FC2ブログ

第3083回 時を巡る旅(2)



 タイムトラベルについて回る難しい問題、「親殺しのパラドックス」は無視したとして、時を超えるという事は技術的に可能なのだろうかと根本的な部分が疑問になってしまいます。時とは一つの方向へと向けて進み続ける流れで、決して止まる事も遡る事もない圧倒的な流れと思えるからです。

 相対性理論を記したアインシュタインは、3次元は時間と繋がり、時間が4次元として機能していると考えました。そうした考えを元にアインシュタインは時空連続体という構造を考え出し、今日の宇宙のモデルとされています。

 アインシュタインは時空連続体は折り曲げる事が可能で、遠く離れた2つの地点に近道を作る事ができると考えていました。ワームホールと呼ばれるこの現象は、時空連続体の2か所に開口部があるトンネルとして描かれていて、宇宙には実在する可能性が考えられており、電波望遠鏡を使った観測が行われています。

 どこか遠い存在のように思えるワームホールですが、最も近いものは地球から数光年先にある可能性があるとされます。将来的にはワームホールを作り出せるようになるとも考えられていますが、その方法については今のところ見当も付いていないとされます。

 いずれ近くて行く事ができる距離にあるワームホール発見される、もしくは人為的にワームホールを発生させる事が実現できる日がくる。そう思えるのですが、そうなったとして難しい問題がそこにある事に気付いてしまいます。ワームホールの入り口はブラックホールと呼ばれる超重力が存在する場所で、中に入ったものを圧し潰し、引き裂いてしまいます。

 ワームホールまで速やかに移動する速度を持ち、ブラックホールにも潰されない堅牢さを兼ね備える屈強な宇宙船の開発が不可欠となるのですが、仮に開発に成功したとしても更に大変な問題が残されています。ワームホールを抜けた時空を超える旅、その先が定かではないという問題です。

 タイムマシンを使った時間旅行は、どの時代のどの場所へと指定してから旅が始まります。自然に存在するワームホールは入り口は判っても、繋がっている先は判っておらず、行った先が希望していた世界なのか、そこから元の世界へと戻れるのかは不明となっていて、今日の旅行会社が扱うようなツアーとしては成り立たないと思えてきます。

 時を超えて謎となったままの歴史的な事件の真相を知りたいとは思いますが、その後、坊ちゃんが待つ我家へ帰る事ができないのならば、今のまま、どこへも行かなくて良いと思えてきて、それがタイムトラベルの妨げとなっているのかもとも考えてしまいます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR