FC2ブログ

第3077回 事業展開



 昔の自動車レースの画像を見ると、レースカーの車体には大きくタバコの銘柄のロゴが記載され、それが一つのデザインとなっていて、一般の車両との大きな違いのようにも見えていました。やがてロゴは形を残しながら文字では銘柄名を表記しないものに変わり、ヨーロッパを中心にはじまったタバコの広告規制の存在を感じさせてくれます。

 今ではレースを支える企業は通信会社やIT企業、エナジードリンクのメーカーなどに替わり、タバコメーカーの潤沢な収益がレースに注ぎ込まれるという事は過去のものとなったような感じがして、喫煙者の減少や喫煙可能な場所の減少、さまざまな規制などタバコメーカーには逆風が吹き荒れる時代が続いているようにも思えてきます。

 そんなタバコメーカーに、新たな事業展開の可能性を感じさせるような研究結果が発表されていました。タバコがインフルエンザのワクチン作りに利用でき、タバコを使う事でこれまでよりも早く安価にワクチンの製造が可能になるといいます。

 これまでワクチンは鶏の有精卵を使って作られてきました。卵の胚にウィルスを感染させ、卵の中に溜まる液体の中から抽出する事でワクチンは製造されています。うまく卵の中でウィルスを増殖させたとしても、成人男性一人分のワクチンを製造するには1、2個の卵が必要とされ、インフルエンザが流行する時期に向けたワクチン製造では、膨大な量の卵が消費されている事になります。

 また、卵を使ったワクチン製造では時間が掛かってしまう事から、その間にウィルスが変異してしまい、正しく製造されていたにも関わらず有効に作用しないという事も見られていました。タバコを使ったワクチン製造では卵に比べて安価なだけでなく、製造自体も早くできる事からウィルスの変異が起こる前に製造を終えられる事も可能とされます。

 卵の中でワクチンを作る際は、不活性化されたウィルスが用いられてきましたが、新たな製造手法では「VLP(ウィルス様粒子)」と呼ばれるインフルエンザウィルスの構造を持ちながら完全な遺伝子情報を持たない粒子を使う事で、ウィルスが変異しても感染した細胞を発見、排除できるような免疫細胞を作る事も可能とされ、より効果の高いワクチンを作る事ができるようになります。

 そうしたワクチンの製造を可能にするバイオリアクターを数年に渡って探し続けた結果、「ベンサミアナタバコ」に辿り着いたそうで、タンパク質を高速で生成する能力を持ち合わせている事から、卵を使った従来の手法では半年ほどの期間を掛けて作られていたワクチン製造が6週間にまで短縮できています。

 タバコを使ったワクチン製造の特許はカナダのバイオテクノロジー企業、メディカゴ社が保有していて、すでにメディカゴ社の株の40%はタバコ界の巨人、フィリップモリス社が所有しています。一見、斜陽に直面したように感じられたタバコメーカーですが、まだまだ世界経済の中心部に君臨し続けるのかもしれません。


 

第3076回 大気油田



 地球が誕生した頃の大気は主に窒素、水蒸気、二酸化炭素と火山から噴出した硫黄酸化物によって構成されていたと考えられています。その中でも特に二酸化炭素が多く、今よりも遥かに高濃度であったとされ、動物の生存には適さない状況であったと推定されています。

 そうした高濃度の二酸化炭素の大気の中、光合成を行う事のできる植物プランクトンのような生物が海中に誕生し、盛んに光合成を行って二酸化炭素を分解して酸素を放出する事で大気の成分の中に酸素が存在するようになり、動物プランクトンの誕生素地を作り出していきます。

 植物プランクトンは光合成によって太陽光と水からエネルギーを作り出し、動物プランうトンはそれを捕食する事で生命を繋ぐという営みが続けられ、プランクトンたちは一生を終えると海中深くへと沈んでいき、堆積して地層を形成しながら長い時間を掛けて加熱・加圧を受けて変性して石油などへと変化していきました。

 今日、私たちは石油の恩恵を受けて日常生活が成り立っていますが、化石燃料とも呼ばれる石油を燃焼する事で発生する二酸化炭素は、当時の植物プランクトンが光合成によって固定化したものであり、現代に放出すると大気中の二酸化炭素量を増やしてしまう事となり、地球温暖化を進めてしまうとされています。

 木を育て、それを薪として使用して発生する二酸化炭素は、木が生長する際に光合成によって固定化したものである事から、大気中の二酸化炭素を増やさないゼロエミッションといわれる状態となります。それに対し化石燃料の使用は太古の昔の二酸化炭素を現代に放出する状態になるため、地球温暖化を促進するとして特に化石燃料の使用が顕著になった産業革命以降の気候上昇に関わっているとされます。

 時を超えた二酸化炭素の放出を止めるためにも化石燃料の使用を抑えたいと思えてくるのですが、現代社会において化石燃料の使用をただちにやめるという事は非常に難しいという事は容易に想像できてしまいます。そんな中、とても気になる技術が開発されていました。

 カナダの企業、カーボンエンジニアリングが開発したシステムでは、大気をフィルタリングする事で二酸化炭素を回収して純度の高い炭素を抽出し、水素と反応させる事で炭化水素を作り出す事が可能となっています。

 炭化水素は化石燃料の主成分となっており、システムの稼動によって大気中の二酸化炭素から燃料を作り出す事ができ、そうして得られた燃料を燃焼しても発生する二酸化炭素はゼロエミッションであり、地球温暖化を促進する事なく使用する事ができます。

 システムによる二酸化炭素の回収能力は森林よりも遥かに大きいとされ、温暖化抑制のために植林を行うよりも効果的とされます。植林は樹木が育つまでの時間や、地質や気候などによって向き不向きがあるのに対し、システムの設置は場所を選ばず、昼夜も選ばないというメリットも持っています。

 二酸化炭素の排出抑制のために電気自動車へのシフトがいわれていますが、大気という油田から採られた燃料を使用して走るエンジン車という選択も近い未来には登場するのかと思えてきます。2040年にはガソリン車の販売を禁止する事を決めた国も見られていますが、再考の余地があるのかもしれないという気がしてきます。


 

第3075回 究極のエコ



 家庭でもできるエコ活動が意識されるようになって久しく、さまざまなエコに繋がる事が実践されています。ちょっとした工夫や節約が大きなエコに繋がる事もあるのですが、意外な事が意識されておらず、最も効果的な方法が見落とされているともいわれます。

 少々極端にも思えますが、家庭でもできて、大きな効果を上げるエコ活動、それは肉類と乳製品の消費をやめる事だといわれます。現在、肉類と乳製品は人が摂取するカロリーの約18%を占めるとされますが、それらを生産するために農地の83%が使われ、温室効果ガスである二酸化炭素の排出量の60%の原因となっているとされ、その影響の大きさを覗わせます。

 オックスフォード大学とスイスの研究機関による共同研究チームが世界の4万にも及ぶ農場を対象にデータベース化を行い、水の使用量や温室効果ガスの排出に関する調査を行い、環境への負荷が大きな食品についての割り出しを行っています。

 世界119カ国に及び世界で消費される食料の90%をカバーできるというデータベースから割り出された食料の生産工程で、最も環境負荷が大きな食品は肉類と乳製品である事が判明し、牛肉100gを生産するために排出される温室効果ガスの量は豆腐100gを生産する際の25倍にも及ぶ事が判っています。

 さまざまな食品を100g生産するために排出される温室効果ガスの量は牛肉の50kgを筆頭にチーズ11kg、鶏肉5.7kgとなっており、同じタンパク源としても豆腐では2kgとなっています。

 試算によると世界中の人が肉類と乳製品の使用を完全にやめてしまえば、世界の75%の農場が不要となり米国、中国、EU、オーストラリアを合わせた面積の土地を自然環境に戻す事ができるとされます。人と陸上の哺乳動物の86%を占めているともいわれ、地球の生態系に大きな負担を掛けているともいわれます。

 研究チームによると「環境を守る上で最も効果的な手段は、完全ねベジタリアンになる事だ」と述べていて、温室効果ガスを排出しない電気自動車を購入したり、日常生活で使用するエネルギー消費を抑える努力をするよりも遥かに効果的であるとしています。

 全人類の完全ベジタリアン化や肉類、乳製品の全面禁止という事は現実的とは思えませんが、少しずつ消費量を減らすだけでも巨大な効果を生む事が考えられるといいます。廃棄食料の問題とも絡めて考えると、より効果の大きな環境保護の手法となるのかもと思えてきます。

 

第3074回 不便の代償



 勝手な思い込みで頭が良いといわれる人は、子供の頃からたくさん本を読んだ、もしくはたくさん勉強をした事の副作用としてメガネを掛けているというイメージがあります。早くから目を酷使してしまったために目を悪くしてしまったと思ってしまうのですが、実はそうではなく、良い頭に生まれた人にはメガネを掛けるという運命が伴っていたという事が最近の研究で判ってきています。

 イギリス、エジンバラ大学の研究プロジェクトによる一般的な認知機能や視力、寿命といった健康に関わるさまざまな要因と遺伝に関する研究によると、幾つかの遺伝子的要素の間に関連がある事が判り、一般的な認知機能に優れる事とメガネを掛けている事の間にも相関関係が認められ、認知機能が高い人はそうでない人と比べて28%も高い確率でメガネが必要となる遺伝子を持っているという結果が得られていました。

 研究プロジェクトではCHARGE(ゲノム疫学心臓・老化研究コホート)やCOGENT(認知ゲノミクスコンソーシアム)、イギリスのバイオバンクに登録されている16歳から102歳までの30万486人を対象に認知データと遺伝子データを統合する事で、一般的な認知機能と関連のある148の遺伝子を特定しています。

 それらの遺伝子は、身長や体重といった身体的特質や肺ガンやクローン病などの医学的特質、統合失調症や自閉症などの精神医学的特質と関連しているとされ、さらに一般的な認知機能と健康にまつわる52の特質との遺伝的相関を分析した結果、36の特質において認知機能との間に顕著な相関関係がある事が認められています。

 それによると認知機能に優れているほど近視になりやすく、遠視にはなりにくい。高い確率でメガネやコンタクトレンズを必要としており、握力が強く、高血圧や心臓発作、狭心症、肺ガン、変形性関節症、抑うつ障害にも罹りにくいとされています。

 同じような研究結果は過去にも発表されており、1988年にデンマークで行われた研究では1万5834人の18歳の男性を調査した結果、37.5%が近視で試験の成績が他の学生よりも大幅に良く、教育レベルも高い状態にある事や2015年には双生児初期発達の研究の中で、近視と知能指数との間に遺伝子的関連性がある事が発表されていました。

 メガネを必要とするという事は、普段の生活の中では何かと不便な事も多いとは思うのですが、頭が良く、高血圧や心臓発作、狭心症、肺ガン、変形性関節症、抑うつなどのリスクが低減されるとなれば、悪くない天からの贈り物のようにも思えてしまいます。

 

第3073回 絶滅の秘密



 子供の頃、恐竜図鑑を見る事がお気に入りとなっていて、それなりに恐竜の名前をいう事ができていたのですが、最近になって呼び名が変わっている恐竜がいたり、名前や全体的なフォルムは一緒でも見た目が変わってしまっているものがいたりして、戸惑ってしまう事があります。

 それでも恐竜が生きていた時代には尽きない興味を感じてしまったり、それまで大いに栄えていた恐竜があっという間に絶滅してしまったのか、ひょっとしたら今でも生き残りがいるのではといった事には、心躍るものを感じてしまいます。

 恐竜の絶滅に関してはずっと巨大な隕石が堕ちてきて、地球の環境が激変してしまった事が原因となったという説が有力視されてきました。時代や場所もほぼ特定されていて、約6600万年前にメキシコのユカタン半島付近に堕ちた隕石が原因とされ、今日でもユカタン半島にはチュクシュローブ・クレーターと呼ばれる直径180キロメートルにも及ぶ巨大な痕跡が残されています。

 それだけ巨大な痕跡が残されるほどの大きなな隕石がぶつかれば地球上には壊滅的な変化が訪れ、あらゆる生物の王者として君臨した恐竜でさえも絶滅してしまうはずと納得してしまうのですが、恐竜や翼竜、海棲爬虫類などは絶滅し、哺乳類や鳥類、爬虫類、魚類は生き残った事を考えると巨大隕石だけが原因ではないようにも思えてきます。

 1980年代の後半からいわれはじめ、最近になって存在感を増しつつある説の一つに、それまで無抵抗に食べられてきた植物たちの反抗ともいえる進化があったというものがあります。

 植物の進化に関しては未解明の部分が多く残されてはいますが、恐竜が栄えはじめていたジュラ紀頃には被子植物は出現していなかったと考えられ、被子植物の登場が当時の生態系に大きな変化をもたらし、恐竜から巨大隕石襲来を生き残る力を奪ったとされます。

 被子植物は風任せで生殖を行ってきた裸子植物に対し、昆虫と共生する事で花粉を運んでもらい、雌しべの中で受精するために受粉から受精までの時間が短く、環境に合わせた進化の速度が早くなるという優れた点が多く、急速に多様化していきます。

 進化の速度を早めた被子植物の仲間は、成長を効率化させるために葉を柔らかくして光合成の機能を高め、代謝の速度を高めたと考えられています。種子を運んでもらうために果実には栄養が蓄えられ、受粉をより良く行うために目立つ花と蜜が供えられるようになり、そうした変化はジュラ紀から白亜紀にかけての恐竜の進化に強い関係があるとされます。

 草食の恐竜は栄養価の高い被子植物を食べる事で繁栄し、草食恐竜の繁栄は肉食恐竜の繁栄にも恩恵を与えました。しかし、美味しく、栄養価に富んだ被子植物はある時を境に素直に食べられ続ける事を止め、自分たちを食べる動物に対し毒を持つ事で天敵を増やさない工夫をするようになりました。

 その直撃を受けたのが草食恐竜で、進化が遅い恐竜は新たに登場した毒に対応する事ができず、弱体化が進んでいたとされます。そこへ巨大隕石の襲来が起こり、恐竜は乗り切る力を失っていて絶滅への道をひた進む事になったといいます。

 巨大隕石だけでは説明できない部分を植物の毒素によって補った形になるのですが、植物の毒素を効能という形で利用している現代人の生活を思うと説得力があるように思えてきます。植物の中にはあくを抜かないと食べられないものがあります。経験的に蓄えられてきた知恵ですが、恐竜たちも知っていれば、ふとそんな事を考えてしまいます。


 
プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR