FC2ブログ

第2674回 蕎麦の粋(3)



 天ぷらやから揚げなどの揚げ物を作る際、決まって細切りにしたジャガイモを揚げてフライドポテトも一緒に作るようにしています。ジャガイモが好きで、中でもフライドポテトが大好きという事もあるのですが、ジャガイモを揚げる事で油の状態が良くなるというおまじないのような意味もあります。

 フライドポテトの本場というと、ハンバーガーとセットになっているイメージが強い事からアメリカが思い浮かんでしまうのですが、アメリカにフライドポテトが普及した歴史は意外と浅く、第一次世界大戦以後の事といわれます。

 第一次世界大戦当時、ヨーロッパに派遣されたアメリカ兵がベルギーでフライドポテトをご馳走になり、その美味しさに魅了されて本国へ帰還後、再現したのが始まりといわれベルギー人がフランス語を話していた事からフランス人と勘違いしてしまい、それがアメリカでフライドポテトの事を「フレンチポテト」「フレンチフライ」と呼ぶようになった由縁ともいわれます。

 ヨーロッパでジャガイモが本格的に食べられるようになるのはフランス革命の際、パンが不足してしまったために革命政府が家畜の飼料として使われていたジャガイモを配給したのがきっかけとされ、同じフランス語圏のベルギーでもその頃から食べられるようになったと考えられます。

 今日ではフライドポテトの最大の本場となっているベルギーでのフライドポテトの誕生は、漁村で小さな川魚を獲って油で揚げて食べていたところ、川が凍ったために魚が獲れなくなり、代わりに秋に収穫していたジャガイモを揚げて食べるようになったという事が始まりといわれ、今では主食のように食べられています。

 食べ方としてはマヨネーズにハリッサと呼ばれる唐辛子やにんにくなどで作られる辛いペッパーソース、レモン汁などを混ぜたソースを付けて食べる事が一般的となっていて、ピリ辛のソースは「サムライソース」と呼ばれています。

 何故サムライなのかは不明となっていますが、遠く離れたサムライの国でフライドポテトとそばが出会っているというのは不思議な縁を感じます。フライドポテトを盛り付けたポテトそばは、若年層をターゲットとして阪急電鉄の駅そばが提供を開始したところ、話題性の大きさと美味しさから一気に普及が進んでいます。

 今では注文を受けてからそばを打ち始めるという店は少なく、そばが出されるまでの間を酒を飲んで待つ「蕎麦前」の習慣もなくなってしまいましたが、粋な江戸っ子であればフライドポテトと相性の良いビールを傾けたのではと想像してしまいます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR