第3050回 雨の日の猫



 雨の日、坊ちゃんは睡眠時間が長くなり、どこか物憂げな感じがしてしまいます。好きな野鳥の観察ができないためか、それとも灰色の空に気分が沈んでしまうのかと考えてしまうのですが、坊ちゃんに限らず雨の日の猫は物憂げだといわれます。

 子供の頃、雨に濡れないように軒下で雨宿りをしていると、雨をものともせずに犬が濡れながら近付いてきて、横に来て体をブルブルと振るわせます。一瞬、「やめて!」と思いますが、瞬時に犬の体から弾き飛ばされた水滴で雨宿りしていた服が濡らされてしまいます。

 これまで幾度も坊ちゃんをお風呂に入れたのに、思い返してみると全身ずぶ濡れの坊ちゃんは犬のようなブルブルをしません。実はこのブルブルをしない事が雨の日の猫の物憂げな表情に繋がっているといわれます。

 犬も猫も二層になった毛を持っています。犬は固い毛と柔らかい毛の二層となっていて、外側の固い毛で雨を受け止めて内側の柔らかい毛が濡れないようにしています。固い毛で受け止めた雨をブルブルと体を震わせる振るわせる事で弾き飛ばし、皮膚が濡れて体温を奪われないようになっています。

 それに対し猫は二層の毛を持ってはいてもどちらも柔らかい毛で構成されていて、雨を受けると水分は両方の毛に伝わって皮膚に達してしまいます。体をブルブルと振るわせてもうまく水玉を飛ばす事ができず、皮膚を濡らした水分は体温を奪ってしまいます。

 猫の祖先となるリビアヤマネコが棲む砂漠は、昼間は乾いた高温の世界となっていますが夜は急激に気温が下がり、濡れた体では一気に体温を奪われてしまって低体温症となると命に関わる事になってしまいます。

 そんな事がDNAに刻み込まれているため、猫は雨の日はよく眠り、エネルギーをセーブしているのかもしれません。獲物が見つけにくくなり、濡れてしまうと命に関わる雨の日、リスクを冒すよりはエネルギーをセーブして雨が上がるのを待つ。「あーあ、今日は雨か。濡れるよりも空腹を我慢しなくちゃ」そんな祖先の嘆きが、現代の猫に物憂げな表情をさせてしまうのかもしれません。


 

第3049回 名サバイバリスト?



 普段はあまり見掛ける事がないため、その存在を意識する事はないのですが、ひとたび雨が降ると激しい鳴き声で庭に大量のカエルが棲み着いている事を感じます。

 不思議な事にカエルたちの活動が活発になるシーズンのはじめと、そろそろ肌寒さを感じるシーズンの終わりには、決まって一匹のカエルが目に留まる場所に座っていて、まるで庭を使う事の挨拶をしてくれているようでお気に入りの存在ともなっています。

 きれいな緑色で小さな姿は、如何にもか弱そうに見えて、厳しい自然の中でどのように生き抜いているのかと心配にすらなってしまうのですが、意外にもカエルはそのか弱いイメージとは正反対の非常にタフな生き物だといいます。

 6600万年前、地球に小惑星が衝突し、大量のチリが放出されて地球全体を覆って日光を遮り、暗くて寒い気候が10年に渡って続きました。追い打ちを掛けるように隕石の衝撃によって世界中の火山が噴火を起こし、有毒な火山ガスが大気中に放出されました。

 そうした環境の急激な変化がそれまで長きに渡って地球上を支配してきた恐竜を絶滅させ、過酷な状況を生き延びた哺乳類がその後の繁栄を享受したとされますが、その際、哺乳類と共に生き抜いてきたサバイバルの達人がカエルであったと最近の研究で判ってきています。

 カエルの歴史は2億年前にまで遡るとされ、爆発的に増えた時期があった事が明らかにされています。その時期は隕石の衝突が起こる3500万年前とされていますが、その当時は環境が非常に安定していた事から進化を促す要因が乏しく、変化が生じる事は不自然ともいわれていました。

 最近のミトコンドリアのDNAを使った研究で、細胞核のDNA情報を元に進化の過程を辿ったところ、カエルに爆発的な進化がもたらされたのは6600万年間という事が判り、隕石の衝突を生き延び、その後の繁栄を掴んだ事が窺えます。

 地球を覆ったチリが徐々に晴れて太陽光が射すようになると植物たちが勢い付き、地上を緑で覆いつくすようになると、それまで地表で生活していたカエルたちは生態を大きく変化させて木に登るようになり、そうしたライフスタイルの変化を果敢に採り入れてきた事がその後の繁栄に繋がったとされます。

 一見か弱そうで実は強か、そんな存在なのかもしれませんが、個別に見掛けるカエルはやはりか弱く、厳しい自然の中で生きていく事を心配してしまいます。


 

第3048回 約束の行方(3)



 ガンの研究に関しては門外漢の理論物理学者、デービーズ教授がガンと関わるきっかけとなったのは2007年、国立ガン研究所(NIC)の副所長だった生物学者のアナ・パーカー博士からの連絡によるもので、当時、NICは異分野の知見をガン研究に取り入れるという試みを行っていました。

 2009年以降、更にその動きは強化され、12の研究機関がNICからの助成を受けて化学や地質学、物理学といった異分野からのガン研究へのアプローチが進められ、その助成対象の中にデービーズ教授の「ASU物理科学・ガン生物学融合センター」も含まれていました。

 理論物理学者としてのデービーズ教授は「宇宙はどのように始まったのか」、「生命はどのように誕生したのか」といった宇宙の根源的なテーマを扱っていました。ガン研究に関しても同じアプローチが採られ、「ガンとは何なのか」、「何故ガンは存在するのか」といった事が研究テーマとされました。これまで多くの時間が費やされ、膨大な数の論文が発表されてきましたが、いまだにその問いは謎のままとなっています。

 デービーズ教授が最初に着目したのはガンが多細胞生物の間では一般的な病気だという事実で、多くの動物がガンとは無縁ではないという事は人が地上に登場する以前から存在していた可能性が高くなります。

 2014年にはドイツのキール大学のポッシュ博士によってヒドラの2種からガンが発見され、ガンは地球上に多細胞生物が誕生したときから存在していたか塗性が示唆されています。

 また、ガン細胞は酸素がない状態でも活動する事ができ、糖をエネルギーに変える際に乳酸を作り出します。乳酸は酸素がない環境下で代謝が行われる際に生成されるもので、そうした特徴からガンは10億~15億年前の地球上に極端に酸素が少ない時期に誕生したとも考えられます。

 ガンが細胞の退行現象だとすると、何がそのきっかけとなるのか。パソコンに不具合が生じた際、セーフモードが起動するようにDNAの複製にエラーが生じると細胞は単細胞生物化を始め、分裂のペースを速める事で絶え間ないストレスへの適応力を確保しているとされます。

 ガンが非常に古い起源を持つ防衛システムだとすると、今日行われている療法の多くは更にガンにストレスを与えるものであり、新たな防衛システムの発動を促してしまうという悪循環を生んでしまう事が治療の困難さの正体のようにも思えてしまいます。


 

第3047回 約束の行方(2)



 大人になる頃にはガンは怖い存在ではなくなり、普通に治療できる病気になっている。まるで未来の約束のように聞かされた言葉はいまだに実現されておらず、逆に経過した時間の分、実現する事の難しさだけを感じてしまいます。

 ガンを克服できない理由は多く存在していて、その一つを解明し、克服の糸口が掴めたように思えてもそこから先へと続く道が阻まれ、振り出しに戻されたような感じになってしまいます。

 そうした道のりの困難さは出発点の間違い、ガンとは何なのかという理解が完全ではない事にあるように思えます。そんなガンの正体について、意外な方向から理解を進める新説が発表されていました。

 ガンという存在の新たな解釈の提唱者はアリゾナ州立大学のポール・デービーズ教授で、教授はかねてより「お金を費やせば問題を解決できると思い込んでいる」と、多くの研究費がつぎ込まれながら知恵が足りていないためにガンは多くの謎に包まれた病気であり続けているとガン学会に対し批判的な立場を採っていました。

 もともとデービーズ教授はガン研究の専門家ではなく、理論物理学者として宇宙の謎に取り組んでいました。そのため当初は門外漢による奇説として一蹴されそうになりましたが、従来の考え方より優れたアプローチを見出したとして評価が高まってきています。

 デービーズ教授による仮説は、ガンとは複雑な生命体が登場する前の状態に進化のプロセスを逆戻りする現象ではないかというもので、ガン細胞は10億年前の地球に多く存在していた単細胞の生命体の状態への先祖返りだといいます。

 複雑な人間の細胞がバクテリアなどの単細胞生物のような原始的な形態に逆戻りするという考え方は一見するとかなり突飛なもので、多くの科学者は受け入れがたいものとして否定的な立場を採りましたが、徐々にデービーズ教授の仮説が正しいかもしれない事を示唆する登場してきています。

 デービーズ教授の仮説が正しいとなるとこれまでのガン研究の多くは根底から覆ってしまう可能性があり、多くの時間と努力が無駄になってしまう事にもなりかねません。しかし、正しいスタート地点が見付かれば、適切なルートを辿ってゴールに到達できる可能性が高まります。約束の成就への期待が高まってしまいます。


 

第3046回 約束の行方(1)



 子供の頃、誰との話の中の事だったのかは思い出せないのですが、「貴方が大人になる頃には、ガンは今のような怖い病気ではなくなって、盲腸のように普通に治せる病気になっていますよ」と聞かされた事が強く印象に残されています。

 どのような場面での発言だったのかも判らないのですが、今から思うと大切な方をガンで亡くされた直後の事だったのではと思われ、そうでなければ子供の私にそのような話はしないようにも思え、まるで何かの約束事のようにも聞こえていました。

 あれから随分とたくさんの時間が流れ、私は充分過ぎるほど大人になったのですが、ガンという病はいまだに普通に治せる病気とはなっていないばかりか、あの頃の私のような子供に私は同じような発言をする事ができないと思っています。

 それだけガンという病は克服する事が難しい病となっていて、研究が進んで光明が見えたようで打ち砕かれるという事の繰り返しが治療法の確立を阻み、多くの命を奪い続けている事に繋がっていると思えます。

 以前、ガンについてとても気になる事を聞かされた事があります。ガンを克服するために行われている研究で使われるガン細胞は、研究のために人工的に作り出されたガン細胞であり、自然に発生しているガン細胞とは異なるものであるという指摘があり、これまで積み重ねられてきた研究が根底から覆る可能性があるといいます。

 研究で使うガン細胞は遺伝子操作や薬剤の刺激などによって作り出される事から、本来であれば自然界に存在するものではなく、無理やり生み出されたものであるという不自然な生命力が研究の方向性を誤らせているとも考えられます。

 古来より「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」といわれますが、その敵を間違ってしまっていたらと思うと、道のりの遠さを改めて思ってしまいます。


 
プロフィール

kcolumnist

Author:kcolumnist
にんにく卵黄本舗の健康コラムです。
食と健康をキーワードに最新の医療情報から科学技術、食文化や献立まで毎日更新で幅広くお届けします。是非ご覧ください。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR