86%を占めているともいわれ、地球の生態系に大きな負担を掛けているともいわれます。

 研究チームによると「環境を守る上で最も効果的な手段は、完全ねベジタリアンになる事だ」と述べていて、温室効果ガスを排出しない電気自動車を購入したり、日常生活で使用するエネルギー消費を抑える努力をするよりも遥かに効果的であるとしています。

 全人類の完全ベジタリアン化や肉類、乳製品の全面禁止という事は現実的とは思えませんが、少しずつ消費量を減らすだけでも巨大な効果を生む事が考えられるといいます。廃棄食料の問題とも絡めて考えると、より効果の大きな環境保護の手法となるのかもと思えてきます。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。