FC2ブログ

第3108回 飲み水の在処



 勝手な思い込みなのですが、海に住む生き物は体に染み込んでくる水分のお陰で、普段から飲料水を必要としないと思っていました。常に海中に身を置いているクジラやイルカが真水を飲むという話を聞いた事がないし、真水を得るために海の生き物が陸に上がったり、川を遡るという事はありえないと思えます。

 海で暮らす一部の生物には「塩類腺」と呼ばれる体内の余分な塩分を排出する器官が備わっていて、それによって飲み込んだ海水から水分を吸収、塩分を排出していると考えられていますが、ウミヘビなどのようにその割には塩類腺が小さく、とても日常的に海水を飲み込んで必要な水分を得ているとは思えないものも存在しています。

 最近の研究で判った事なのですが、南米で雨季が始まった直後に捕獲したウミヘビに真水を与えると飲んでくれるのですが、雨季がしばらく続いた後に捕獲したウミヘビに真水を与えてもほとんど飲んでくれないという事が観察され、雨季が始まった頃のウミヘビは脱水状態(喉が渇いた状態)にあり、雨季途中のウミヘビは脱水状態にない事が判ります。

 この事はウミヘビは水分を海水から得ていたのではなく、雨水に依存していた事を示していて、雨水を真水として飲む事で渇きを癒していた事を示しています。海に降り注いだ雨水は、すぐに海水に溶け込んでしまうような感じがするのですが、実際には比重の違いから交じり合うまでに時間が掛かり、その間にウミヘビは海の表面の水を飲み、混じり込んだ僅かな塩分を塩類腺から排出していた事になります。

 ウミヘビよりも遥かに体が大きい水棲哺乳類のイルカやクジラの場合は、海水の表面の雨水という訳にはいかず、オキアミや小魚などのエサを通して水分を得ているとされます。魚類に含まれる水分は75%ともいわれ、エサの中から発達した腸を使って水分を吸収する事で必要な水分を得ているとされます。

 また、イルカやクジラは体脂肪が多く、脂肪を分解する際に発生する水分も体内で利用しているともいわれ、優れたシステムが海中での生活を可能にしていると思えてきます。

 昔、見た映画で、遭難してゴムボートで漂流しているグループの中で、渇きに耐えかねて海水を飲んでしまい、意識障害を起こして錯乱しながら死んでいく人の姿が描かれていて、それ以降、何があっても海水は飲料水として飲んではいけないと思ってきたのですが、遭難当初の元気なうちは少量の海水を飲んでも大丈夫である事を知りました。

 飲む量が多かったり、繰り返していると腎臓に負担が掛かり、健康を害してしまう事になるのですが、体が対応できる少量であれば問題ないとされます。海は苦手な事もあり船旅をするという事はなさそうなので、まず遭難するという事は考えにくいのですが、もし遭難してしまったらウミヘビやイルカ、クジラの事を思い出してしまうかもしれません。


 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR