FC2ブログ

第2520回 重宝する白い粉(2)



 片栗粉と同量の水といわれると、典型的な水溶き片栗粉の作り方と思えてきます。通常、料理の場合は片栗粉と水の嵩を同じにして溶くのですが、重量を同じにすると少々濃いめの水溶き片栗粉になり、その液体は水溶き片栗粉ではなく「ダイラタント流体」と呼ばれる物となります。

 どこの家庭にでもありそうな片栗粉と水が急に仰々しい名前となってしまいますが、ダイラタント流体には特殊な性質があり、意外な利用法が可能な素材ともなっています。

 ダイラタント流体は液体と固体の粉末粒子の混合物なのですが、外側から圧力が加わると急に抵抗を生じ、一瞬にして固まってしまったような状態になります。液体の中で一定の隙間を持っていた粒子が圧迫される事で隙間を失い、抵抗を生じてしまう現象で、急な力で固まる反面、力を与え続けないと元の液体に戻ってしまいます。

 そんな性質を利用して作られているのが「ウーブレック」と呼ばれる素材で、片栗粉と水を同量で混合して防弾チョッキに使用されています。普段は濃いめの水溶き片栗粉なので、充填されたバッグ固さをを感じる事はないのですが、銃弾が当たるという急な力に対し、瞬時に固くなる事で着用者を守ってくれます。

 ダイラタント流体の性質はハイテク素材にも応用されていて、片栗粉よりも堅牢なセラミックの粒子が溶け込んだ液体をケブラー素材の上に塗り付け、通常は柔らかい布でありながら銃弾を受けると、銃弾が変形してしまうほどの堅牢さを発揮して、銃弾を弾いた後はまた柔らかい布に戻るという「リキッドアーマー」と呼ばれる防具も登場しています。

 SFのヒーローのような話で、どこか遠い未来の世界の事のような印象を受けますが、基本となっているのは水溶き片栗粉であり、子供の頃から握ると雪原を歩くような音がする物として親しんできた物と考えると、片栗粉を見る目が少しだけ変わってしまいます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR