FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3076回 大気油田



 地球が誕生した頃の大気は主に窒素、水蒸気、二酸化炭素と火山から噴出した硫黄酸化物によって構成されていたと考えられています。その中でも特に二酸化炭素が多く、今よりも遥かに高濃度であったとされ、動物の生存には適さない状況であったと推定されています。

 そうした高濃度の二酸化炭素の大気の中、光合成を行う事のできる植物プランクトンのような生物が海中に誕生し、盛んに光合成を行って二酸化炭素を分解して酸素を放出する事で大気の成分の中に酸素が存在するようになり、動物プランクトンの誕生素地を作り出していきます。

 植物プランクトンは光合成によって太陽光と水からエネルギーを作り出し、動物プランうトンはそれを捕食する事で生命を繋ぐという営みが続けられ、プランクトンたちは一生を終えると海中深くへと沈んでいき、堆積して地層を形成しながら長い時間を掛けて加熱・加圧を受けて変性して石油などへと変化していきました。

 今日、私たちは石油の恩恵を受けて日常生活が成り立っていますが、化石燃料とも呼ばれる石油を燃焼する事で発生する二酸化炭素は、当時の植物プランクトンが光合成によって固定化したものであり、現代に放出すると大気中の二酸化炭素量を増やしてしまう事となり、地球温暖化を進めてしまうとされています。

 木を育て、それを薪として使用して発生する二酸化炭素は、木が生長する際に光合成によって固定化したものである事から、大気中の二酸化炭素を増やさないゼロエミッションといわれる状態となります。それに対し化石燃料の使用は太古の昔の二酸化炭素を現代に放出する状態になるため、地球温暖化を促進するとして特に化石燃料の使用が顕著になった産業革命以降の気候上昇に関わっているとされます。

 時を超えた二酸化炭素の放出を止めるためにも化石燃料の使用を抑えたいと思えてくるのですが、現代社会において化石燃料の使用をただちにやめるという事は非常に難しいという事は容易に想像できてしまいます。そんな中、とても気になる技術が開発されていました。

 カナダの企業、カーボンエンジニアリングが開発したシステムでは、大気をフィルタリングする事で二酸化炭素を回収して純度の高い炭素を抽出し、水素と反応させる事で炭化水素を作り出す事が可能となっています。

 炭化水素は化石燃料の主成分となっており、システムの稼動によって大気中の二酸化炭素から燃料を作り出す事ができ、そうして得られた燃料を燃焼しても発生する二酸化炭素はゼロエミッションであり、地球温暖化を促進する事なく使用する事ができます。

 システムによる二酸化炭素の回収能力は森林よりも遥かに大きいとされ、温暖化抑制のために植林を行うよりも効果的とされます。植林は樹木が育つまでの時間や、地質や気候などによって向き不向きがあるのに対し、システムの設置は場所を選ばず、昼夜も選ばないというメリットも持っています。

 二酸化炭素の排出抑制のために電気自動車へのシフトがいわれていますが、大気という油田から採られた燃料を使用して走るエンジン車という選択も近い未来には登場するのかと思えてきます。2040年にはガソリン車の販売を禁止する事を決めた国も見られていますが、再考の余地があるのかもしれないという気がしてきます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。