FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3082回 時を巡る旅(1)



 小学三年生の春、H・G・ウェルズの小説、「タイムトラベル」と出会って衝撃を受けました。時を超える旅というのが斬新で、その先にある世界観に驚かされたのですが、年を取って俗人化が進んだ今、時を超えられたら大航海時代のヨーロッパへ行ってコショウの販売を行って大儲けをしたり、本能寺の変を知らせるために織田信長の下へ向かったりという事を考えてしまいます。

 タイムトラベルに関してはとても難しいパラドックスが残されており、私が過去に戻って私の両親を殺害すると私の存在は消えてしまい、両親を殺害する私はいなくなり、殺されなかった両親は私を生み、育てる事となってしまいます。その私が成長して両親を殺害しに行くと、私が生まれないという無限ループの「親殺しのパラドックス」に陥ってしまうのですが、このパラドックスの存在によってタイムトラベルは不可能なもののように考えられています。

 パラドックスの解決にはいくつかの仮説が存在し、過去は変えられないとする「首尾一貫の原則」では、過去へとタイムトラベルした私の両親殺害計画は絶対に成功しないとされます。似たようなものとしては、過去の事象は未来の結果を盛り込み済みという考え方もあり、殺害計画を逃れるうちに両親に愛情が芽生え、乗り切った末に二人は結婚して私が生まれる事になるという考え方もあります。

 「並行宇宙」と呼ばれる仮説では、時はいくつにも分岐していて、私が両親を殺害しに行かないタイムラインに殺害に成功するタイムライン、失敗するタイムラインと、多くの可能性に合わせた分岐が起こって複数の並行した世界が存在し、タイムトラベルで行けるのはその中の一つの世界とされます。

 量子力学の理論では、確率がゼロではないすべての無作為な量子事象はそれぞれ異なる世界で実際に起きており、歴史となるタイムラインは常にさまざまな世界に分岐しているとされ、過去に遡るタイムトラベルが可能だとしたら、旅行者が遡った先は出発点とは異なる歴史の枝の一つと主張されています。

 並行宇宙という考え方はパラドックスを解決する近道のように思えますが、遡って戻った先は別の世界で、そこから戻る現代も分岐した幾つかの世界の一つとなると、時間旅行ではなく異世界旅行のように思えてきて、本当にその旅を時間旅行と呼んで良いものかと思えてきます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。