FC2ブログ

第3105回 考察、フライドポテト



 アメリカのレストランでいただいた格子状にカットされたフライドポテトの美味しさが忘れられず、自分でも作ってみようと思って調べてみると、格子状にジャガイモをカットするには「ワッフルスライサー」が必要という事が判り、その後、探しているのですが良さそうなものに出会えず、未だに我家のフライドポテトはくし型のままです。

 それでも格子状に切ったフライドポテトを出してくれるレストランを見付けていたのですが、久々に行ってみるといつの間にか普通の直線的な形に変わってしまっていて、「この店に来れば食べられる」と信じていただけに、かなりがっかりしてしまったという事がありました。

 某大手ハンバーガーチェーンでサイドメニューとして人気のフライドポテトですが、揚げたての香りに思わず食欲を刺激されたという経験を持つ人も多いと思います。香ばしく揚がった美味しさを再現しようと同じような切り方をして試してみるのですが、今一つ違うものを感じてしまい、業務用フライヤーでなければあのようには揚がらないのかと考えてしまいます。

 以前、ハンバーガーチェーンのフライドポテトの原材料が公表され、味の違いは揚げ方の違いではなく、原材料そのものにある事が判るという事がありました。切り分けたジャガイモを油で揚げ、塩で味付けするだけといういたってシンプルなはずのフライドポテトには17種類の素材が使われ、その内容には体に悪いとされるものも含まれていて、情報は瞬く間にインターネットを経由して拡まっていました。

 消泡剤や色の調整剤、保存料、遺伝子組み換えされた油などあまり口にしたくないものが並んでいて、頻繁に食べるべきものではないと思えてきます。そうした添加物が含まれていないにしてもフライドポテトはあまり健康に良くないイメージがあり、実際、油で揚げたジャガイモを週に2回以上食べる人と、油で揚げない別の調理法で料理されたジャガイモを食べていた人では、死亡リスクに明らかな違いがあるという研究結果も存在します。

 揚げ物であるためにカロリーが高い事が不健康な理由のようにいわれてきましたが、カロリーと肥満の関係が疑問視されるようになってもジャガイモには糖質が多い事が問題視され、デンプン爆弾とまで呼ばれてしまう事があります。

 高いカロリーや豊富な糖質が肥満に繋がり、健康リスクを高めているだけでなく、ジャガイモに豊富に含まれているアミノ酸、アスパラギン酸が100度を超える高温で熱される事で発ガン物質のアクリルアミドに変化してしまう事もリスクに繋がるともいわれます。

 揚げ油にも問題があるとされ、含まれているトランス脂肪酸が健康に悪影響を与えるとも考えられています。その反面、油に含まれている抗酸化作用のある成分が素材に移るとされ、油で揚げたジャガイモやカボチャ、ナスなどは炒めたり、茹でたりしたものよりも多くの抗酸化物質を含むとされます。

 油自体も脂溶性ビタミンの吸収を助けるとされ、必ずしも健康に対してマイナスに働くものではない事が判ります。メリットとデメリット、さまざまな要因を考えてみるのですが、揚げたてのフライドポテトには抗しがたい魅力があり、目の前にして食べないというストレスも体に悪いといい訳けしながら、思わず食べてしまっています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR