FC2ブログ

第3088回 一石二鳥の可能性



 副作用というと医薬品の使用に伴って生じる好ましくない身体反応と思えてきますが、厳密にはそうした好ましくない作用は「薬物有害反応」と呼ばれ、本来の副作用は医薬品の使用に伴う本来の目的に沿わない反応の全てを指します。副作用の中には本来の目的とは異なりますが、結果的に好ましい作用を発生するものがあり、副作用の方が中心的な効能として取り扱われる事もあります。

 有名なところではバイアグラやミノキシジルなどが知られ、臨床試験の最中に意図した効能は充分に得られない代わりに思わぬ副作用が確認されて、その後、副作用の方が中心的な役割の薬剤として使われるようになっています。最近、開発された皮膚炎の治療薬にも思わぬ効果がある可能性が確認され、万人にも同様にその副作用が得られるのであれば、新たな治療薬として使う事も考えられます。

 その薬剤の名前は「デュピルマブ」。アトピー性皮膚炎によって起こる酷い皮膚の炎症を緩和する薬剤として開発されました。そのデュピルマブに思わぬ発毛促進効果が見られたといいます。発毛はデュピルマブの投与を開始してから見られ、投薬を中止するとせっかく発毛した頭髪が抜け始めた事から、デュピルマブの副作用である事が覗えます。

 発毛促進の薬剤というとミノキシジルやフィナステリドなどが思い浮かびますが、デュピルマブはそうした薄毛に対して効果を上げるのではなく、自己免疫疾患によって引き起こされる「全頭性脱毛症」の治療に効果があると考えられています。

 アトピー性皮膚炎の患者は自己免疫疾患になりやすく、過剰に反応した免疫が自分自身の正常な細胞や組織を誤って攻撃してしまう事が起こります。頭髪の元となる毛包は過剰反応した免疫の攻撃を受けやすいとされ、毛包が損傷されると頭髪を失い、全頭性脱毛症を引き起こしてしまいます。

 全頭性脱毛症を患ったアトピー性皮膚炎の患者の中に、皮膚の炎症治療としてデュピルマブを投与されているうちに発毛が見られた事が報告され、治療の状況からデュピルマブの副作用によって発毛が促進された可能性が高くなってきています。

 今のところ発毛に繋がった詳細なメカニズムは不明となっていますが、いずれ詳細な研究が行われ、他の患者にも有効に作用する事が確認されれば、皮膚の炎症を抑えながら自己免疫疾患の脱毛を治療するという、文字通り一石二鳥の治療薬となる可能性があります。

 副作用とは思わぬ効果として現れるものですが、デュピルマブの副作用は多くの患者を救うこととなると期待を大きく持ってしまいます。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR