FC2ブログ

第3107回 鏡への反応



 まるでドレスを着ているような長くて優雅なヒレと、全身を覆う青い色がとても綺麗で思わず熱帯魚のベタを飼ってしまった事があります。ベタは縄張り意識がとても強く、同じ水槽に二匹を入れてしまうと片方が死ぬまで闘うともいわれ、仕方なく一匹だけをキッチンに設置した水槽に入れて飼っていました。

 夜になると水槽に入れてあげたマグカップの中で寝ていたのですが、私がキッチンに入る気配を感じるとフワフワとカップから出てきてこちら側へとやってくるので、水槽のガラス越しに撫でてあげていた事が思い出されます。

 ベタを飼育する際、水槽の近くに鏡を置いてしまうと、鏡に写った自分の姿を縄張りを荒らしに来た外敵と思い、攻撃してしまう事があるので注意が必要と聞かされていたのですが、そんな事はなさそうな研究結果が公表されていました。

 大阪市立大の幸田正典教授を中心とした研究チームが行った実験によると、太平洋やインド洋に広く棲息する体調10cm程度のベラ科のホンソメワケベラを放した水槽に鏡を設置すると、最初の2、3日は鏡に写った自分の姿に噛み付くなどの威嚇行動をしていましたが、数日経つと鏡の前で踊るような行動を初め、鏡に写っているのが自分の姿である事を確かめている行動が観察されています。

 同様の行動は象やチンパンジーでも見られていて、自分の行動と鏡の姿が完全に連動している事を確認し、写っている姿が自分のものである事の確証を得ているとされます。鏡の中に自分に気付くと、ホンソメワケベラは鏡を覗き込む仕草が増えたとされ、自分を客観的に見詰める習慣が生まれた事を示しています。

 ホンソメワケベラは大きな魚に付いた寄生虫を取り除くという、「海の掃除屋」という役割を持っています。研究チームがホンソメワケベラの喉の部分に寄生虫に似た茶色い印を付けると、鏡を見たホンソメワケベラは水底の砂や石に喉をこすり付ける行動を繰り返し、寄生虫を取り除こうとする行動を採っています。鏡がない場合は、寄生虫に似せた印に気付く事がなく、こすり付ける行動はしなかった事から、完全に自分の姿と理解している事が伺えます。

 幸田教授は、鏡像が自分である事を認識していなければ一連の行動は起こさないと説明し、人間や類人猿より下等と考えられてきた生き物の賢さについて、根本的に考えを改める必要があると話しています。

 我家では鏡やガラスに写る姿を利用して、隠れた位置から私の事を観察している坊ちゃんの姿を何度も見ています。最近になって動物の賢さが再認識される事が増えてきていますが、多くの動物が人と変わらない賢さを持っているのでは、そう思えてしまいます。


 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR