FC2ブログ

第3079回 炒パン?



 かつてヨーロッパでは村の共同の窯を使って、まとめてパンを焼くという事が行われていました。数日分を焼いておく事から初日は良いのですが、日、一日とパンは乾燥して硬くなってしまい、そのままでは食べられない食感へと変化してしまいます。

 湿度が高い日本と違い乾燥したヨーロッパでは、パンはカビる事なく乾燥する事で保存する事ができていました。そのため、乾燥して硬くなったパンを少しでも美味しく食べるための工夫が根付いていて、多くのレシピが伝えられています。そんな中にあって、さすがに存在しないだろうと思っていたパンの炒め物が「ミガス」で、時間が経って硬くなったパンを炒めるという炒飯ならぬ炒パンともいえる料理となっています。

 ミガスとはスペイン語で「パン屑」を意味する言葉で、硬くなってしまったパンを削り、にんにくやオリーブ油などの家庭に常備している素材で作る事ができる伝統的な家庭料理とされます。スペインでは国民的な人気料理となっていても観光客の目に触れる機会が少なく、世界的にはあまり知られていない存在ともいわれます。

 ミガスは別名、「羊飼いのパン屑」と呼ばれる事もあり、羊飼いとの深い関りを感じさせてくれます。スペインではメリノ種の羊が多く飼育されていて、羊毛の輸出は重要な産業ともなっていました。羊を育てる羊飼いは羊たちを北から南へと季節に合わせ、荒涼とした土地を相棒の犬と一緒に移動させていました。

 そんな羊飼いがいつも持ち歩いていたのが小さなフライパンと豚の腸詰め、にんにく、そして村のパンと呼ばれるずっしりとした重量のある素朴なパンでした。それらの素材を使い、好んで調理していたのがミガスであったとされます。

 硬くなったパンをナイフで削り、水でふやかして腸詰めや野菜と炒めて調理するのですが、炒飯と同じくパラっと仕上げるのが大切とされ、そのためにミガスの調理には何より忍耐が重要とされます。何度も根気強くかき混ぜてパラパラになるまで炒め続けるのですが、中途半端な炒め加減で止めてしまうと不味くなるといわれるため、生半可な気持ちでは作るべきではないともいわれます。

 そのために最近では、家庭で作られる機会が減ってきたとされます。それでも食べたい人はレストランへ行くそうで、地方によっては毎週木曜日はミガスの日と決められている土地もあるとされ、ミガスが伝統に根付いた料理である事が窺えます。

 現地ではスペインを代表する料理といえばパエリアよりもミガスという意見もあるとされ、隠れた国民食といわれると大いに興味をそそられてしまいます。年配の方では子供の頃、母親の手伝いでひたすら硬くなったパンを削っていたという思い出を持つという人も多いとされ、古くなったパンの再利用レシピを超えた温かなものを感じられるそんな料理という事が感じられます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR