FC2ブログ

第3086回 危険な香



 以前、坊ちゃんに一緒にドライブに行く事を好きになってもらおうと、近所のスーパーへの買出しに付き合ってもらった事がありました。車の中では少しでもストレスとならないように自由に動き回れるようにしていたのですが、普段から外出する事がなく、怖がりの坊ちゃんには車で出掛ける事自体がストレスとなってしまいました。

 その際、坊ちゃんの体からは、普段とは違った香がしていて、同じような事は、幼少期、カーテンをボロボロにしてしまって叱られた際にも見られた事から、猫はストレスを感じると特有の臭いを発するのだと思っていました。しかし、同じ事は人間にもありえる事が最近の研究で解明されています。

 1999年、大手化粧品メーカーによって年齢を重ねる事によって生じる「加齢臭」の原因を特定して以降、2013年には中年の男性に見られるという「ミドル脂臭」、2018年には10~20代の女性に特有の甘い香り「SWEET臭」などが特定されています。

 今回の発見は大手化粧品メーカーで長年行われているパフューマーや臭気判定士による体臭に関する研究の中で、緊張状態にある人からは、いつも硫黄化合物のような特徴的な臭いがすると臭気判定士が気付いた事がきっかけとなり、ストレスを与えた人から発散される皮膚ガスを採取して分析した事によって成分を特定。「STチオジメタン」と名付けられています。

 ストレス臭は硫黄化合物であるため、特有の臭いがしますが、人によっては不快に感じるものではないとされ、年齢や性別には関係なく、体のさまざまな部位から発散されます。ストレスが強いほど臭いも強くなる傾向があるとされ、緊張によって心拍数が高くなった人ほど臭いは強く出るとされます。

 ストレス臭の影響は臭いだけに留まらず、心理学で用いられる検査を行ったところ、臭いを嗅いだ後では「疲労」と「混乱」に関する指標が高くなっている事が観察され、ストレス臭を発している人だけでなく、周りにいる人たちも疲労や混乱に陥ってしまう可能性がある事が示唆されています。

 現在、ストレス臭に対応する技術の研究が進められているそうですが、高ストレス社会といわれる現代。気付かないうちに漂ってきたストレス臭を嗅いでしまい、思わぬ疲労感や混乱を感じてしまうという事は日常的に起こっている事なのかもしれません。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR